韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2012年1月12日15時51分 木曜日 ゴールデンディスク大賞(アルバム部門)スーパージュニア3冠王、CNBLUE、BEAST、INFINITE2冠の栄光!

“ゴールデンディスク”授賞式がマレーシアのクアラルンプールの夜を華やかに飾った。
SUPER JUNIOR·BEAST·CNBLUE·KARA·INFINITE·4MinuteなどK-POPの代表格たちが総出動した中で15日午後、マレーシアのクアラルンプールセパンサーキットで”サムスンギャラクシー第27回ゴールデンディスク授賞式インクアラルンプール(The 27th Golden Disk Awards In Kuala Lumpur)”ファーストデイ(アルバム部門の授賞式)が行われた。
1万5000人余りの観客たちは3時間の間繰り広げられたK-POPの饗宴に熱い声援を吐き出してクアラルンプールの夜を盛り上げた。

この日の授賞式で、スーパージュニアは正規6集「Sexy、Free&Single」で48万枚のアルバム販売量を誇り、レコード大賞の栄光を抱いた。2009年「Sorry, Sorry」、2012年「Mr Simple」に続き三回目のゴールデンディスクアルバム大賞受賞となった。

キム·ゴンモ·チョ·ソンモ·少女時代に続き、27年のゴールデンの歴史で最多大賞受賞者に名を刻んだ。

スーパージュニアは「皆さんの愛のおかげで、私たちがこの場に立っている。一番最初にファンの皆さん、私たちを育ててくれたマネージャーとイ・スマン先生、キム・ヨンミン代表に感謝している」と受賞所感を明らかにした。「軍服務中でここに来られなかったイトゥク兄さんと光栄を分かち合いたい」と語った。 アルバム販売量を基準に開かれた初日授賞式でスーパージュニアはレコード大賞と本賞は、MSNサウスイーストアジア賞など3冠王の主人公になった。

グループBEAST「Midnight Sun」でJTBCベストアーティスト賞とアルバム本賞など2冠王に上がった。同じ所属事務所の4Minuteも「Volume Up」でアルバム本賞を受賞した。
BEAST チャン・ヒョンスン、4minuteのヒョナが構成した”トラブルメーカー”は、ベストダンスパフォーマンス賞まで獲得した。

FNCエンターテイメント所属歌手たちの成績も良かった。
CNBLUEが「EAR FUN」でアルバム本賞とマレーシア最高の人気スター賞を受賞。FTISLANDも「GROWN UP」でアルバム本賞、またJUNIELは「illa illa」で新人賞を受賞した。
ハン·ソンホ代表は、制作者賞を受けた。

ガールグループKARAも昨年に続き、またゴールデンディスク舞台に立った。PANDORA」でアルバム本賞を受賞し、マレーシア現地での人気を基にマレーシア最高人気賞を受賞した。

INFINITEはアルバム「INFINITIZE」でアルバム本賞を息のあった群舞でベストグループパフォーマンス賞を受賞。

SHINeeは「Sherlock」でアルバム本賞と韓国ファンの熱い声援による人気賞を占めた。

昨年新人賞を受けたB1A4はアルバム「The B1A4 」で本賞に受賞した。

一生一度受ける新人賞の栄光はEXO(「MAMA」)とJUNIEL(「illa illa」)に輝いた。

CNBLUEチョン·ヨンファとKARAのニコルがMCを引き受けたこの日の授賞式は、K-POPの最高レベルを示す大きな舞台で大きな拍手を受けた。
韓国最高の歌謡授賞式ゴールデンディスクの名声をアジアファンたちに強烈に刻印された舞台だった。国内最高の伝統と権威を誇るゴールデンディスク賞世界的なK-POPのブームに乗って、昨年、日本の大阪に続き、今年も海外で開催された。マレーシアをはじめ、シンガポール·インドネシアなどから集まったファンたちはなかなか一堂に集まりにくいK-POPのトップスターたちのレベルの高い公演に熱狂してゴールデンディスクの熱い夜を一緒に楽しんだ。

アルバム販売量を基準にするゴールデンファーストデー(15日)の授賞式に続き、16日午後開かゴールデンセカンドデーでは、音源販売量をもとに授賞式が行われる。16日の授賞式には、G-DRAGON·、SISTAR、T-ARA、Secret、f(x)、miss Aなどがなどが出演して派手な舞台を繰り広げる。

“サムスンギャラクシー第27回ゴールデンディスク授賞式クアラルンプール”はJTBCと韓国日刊スポーツが共同主催して、三星(サムスン)電子が協賛する。MSNが公式オンラインメディアパートナーとして、初日授賞式はJTBCを通じて19日(土)夜11時録画放送される。また、リアルエンターテイメントチャンネルQTVでも”アルバム部門”、 “デジタル音源部門”に分けて20日(日)と21日(月)夕方6時20分からの放送する。(中央日報)

ゴールデンディスクアルバム部門受賞者(1/15)

[アルバム大賞]  SUPER JUNIOR『Sexy, Free & Single』
[アルバム本賞]
INFINITE『追撃者(The Chaser)』
B1A4『おやすみ good night』
FTISLAND『ものすごく』
4Minute『Volume Up』
CNBLUE『Hey You』
BEAST『美しい夜さ』
KARA『PANDORA』
SUPER JUNIOR『Sexy, Free & Single』
SHINee『Sherlock』
[新人賞]  EXO、JUNIEL
[最高人気賞] CNBLUE、KARA
[ベストダンスパフォーマンス賞] トラブルメーカー
[ベストグループパフォーマンス賞]  INFINITE
[ネクストジェネレーション賞]  BTOB
[JTBCベストアーティスト賞]  BEAST
[MSNサウスイーストアジア賞] SUPER JUNIOR
[制作者賞] FNCエンターテイメント ハン・ソンホ代表

今日16日は、音源販売量をもとに”デジタル音源部門”大賞ですね。
アルバム部門とデジタル音源部門に分かれての大賞は、ゴールデンディスクの特徴ですね。
スーパージュニア、アルバム大賞おめでとうございます。勢いありますね。

【関連記事】
【特集】第26回ゴールデンディスクアワード ギャラリー(レッドカーペット&授賞式名場面)
第26回ゴールデンディスクアワードの2日目、デジタル音源大賞は、少女時代『The Boys』!
第26回ゴールデンディスクアワード、アルバム大賞はスーパージュニア!スーパージュニア4冠、受賞!!

人気記事 おすすめ記事