韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年5月28日12時00分 火曜日 アミューズ・ミュージカルシアター第2弾公演『シングルズ~29歳のクリスマス~』トークイベント レポ(2/2)

アミューズ・ミュージカルシアター第2弾公演『シングルズ~29歳のクリスマス~』初日公演後に、トークイベントが行われました。
本日のキャスト、ナナン役のウ・グムジ、スホン役のチャン・ジウ、ドンミ役のソ・ジョンファ、ジョンジュン役のチェ・ホスン、マルチマン(ジヘ役ほか)のチェ・ヒョンジ、マルチマン(チョン部長役ほか)のユン・ソンウォンの6名に加え、このミュージカルの基となったドラマ「29歳のクリスマス」に出演していた女優の松下由樹、「29歳のクリスマス」の原作者である鎌田敏夫が特別ゲストとして登壇。まずは、キャスト6名の日本語での自己紹介があり、松下由紀と鎌田敏夫が登場。 イベントトークつづきをお届けします。

第2弾公演『シングルズ~29歳のクリスマス~』トークイベント2

singurus5243.jpg
Q.司会者
「本作は、29歳という年齢がキーワードとなっていて、まさに、今のキャストのみなさんの年代なんですが、友情、恋愛、金銭観も織り込まれた大人のドラマである、この作品の魅力は?」
グムジ
「このお話は29歳から30歳への大人への成長過程の仕事や愛や友情が描かれているので、もうそれを経験した方も、これから経験される方も、みんなが通過したり経験するお話なので、たくさん観にきていただければと思います。」
ジウ
「この作品には、29歳から30歳という大人になっていく過程での色々な愛とか友情とか仕事が描かれていますが、その時をもう少し大人になって振り返ってみると他愛ないことだったりするかもしれません。でも、そういう積み重ねがあってこその人生なので、その時しかできないことを表現している、それがこの作品の深さだと思います。」
この作品のテーマでもある29才という観点から作品の魅力を語ってくれました。
司会者
Q.「ドンミ役とジョンジュン役演じた、ジョンファさんホスンさん。
非常にエネルギッシュに演じられていましたが、演じていて苦労した点や私の演技のここを見てほしいという点はありますか?」

ジョンファ
「(ナナンとドンミの)2人が本当に幼い時からずっと友達で、年齢的には大人になっても相変わらず子供みたいな関係が続いていて、2人で喧嘩したりいろんなことが起きながら、その成長過程をお見せするのが、この作品の魅力だと思います。」
ホスン
「難しいとか大変なことはなかったですが、ドンミ役のジョンファさんとは、劇中も、実際にも同い年なのでとても呼吸もあってやりやすかったので、とても楽しく作品に接することができたし、舞台も楽しくやっています。そういう同い年の2人の友情もあれば、愛もあるので、色んな姿を皆さんにお届けできる作品だと思います。」
singurus5245.jpg
司会者
Q.「ヒョンジさん、ソンウォンさんは、たくさんの役を一人で演じ分けて、非常にコミカルな演技が印象に残っているんですが、演じ分けの難しいところを教えて下さい。」

ヒョンジ

「ジヘという一つの役があって、それ以外にも例えば幼稚園児の役を演じたり、いろんな役をやるので、一つの舞台の中で、上から下まで、靴までも変えなくてはいけない早変わりも大変でしたし、いろいろな役を見せながらも、ジヘという役を忘れないでお見せしなくてはいけない部分が大変だったかもしれません。」
ソンウォン
「やはり、いろんな役をやるので、もちろん外見的に衣装を変えたりもありますが、気持ちを切り替えて役を演じ分けなくてはいけないので、その部分が大変でもあり、でもそれがあるから楽しく演じられました。」

司会者

Q.パンフレットの鎌田先生のインタビューにもありますが、(『29歳のクリスマス』が放送された)当時、男女雇用機会均等法や女性の仕事への取り組み、女性同士の友情や人生の選択というテーマが感じられたのですが、『29歳のクリスマスと』いう作品への思い、ミュージカルになったとことに対しての感想は?」

鎌田敏夫
「『29歳のクリスマス』のドラマを自分自身でノベライズで本にしたのですが、それが韓国語に翻訳されて、映画になって、映画がヒットしてミュージカルになったんです。本になった時、ソウルの一番大きな本屋で、女店員の方が、(作者は)女性だと思ってました、と言ってくれてすごく嬉しかったです。女性の友情の物語なので。これ女の人が書いたんだと思ってくれたのが一番光栄でした。」
と韓国でのエピソードをお話ししてくれました。
司会者
Q.「94年の作品ということで、ご自身でもだいぶ前のものだという感じはあると思うんですが、松下さんにとってのこの『29歳のクリスマス』という作品への思いは?
松下由樹
「私は当時26歳で『29歳のクリスマス』、そして28歳の役っていう微妙なあのポジションの彩の役をやらせてもらっていました。当時でもやはりあの女性たちの思いをドラマの中でみんなが見ることができて一喜一憂するという、とても共感を得たドラマの中に出させてもらったことをすごくありがたく思っています。また、今でも『29歳のクリスマス』 を見ていたとか、あの『29歳のクリスマス』で私はこうだったという言葉をよくいただいくのですが、今回『シングルズ』でリメイクされてミュージカルになるというのを聞いた時にはやっぱり見てみたいな、あのドラマがどうなるんだろう、とすごく期待して今日も見させてもらって、随所に『あっ』と思い起こさせるような、やっぱりミュージカルでもこういうラストになってるんだ、という風に感じられるくらい、みんなにとって『29歳のクリスマス』というのが、すごく影響のある作品なんだなっていうのを改めて感じさせてもらっています。」
司会者
Q.「最後に主演のグムジさんから日本のみなさんへのメッセージを。」
singurus5244.jpgグムジ
「日本で公演に参加するのは2回目ですが、初めて参加した時に、日本のお客さまからたくさんの愛をいただいたので、また日本で公演をしたいと思っていたのが今回こういう形で叶ってとてもうれしく思っています。
その皆様にお応えするためにも一生懸命素敵な舞台を皆様にお届けしたいと思いますので、みなさんたくさん劇場に足を運んでいただきたいと思います。ありがとうございます。」
日韓の『29歳のクリスマス』に関わった役者さんと監督の楽しいトークイベントとなりました。是非、ミュージカル版がどんなふうになっているか、見に行ってみてくださいね~。(完)
→ 【口コミ特集】シングルズを読む
『シングルズ~29歳のクリスマス~』
【ストーリー】
幸せな微笑を浮かべて目を覚ました29歳の誕生日の朝。ナナンはいつのまにか増えたシワと髪の毛の白髪を発見。そして3年間付き合った彼氏からの一方的な別れ宣告。おまけに職場での左遷まで。彼女の特別な日は人生最悪の誕生日になってしまう。そんな彼女の親友ドンミは、クールなワーキングウーマンで自由恋愛主義者、善良な男友人ジョンジュンは小悪魔女性にハマってしまっているサラリーマン。
徐々に新しい職場に適応し、ナナンはどこかで見たことあるずうずうしい男、スホンと出会い、ドンミとジョンジュンにもそれぞれ恋愛大事件が起こり始める。
それぞれの恋愛模様の中、彼らは自分の人生で何が大切なのかをみつけられるのだろう
日程:2013年5月24日(金)~6月16日(日)
上演時間:約110分(休憩なし)
演出:キム・ジェウ
作詞/台本:ソン・ジェジュン
作曲:チャン・ソヨン
《5/24(金)~6/2(日) 出演》
チェ・ヒョンジ(マルチマン)
ソ・ジョンファ(ドンミ)
ウ・グムジ(ナナン)
チャン・ジウ(スホン)
チェ・ホスン(ジョンジュン)
ユン・ソンウォン(マルチマン)
《6/3(月)~6/16(日) 出演》
イ・ジヨン(マルチマン)
イ・ウン(ドンミ)
ホン・ガンソン(ナナン)
オム・テヒョン(スホン)
チェ・ヒョンウック(ジョンジュン)
チュ・ヨンガク(マルチマン)
アミューズ・ミュージカルシアター概要
住所:〒106-0032 港区六本木5-11-12
席数:901席
公式サイト:http://amuse-musical-theatre.jp
お問い合わせ:
六本木ブルーシアター 03-5414-3255(3月31日まで)
アミューズ・ミュージカルシアター 03-5414-3255(4月1日から)

六本木で韓国ミュージカルを上演するアミューズ・ミュージカルシアター第2弾!「シングルズ~29歳のクリスマス~」 5月24日~
アミューズ・ミュージカルシアター第2弾公演『シングルズ~29歳のクリスマス~』トークイベント レポ(1/2)
アミューズ・ミュージカルシアター第2弾公演『シングルズ~29歳のクリスマス~』トークイベント レポ(2/2)
【口コミ特集】『シングルズ~29歳のクリスマス~』3回見に行ってきました!(感想レポ)
← トークイベントレポ 前頁
【関連記事】
六本木に韓国ミュージカルを上演するアミューズ・ミュージカルシアター ~こんなミュージカルがやってくる、Kミュージカルラインナップ一覧(1/2)
六本木に韓国ミュージカルを上演するアミューズ・ミュージカルシアター ~こんなミュージカルがやってくる、Kミュージカルラインナップ一覧(2/2)
六本木に韓国ミュージカルを上演するアミューズ・ミュージカルシアターが誕生、オープニング作品は、『カフェ・イン』!

人気記事 おすすめ記事