韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年3月9日18時18分 金曜日 【レポ】ユイル、ソ・ガンジュン、コンミョン、カン・テオ、イ・テファン所属の“5urprise”、久々の東京ファンミーティング!ゲストには後輩グループSURPRISE Uも!(1/2)

20180224_5urprise_1

2月24日(土)、東京・中野サンプラザにて、韓国俳優グループ“5urprise”がファンミーティングを開催した。東京では久しぶりに5人揃ったイベントということで、メンバーも気合十分。体を張ったゲームにも本気で挑み、会場を沸かせた。

【レポ】『5urprise Fanmeeting 2018』at 中野サンプラザ(1/2)

音楽と共にメンバーが登場すると、歓声と拍手が起こり、横一列に並んだ5人は客席をゆっくりと見回しながら『From my heart』を歌い、イベントがスタート。
全員で挨拶をすると、それぞれ自己紹介をし、ここからはクッションやぬいぐるみで家にいる雰囲気を演出したステージで、リラックスムードのトークタイムへ。

20180224_5urprise_4忙しい5人だが、「時間がある人がいたらトークルームで声を掛けて、一緒に食事をしたり、プレイステーションをやったりしています。」とガンジュン。
近況を聞かれると、それぞれが話題の作品に出演し、俳優として充実した生活を送っているよう。
特にテファン出演の『黄金色の私の人生(原題)』は韓国では視聴率40%超えの超話題作。これを受けてテファンは照れながらも、「自分の参加しているドラマが、こんな高視聴率を出していることが夢のようで信じられなくもあります。同時にプレッシャーも感じますが、責任感を持って、最後まで一生懸命やりたいです。」と答えていた。

ここからはテーマに沿ったトークへ。
最初のテーマは『人から言われて気分がよかった一言』。
このテーマに、ガンジュンは、「“ガンジュン広告決まったよ”」と正直に言って笑いを誘い、テオは「“身も心もとってもきれいだね”」と答え、他のメンバーから「正直に!」とツッコまれる場面も。

20180224_5urprise_22つ目のテーマは『おバカ過ぎて自分が嫌になったこと』。
ユイルは携帯を持ったまま寝転んでいて顔に落としてしまい、「あまりにも痛くてのたうちまわっている自分をふと客観的に考えて、バカみたいだな、と思った。」と答えると、メンバーからは「漢方薬飲んだほうがいいんじゃない?」「もうすぐ30歳だからね。」と激しいツッコみが。
また、コンミョンは、食器洗剤を買いにコンビニに行ったのに、「食べ物を買ってきて、洗剤を買うのを忘れてしまいました。」と言って自分で大爆笑。
テオのエピソードは、寒い日に革靴を履いて出かけたら、前から女子学生が来たので、カッコつけて歩いて、凍った道で滑って転んでしまったというもの。コンミョン&ガンジュンも女子学生役で参加し、テオが思いっきり転ぶ演技でその場面を再現してくれた。

最後のエピソードは『俺って天才かも!?って思った時』。
コンミョンはボウリング、ガンジュンはゲームのウイニングイレブン、とそれぞれ自分が得意だと思うものを挙げたが、テファンは「僕は常に天才だと思っています。」と自信満々に答えていた。

20180224_5urprise_3次のコーナー『5urprise あなたに聞きたい!』は、事前にファンからメンバーに聞きたいこと、やってほしいことを募集し、そのファンの座席まで行ってメンバーがそれに応えるというもの。
ガンジュンはメンバーの変なクセを暴露し、「遺影にする」と言うファンからのリクエストでは、ファンの間では周知の独特な絵の腕前を披露し、似顔絵を描いてくれた。
セルカの撮り方を教えてほしいと言われたテオは、喜怒哀楽、さらにはポッポ(キス)のセルカを撮る様子を見せ、愛の告白の仕方も真剣にアドバイス。
コンミョンはファンと一緒に縄跳びをしたり、愛の告白を披露。
20180224_5urprise_5ユイルはミュージカルの歌を一節披露し、趣味の旅行の話では、トルコに行くことになったちょっとおっちょこちょいなエピソードも披露してくれた。
テファンには、23歳の息子が20歳上の女性と結婚したが、同じ23歳のテファンは20歳上の女性を好きになれるか?という驚きの質問が。「愛は年齢なんて関係ない。」と答えると、さらに『黄金色の私の人生(原題)』の大好きなシーンを再現してほしいというリクエストにも応え、ファンもなりきって見事に演じていた。

サイン入りキャンディの抽選会の後は、ソロで歌を披露。
まずは、ガンジュンがドラマ『君も人間か(原題)』のOSTをトレーラー映像をバックに歌うと、今度はユイルがミュージカルの曲『今この瞬間』を歌い大歓声を受けた。

(つづく)→次頁

人気記事 おすすめ記事