韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年9月11日19時32分 水曜日 『5tionと共にK-POPで学ぶ韓国語特別講座』レポ

5tionhagul1.jpg
新大久保にある日韓文化交流会アンニョン韓国語学堂で今年3回目となる韓国語特別講座が行われました。
この特別講座では、K-POPアイドルが講師となって授業をするのですが、現役のアイドルから直接韓国語を教えてもらえるとあって、毎回たくさんの方が受講します。
今回の講師は4人組K-POPグループ『5tion(オション/오션)』。
メンバーのカインはモデル、ロイは俳優、ジュエルはヴォーカルトレーナー、レンは作曲家と、別々の世界でキャリアを積んでいた4人ですが、元々5tionとして活動していたカイン、ロイの2人にジュエル、レンが加わる形で新生5tionとして昨年活動を開始。超新星やSUPER JUNIORなどのトップアイドルたちと親交が深いことからもそのキャリアの素晴らしさが伺えます。
今回は韓国語学堂の生徒からの熱い要望でこの講座が実現したとあって、開始前から教室は熱気ムンムン。今か今かと登場を待っていましたが、早く来てもらうためにみんなで呼び込むことに。
よくお店などで『オソ オセヨ/어서 오세요(いらっしゃいませ)』という言葉を聞くと思いますが、この言葉は「誰かに早く来てほしい」という時にも使えるとのこと。というわけで、メンバー全員を呼ぶために、複数形の『ドゥル/들』を付け、『オソドゥル オセヨ~/어서들 오세요~(みなさん早く来てください)』と大きな声で呼ぶと・・・・・・5tionが登場!
とっても背が高くてスタイル抜群、ステージとは違ったラフな服装も、プライベートを垣間見れたようで少しドキドキです。
全員日本語はとても得意なようですが、韓国語の勉強のためにと韓国語で挨拶し、続けて今回の課題曲「ウリ キョロン カジ ハジャ/우리 결혼까지 하자(僕たち結婚しよう)」を生歌で披露。
この曲はタイトル通りの甘~い歌詞が印象的なミディアムテンポのバラードで、今年5月に日本デビュー曲として日本語バージョンで発売されましたが、今回は韓国語講座ということで、韓国語バージョンで歌ってくれました。マイクなしでも、さすが実力派、圧巻の歌声でした。
5tionhagul3.jpg
授業がスタートすると、まずはホワイトボードを使って、今回のポイントとなる表現が説明されます。
・~カジ/~까지( ~まで)
・~ジャ/~자(~しよう)
・~タガ/다가 (~だから、~していて)
この3つの表現はサビの部分の
「ウリ サランハダガ キョロン カジ ハジャ/우리 사랑하다가 결혼까지 하자(僕たち愛し合っているから結婚までしよう)」
という歌詞に出てくるもので、この表現をわかりやすく説明するために4人はいろいろな例文を準備してくれていました。
5tionhagul4.jpg
その例文をゆっくり丁寧に、時にはコント仕立ての演技も交えて説明してくれたので、とてもわかりやすかったです。
中でも、20年来の友達だというカインとロイが『~タガ/다가』を使って自分たちのことを「ノルダガ カスガ テオッソヨ/놀다가 가수가 되었어요.(《2人で一緒に》}遊んでいたら《いつの間にか》歌手になりました)」 と言ったのには会場も大爆笑してしまいました。
いよいよ歌の練習となり、5tionが一節ずつ歌ってそれに続いて生徒が歌う、を繰り返すと、あまりの出来のよさに、メンバー全員感心していました。
お手本で歌う時に、何気なくハモっていたジュエルがとてもセクシーだったり、最近日本語ばかり練習しているので、韓国語の歌詞が思い出せなくなってしまった、と言って戸惑っていたレンがとてもかわいらしかったり、カインとロイの息の合ったコント?が見れたりと、普段のライブでは見られない5tionの新たな魅力が溢れた、あっという間の1時間半でした。
最後は、まだまだ帰りたくないというファンの要望に応えて、メンバー全員がハイタッチで送り出してくれました。
5tionhagul2.jpg
次回は、10月20日(日)、『FIX』を講師に迎えて特別講座が開催されるとのこと。
興味のある方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
詳細は下記ページをご覧ください。
http://www.japankorea.org/modules/tinyd0/index.php?id=225

人気記事 おすすめ記事