韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年7月31日11時53分 水曜日 チェ・ジウ、 韓国リメイク版『家政婦のミタ』のドラマにキャスティング、2年ぶりに復帰

女優チェ·ジウがSBSの新月火ドラマ『怪しい家政婦(仮題)』(脚本ペク・ウンチョル演出キム・ヒョンシク)に出演する。
31日、SBSは「『黄金の帝国』の後続に放送されるドラマ『怪しい家政婦(仮題)』女優チェ・ジウが出演を確定した」と明らかにした。
チェ・ジウのテレビ復帰は、去る2011年MBC「負けてたまるか」以後2年ぶりだ。
チェ・ジウが主演『怪しい家政婦(仮題)』はベールに包まれた謎の家政婦パク・ポンニョの話を扱った作品で、日本のドラマ 『家政婦のミタ』が原作だ。
制作陣は「笑えばとても美しい女性が決して笑わないストーリーの奇妙さ、時には無表情な目つきの中から意外にクールな力が感じられるチェ・ジウの隠された可能性から彼女をキャスティングすることになった理由」と説明した。
チェ・ジウも「原作ストーリーの感動的ヒューマニズムとヒロインキャラクターのユニークな魅力、ヒットメーカーの演出キム・ヒョンシクPDの無限の信頼のために躊躇せずにこの作品を選んだ」と覚悟を明らかにした。初放送は来る9月23日。(スターニュース)
『家政婦のミタ』は、日本では、松嶋菜々子が好演し、最終回は40.0%の高視聴率を記録。
昨今の日本のテレビドラマとしてはめずらしい高視聴率40%超えを記録した作品である。日本での長谷川博己の役も気になるところ。そして、「承知しました」「それは業務命令でしょうか」「それはあなたが決めることです」と言う松嶋菜々子の決め台詞も流行、韓国では、どんなかんじになるのか、チェ・ジウがどんな家政婦を演じるのか、楽しみです。

人気記事 おすすめ記事