韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年4月12日17時07分 金曜日 韓国ミュージカル「三銃士」が文化村オーチャードホールで日本公演を決定!

グローバル公演企画会社エムミュージカル側は12日「昨年、東京青山劇場で公演されたミュージカル「ジャックザリッパー」(2012.09.16~10.08)に続いて二番目の日本進出「三銃士」が来る8月10日から25日まで、文化村オーチャードホールで総25回公演される」と明らかにした。

東京の中心地である渋谷にある文化村オーチャードホールは、合計2150席規模の大型公演会場で、韓国の芸術の殿堂オペラハウスのような地位を誇る格調高い会場です。トップ(TOP)スターだけが進出することができる劇場であるだけに、今回の公演の意味はさらに深い。

三銃士に先立って日本に進出した「ジャックザリッパー」は、昨年の日本公演(東京青山劇場、1200席規模)当時、開幕前損益分岐点を超え、81.5%の有料客席占有率記録する快挙を達成している。だけでなく、前回全席スタンディング、日本で類を見ない立席チケット販売まで新しい韓流ミュージカルの海外進出のモデルを提示し、日本に進出した韓国ミュージカル史上最高の興行記録を樹立した作品に記録した。

特に、一回の公演や販売を通過公演ではなく、日本の制作会社クアラスとの共同制作、マーケティングを通じ、日本市場へ進出したという点で、海外進出の新しいパラダイムを提示したという評価を受けている。

今回の「三銃士」日本公演もクラスが先行獲得した。
日本国内のさまざまな文化産業を陣頭指揮している会社は、フジ・メディア・ホールディングス傘下の広告代理店で、ブロードウェイミュージカル「Nine The Musical」、「COCO」などの作品を成功させたことがある。

公演製作社エムミュージカルのキム·ソンミ代表は「前回の拍手喝采を受けてこれまで以上に爆発的な日本の観客の声援を受けた「ジャックザリッパー」の栄光を再現するために、「三銃士」もやはり最善を尽くすだろう」と伝えた。

続いて「すべての俳優とスタッフもこれまで以上に喜んで最高の作品を日本の観客にプレゼントするために最善を尽くすことであり、多くの愛と関心をお願いする」と付け加えた。

最後に「エムミュージカルは名品ミュージカルにしっかりと位置づけた「三銃士」と「ジャックザリッパー」が日本市場では、作品性と興行性を立証することにより、韓国ミュージカルの地位を飛躍的に向上、ミュージカル韓流をリードすることを目標としている。継続して日本公演企画社とのリレーションシップを強化し、ミュージカル韓流をリードするために最善の努力を尽くす”と抱負を明らかにした。(ヘラルド経済)

韓国ミュージカル「三銃士」、いよいよ日本ら上陸ですね。
現在、韓国で公演中で、イ・チャンミン(2AM)、キュヒョン(SUPER JUNIOR)、Jun. K(2PM)、イェウン(Wonder Girls)ほか、ベテランミュージカルの名俳優キム・ボムレ、ミン・ヨンギなどでているので、見応えたっぷりです。
日本でのキャストは、まだわかりませんが、韓国での配役陣がそのまま来てくれるといいですね。

そして、六本木にもまもなく韓国ミュージカルが見られるシアターがオープンします!
「アジアのオフ・ブロードウェイ」と呼ばれるソウルの大学路(テハンノ)という地域では130を超えるミュージカル劇場から、よりすぐった小劇場用のミュージカルを上演します。こんな、テハンノで創作されるミュージカルを見る機会も、なかなかないので、こちらも是非注目してくださいね。

韓国ミュージカルのすばらしさを是非体感してみてください。

ミュージカル『エリザベート』:Special Edition [2CD+DVD+写真集](韓国盤)

人気記事 おすすめ記事