韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2014年4月16日16時11分 水曜日 【レポ】俳優チョ・ヒョンジェ、MR.MRが登場 『6th日韓友情フェスタ2014』(1/2)

20140406_6thyujofes_01

2008年の第1回から7年目、6回目の開催となる『6th日韓友情フェスタ2014』が桜舞う4月6日(日)、渋谷公会堂で開催された。この公演は、NPO法人日韓文化交流会が日韓文化交流会がアジア貧困地域の子供教育支援及び東日本復興推進支援のGFSC(Good Friends Save the Children)チャリティー活動の一環として、毎回、韓国の歴史ドラマをテーマにチャリティー行事に尽力している俳優を招き行っている公演で、今回はチョ・ヒョンジェがスペシャルゲストとして迎えられた。チョ・ヒョンジェは『薯童謡(ソドンヨ)』『ラブレター』『私の期限は49日』などの数多くのドラマや映画にも出演したことで知られる正統派俳優。あまりこういった舞台には登場しないだけに、ファンの期待も高まり、会場ロビーに用意された横断幕にはたくさんのメッセージが書き込まれた。

恒例となった趙先生による韓国語ワンポイントレッスンからイベントはスタート。会場全員で「다시 돌아와야 한다:タシ トラワヤ ハンダ(また帰って来なきゃいけませんよ)」の言葉を勉強すると、GFSCのVTRに続きいよいよMCのYumiさんが登場。
20140406_6thyujofes_02まずはこちらも恒例となった8人編成の小さなオーケストラ、バラダンの演奏。本日のスペシャルゲスト、チョ・ヒョンジェにちなんで、イ・ビョンフン監督作品『イ・サン~チャングムの誓い~トンイ』の楽曲メドレーや『薯童謡(ソドンヨ)』から「Hero」「Hae Mill」などが演奏され、会場を一気にドラマの世界に引き込んだ。

紹介VTRに続き、いよいよチョ・ヒョンジェが登場。ポップなグレーのスーツスタイルで若干緊張した面持ちのチョ・ヒョンジェが「みなさん、こんにちは、本当にありがとうございます。」と日本語で挨拶すると、会場からは大きな拍手が。続けて「このような素晴らしい趣旨のイベントに呼んでいただいて光栄です。」と感謝の気持ちを述べると、トークタイムへ。

早速Yumiさんから「日本のみなさんは美人でしょ?」という質問が飛び、戸惑いながらも「本当にみなさん美人です。僕は目がいいのでよく見えていますよ。」と答えるチョ・ヒョンジェ。今の気持ちを聞かれると、「日韓の友情のために少しでもみなさまの力になれるかと思うと、とにかくすごくうれしいです。このように久しぶりにみなさんのお顔を見て、みなさんの応援で僕がずっと今まで頑張ってこられたんだな、ということを実感してさらにうれしく、感謝しています。」という言葉に会場からは大きな拍手が。

トークタイムでは『薯童謡(ソドンヨ)』や最近まで撮影していたドラマ『帝王の娘、スベクヒャン』の撮影時のエピソードなどが語られた。
20140406_6thyujofes_03『薯童謡(ソドンヨ)』に関しては「僕が俳優として成長できる素晴らしい基盤となった作品。すばらしい監督と素晴らしい俳優陣に囲まれて、僕にとってもいい作品であり、そして何よりも日本のみなさんにたくさん愛されたということではとても意味のある作品になったと思っています。」と語った。

『帝王の娘、スベクヒャン』に関しては、「もうちょっとダイエットしなきゃいけない、運動しないといけなかったと反省していたのですが、毎日撮影があったので、運動をする時間がなくて、僕ふっくらしていませんか?」というチョ・ヒョンジェに会場から「変わらない」「かっこいい」などの声が上がると、日本語で「うそだ。」と返し、笑いを誘った。撮影中に撮った後輩との自分撮り写真が登場すると、MCの「チョ・ヒョンジェさんと2ショットでセルフカメラ撮りたくないですか~?」の言葉で会場から抽選で選ばれたラッキーな2人がステージに登場。間近で見るチョ・ヒョンジェに感動の涙まで流し、素敵な2ショット写真をプレゼントされた。

再びトークになると「ヒョンジェさんは王様とか位の高い役が多いですが自分でなぜだと思います?」という質問に「サンナムジャ(상남자)だから。」と答える場面が。サンナムジャとは今韓国で流行している言葉で、“男らしい男”という意味。「みなさんに笑っていただきたくてわざと言いました」とお茶目な一面を見せてくれたチョ・ヒョンジェに会場からは「サンナムジャ」コールが飛んだ。

続いては『薯童謡(ソドンヨ)』『帝王の娘、スベクヒャン』それぞれのキュンとするシーンを抜き出したラブライン映像が流されると、今度は会場のお客さんとそのシーンを再現することに。チョ・ヒョンジェ本人が会場から相手役を選び、いよいよ再現。しかしあまりの恥ずかしさに笑いをこらえきれずNGを出す場面も。それでも何とか最後までやりきると、ここで一旦ステージを去ることに。「それでは、行って来ます」というチョ・ヒョンジェに会場のファンからは最初に練習した韓国語、「タシ トラワヤ ハンダ(また帰って来なきゃいけませんよ)」の言葉がかけられた。

(つづく)→ 次頁へ

人気記事 おすすめ記事