韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年1月28日13時51分 月曜日 【レポ】ジュノ(2PM)主演映画『薔薇とチューリップ』プレミアム上映イベント開催!バースデーサプライズに「生まれてよかった」(1/2)

5月3日(金)より公開されるジュノ(2PM)主演映画『薔薇とチューリップ』プレミアム上映イベントが1月21日(月)パシフィコ横浜 国立大ホールにて、昼夜2回公演で開催された。

『薔薇とチューリップ』は、「東京タラレバ娘」「海月姫」「雪花の虎」などで知られる大人気女性漫画家であり、かねてより熱心な2PMファンで知られる東村アキコ先生がジュノのために描き下ろした漫画を原作として映画化した作品。
主題歌もジュノ本人が書き下ろしており、ジュノの魅力が存分に詰まった作品と言える。

今回のプレミアム上映イベントでは、映画本編の初上映に加え、ジュノ本人が登壇してのトーク&ゲームが行われ、ファンとの楽しいひと時を過ごした。

この夜公演の模様をお届けします!

【レポ】ジュノ(2PM)主演映画『薔薇とチューリップ』プレミアム上映イベント at パシフィコ横浜 国立大ホール(1/2)

まずは『薔薇とチューリップ』の上映から。
この映画でジュノは世界的若手現代アーティスト・ネロと韓国人留学生・デウォンの2役を演じているが、クールで時にわがままなネロと、純朴でちょっと天然なデウォンという正反対の役柄を見事に演じ分けている。
特にデウォンのかわいいシーンでは会場から笑いも起こっていた。

上映後はMCの古家正亨が登場すると、早速ジュノを呼び込み、ステージ中央から紫のスーツ姿のジュノが登場。
「みなさん、来て下さって、本当にありがとうございます。2PMのジュノです。」と日本語で挨拶し、今の気分を聞かれると、「いいです。」とはにかんだ笑顔でひと言。
昼公演の衣装とは雰囲気を変えて登場したことから、「どちらが自分の好みか?」と聞かれたジュノは「今。今の方が僕のタイプです。」と茶目っ気たっぷりに答えた。

ここからは座ってじっくりと話を聞いて行くことに。
本日が『薔薇とチューリップ』初お目見えということで、「ファンの評価が気になるか?」という質問には、「評価されている感じもあるかと思いますが、とにかく緊張しています。」と言い、ライブとは全く違う緊張感で、「初めてみなさんに作品を観ていただく瞬間であり、初めてみなさんの感想を僕も感じる瞬間なので、すごく緊張してしまうんです。」と心境を明かした。

ここからは最初のコーナー。
昼公演では、“ジュノが選んだマイ フェイバリット シーン”だったが、夜公演では、“野口監督が選んだベストシーン”を観ながら話を聞いていくことに。
それぞれのシーンには野口監督から長いコメントも寄せられ、その思い入れの強さが伺えた。

ジュノの「どうぞ!」のフリでまずひとつ目のシーンへ。
温泉で転んで気を失っていたジュノが目を覚まし、自分の状況に驚き、慌てふためくシーンで、そのコミカルな演技に会場からも思わず笑いがこぼれる。
監督からのコメントで「セリフの間が良かった」と褒められたジュノは、「そんな風に観ていただけてありがたいですね。」と言いつつ、「デウォンの役柄を演じながら、経験しなくてもいいようなことや、これまで経験したことがないことを、たくさん経験できたような気がします。撮影をしながら自分も思わず笑いがこぼれてしまうこともよくありましたし、こんなシチュエーションってありうるのかな、と思うこともあったり、デウォンがとってもおバカに思えたり、またはとてもかわいいな、と思ったりしながら演じていたので、映画を撮影している間は、本当に楽な気持ちで演技をしていました。」と撮影時の気持ちも教えてくれた。

2つ目のシーンはデウォンとネロが一緒にお湯につかって話をするシーン。
洋服を着ていないので、演技力のみでどちらがデウォンでどちらがネロかを示さなくてはいけないため、高い演技力が求められるシーンということで、監督もその演技力をひしひしと感じたよう。
べた褒めの監督のコメントに「本当に素敵な言葉を贈ってくださいましたね。」と言いつつも、実はジュノが気になっていたのは、腰に巻いていたタオル(笑)。「不思議なことに、このシーンで演じ分けることについては、それほど大変には感じなかったんです。」というジュノは、裸のシーンということで、タオルがずれないか、ということに一番気を使っていたというコメントに会場も爆笑。

3つ目のシーンは、ミョンアを抱きしめるネロを少し離れたところからデウォンが見守っているシーン。
監督は「まるで2人を見守る天使のような表情のデウォンが感動的だった」とし、最後のデウォンの目線にも注目。ジュノ本人は無意識のうちにやっていたそうだが、この場でシーン再現もし、ファンを喜ばせた。

続いてのコーナーは、写真で振り返る“ここだけでしか聞けない撮影秘話&裏話ぶっちゃけトーク!”。
ひとつ目の写真は、クランクインの日に監督やスタッフと初めて挨拶をした時の写真。この日は俺様ぶりを発揮するキザなネロが最初に登場するシーンの撮影だったが、ジュノの気になっていたことは「胸の傷あとがはがれないか」ということだったそう(笑)。
デウォンとネロの演じ分けについて質問が及ぶと、それぞれデウォンはかわいくてちょっとおバカで純朴、ネロは気取り屋で自己中、といった表面的な特徴を踏まえて撮影に臨んだというジュノだったが、「撮影に入ってからは、しっくりと自分にフィットして演じることができた」とその天性の演技力を物語る発言。
しかしながら、ネロのサングラスを放り投げるシーンでは、「自分自身でもちょっとイラっとした」のだそう(笑)。

続いての写真は、ネロが学生の頃、チューリップを描いていたシーン。
「絵に自信があるか?」と聞かれると、何故だか笑い出す会場とジュノ(笑)だったが、「絵は僕が描きたいものを(描くことが)できる実力だと僕は思います。」と日本語で強調。
撮影中は実際はチューリップではない絵も描いていた、という裏話も聞かせてくれた。

そして話題はジュノが書き下ろしたという主題歌へ。
映画の雰囲気に合わせて作ったというこの曲は、「最大限、登場人物に感情移入できる曲にしたいな、と思いました。そして、この曲がエンディングで流れている時には、この音楽を通じて希望を届けられるような、この映画の世界観が届けられるようなそんな曲にしたいという願いを込めました。」というジュノの思いが詰まった曲。ファンからもリリースを求める拍手が起こっていた。

(つづく)→次頁

【映画『薔薇とチューリップ』】
華麗な世界的天才画家ネロ、優しさ溢れる留学生デウォン、あなたの恋のお相手は!?
<STORY>
個展開催のため来日した、世界的若手現代アーティスト・ネロ(ジュノ〈2PM〉)。彼は到着早々、自分の絵の盗作が置かれていると噂の旅館を密かに訪れ、そこで温泉客である韓国人留学生・デウォン(ジュノ〈2PM〉)と出会う。なんとネロとデウォンは瓜二つだった!互いに驚きを隠せない二人だが、ネロは“ある目的”のために、デウォンに自分と入れ替わるよう依頼する。旅館の跡取り娘・かおり(谷村美月)とふれ合う中で過去と向き合うネロと、時代の寵児になりすましながら未来を模索するデウォン。姿形はそっくり、けれど性格も立場も異なる二人……彼らが入れ替わりの日々の中で見つけた、“本当の自分”とは–!?
<STAFF>
●原作:東村アキコ「薔薇とチューリップ」(小学館)
●脚本:ねじめ彩木『僕は妹に恋をする』
●監督:野口照夫『たとえ世界が終わっても』「FF XIV 光のお父さん」
●製作:NBCユニバーサル・エンターテイメント
●配給:NBCユニバーサル・エンターテイメント
●配給協力:アーク・フィルムズ
<CAST>
●ネロ、デウォン(1人2役):ジュノ(2PM)
●かおり:谷村美月
●ミョンア:玄理
●仲居頭・悦子:ふせえり
●ジンイル:チャンソン(2PM)
<公開情報>
2019年5月3日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋、名古屋センチュリーシネマにて劇場公開!
上映時間:90分

「月刊!スピリッツ」(小学館)にて2019年春連載スタート!!

公式サイト:http://kandera.jp/sp/barachu/event/
ティザー予告:https://youtu.be/8soKIkQYxto

人気記事 おすすめ記事