韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年6月7日18時38分 金曜日 「レ・ミゼラブル」「レベッカ 」、韓国ミュージカル・アワード各5部門席巻 、人気賞にスーパージュニアキュヒョン&少女時代ジェシカ(受賞一覧)

「レ・ミゼラブル」「レベッカ 」、一緒に輝いた。国立劇場ヘオルム劇場で開かれた第7回ザ・ミュージカル・アワードで、それぞれ5つの部門を占め、今年のミュージカル界を二分した。
特に「レ・ミゼラブル」は対象格である今年のミュージカルの主演男優賞を受賞して強大パワーを誇示した。
今年のザ·ミュージカル·アワードは、「レ・ミゼラブル」「レベッカ 」「あの日々」「 ジーザスクライストスーパースター」·「ラ·カージュ」など大型作品が競合してこれまで以上に興味を引いた。
しかし、いざ蓋を開ける「レ・ミゼラブル」「レベッカ 」の舞台になった。
「レ・ミゼラブル」は、他の作品を圧倒したが、「レベッカ 」は、演出、音響賞、照明賞などクリエイティブ関連部門をさらって「レ・ミゼラブル」の独走を阻止した。
創作ミュージカル「あの日々」は今年の創作ミュージカル·男優新人賞·脚本賞の3部門を占める好調を見せた。
一方、「 ジーザスクライストスーパースター」と·「ラ・カージュ」は、それぞれの音楽監督賞と振付賞を受賞して体面を保った。
個人賞では、チョン・ソンファとオク・ジュヒョンが受賞した。「レ·ミゼラブル」の主人公チョン・ソンファは、第4回ザミュージカルアワードで主演男優を受賞したのに続き、3年ぶりにこの賞を再び獲得した。ジャンバルジャンの衣装のまま上がったチョン·ソンファは、「レ・ミゼラブル」の公演は、大変で難しかった。難しさが私に師匠になった。アンサンブルとは、賞の栄光を分かち合いたい」と話した。オク・ジュヒョンは昨年「エリザベート」で主演女優賞に続き、今年は「レベッカ」で助演女優賞を受けた。2年連続受賞である。「アイーダ」のチョン・ソナは、今年の主演女優賞を受賞する喜びを享受した。一方、ユ・ジュンサン、オク・·ジュヒョンが司会で出たこの日の行事はJTBCで生放送した。(joongang) 人気スター賞に、スーパージュニアのキュヒョン&少女時代ジェシカが受賞した。以下、受賞一覧。

第7回ザ•ミュージカル•アワード受賞一覧

▲今年の音楽賞:レ•ミゼラブル
▲今年の創作ミュージカル:あの日々
▲主演男優賞:チョン•ソンファ(レ•ミゼラブル)
▲主演女優賞:チョン•ソナ(アイーダ)
▲助演男優賞:ムン•ジョンウォン(レ•ミゼラブル)
▲助演女優賞:オク•ジュヒョン(レベッカ)
▲男優新人賞:チ•チャンウク(あの日々)
▲主演新人賞:パク•チヨン(レ•ミゼラブル)
▲作曲作詩賞ウィルアロンソン、パク・チョンヒュ(バンジージャンプをする)
▲脚本賞:チャン•ユジョン(あの日々)
▲演出賞:ローレンスコーナー/ジェームズ•パウエル(レ•ミゼラブル)、ロバート•ヨハンソン(レベッカ)
▲振付賞:ソ・ ビョング (ジーザスクライストスーパースター)
▲音楽監督賞:チョン•ジェイル(ジーザスクライストスーパースター)
▲舞台象:ジョン・スンホ(レベッカ)
▲衣装賞:ユミ・ヤン(サルチャギオプソエ)
▲照明賞:ジャック•ミラー(レベッカ)
▲音響賞:キム•ジヒョン(レベッカ)
▲人気スター賞:キュヒョン(スーパージュニア)、ジェシカ(少女時代)

人気記事 おすすめ記事