韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2017年4月14日00時13分 金曜日 【読者レポ】B1A4『LIVE SPACE 2017』 at ソウル・ブルースクエア サムソンカードホール(1/2)

20170212_B1A4_9687

読者のNさんから、2月に行われたB1A4ソウルコンサート『LIVE SPACE 2017』のレポが届きました。

【読者レポ】B1A4『LIVE SPACE 2017』 at ソウル・ブルースクエア サムソンカードホール(1/2)

20170212_B1A4_96912月11日(土)、12日(日)にソウルで行われたB1A4のコンサート、『LIVE SPACE 2017』に行ってきました。前の週の2月4日(土)、5日(日)にも公演があり、全部で4回公演だったのですが、チケットは発売5分で売り切れだったようです。
11日は開場時間ギリギリに行ったので仕方ありませんが、12日は10:30に会場に着いたのに、10:00から販売スタートしたグッズは私の番が来る前に全部売り切れてしまいました。
11日は2階の指定席で、スクリーンが上の3分の1くらい見えなくて、ちょっと残念でしたが、落ち着いて観ることができました。12日はスタンディングで、2階席とは全然雰囲気が違って、ものすごく楽しかったです。

記憶が曖昧な部分もありますので、多少の間違いはご容赦ください。

暗転すると歓声が上がって、ステージの幕がスクリーンになってプロジェクションマッピングの映像が始まりました。幕が開くと、ステージはタイトルの『LIVE SPACE 2017』の通り、宇宙の星の中にいるようなキラキラな雰囲気でとっても可愛かったです。生バンドの演奏で最初の曲『멜랑꼴리(メランコリー)』がスタートすると、1人はステージの2階部分、そして他の4人は何と宙吊りの月のようなオブジェに乗って登場!ワクワク感が高まります。このオブジェに乗っているメンバーとメンバーの位置は11日と12日では違っていました。
続けて2曲目の『IN THE AIR』を歌うと、「LET’S FLY B1A4!アンニョンハセヨ、B1A4です!」と定番の挨拶。この後続けて「“B1A4 LIVE SPACE 2017”始まりました!」とジニョンが言ったのですが、12日は噛んでしまって、メンバーから総ツッコミ。もう1度やり直していました(笑)。

その後、自己紹介すると、今度は5人がステージにある5つある回転扉のようなところの前に移動。ハットを持って思い思いのポーズを決めると、3曲目の『Oh My God』がスタート。セクシーに腰を動かすダンスのところでは、みんな大興奮でした。
20170212_B1A4_97014曲目の『악몽(悪夢)』はシヌゥとバロの作った曲で、今までのB1A4にはなかったレゲエっぽい雰囲気の曲。今回のライブツアーでは最新アルバム『GOOD TIMING』の曲が中心になっていましたが、曲がバラエティに富んでいて、ライブで聴いてもとても新鮮でした。

この後のMCで、「次の曲は女性が歌うパートがあるから、BANA歌ってください。」と言ったので、5曲目の『YOU』ではみんな頑張って歌いました。
次の『너에게 한 번 더 반하는 순간(キミにもう一度惚れる瞬間)』でも途中で「準備いいですか?」と言われ、「♪la la la la la la la」から最後まで大合唱でした。

この後のVTRはメンバー5人が1人ずつ愛嬌をするというもので、“바나에게 한 번 더 반하는 순간(バナにもう1度惚れる瞬間)”というタイトルがついていたと思います。あまりの可愛さにBANAもキャーキャー言って大興奮していました。兄メンバーたち(ジニョン、シヌゥ)になるにしたがって、内容もキス顔みたいな興奮度の高いものになっていたと思います。

そして、次はサンドゥル、ジニョン、ゴンチャンが回転扉から順番に出現し、サンドゥルのソロ曲『그렇게 있어 줘(そのままでいて)』を歌いました。サンドゥルのソロバージョンももちろんいいですが、この3人バージョンもとってもいい感じで、最後はジニョン「BANA」、ゴンチャン「그렇게 있어 줘(そのままでいて)」と男っぽく語り掛けてくれたので、本当にお得な気分になりました。

今度はシヌゥ&バロの番です。何をやってくれるのかと期待していると、シヌゥのボーカル、バロのラップで『Seoul』を歌うという予想外の展開。ダンサーを従えたゴージャスなステージ、とってもカッコよかったです。11日にはこの曲の間にシヌゥとバロが腹筋見せのパフォーマンスをしてくれましたが、バロは下に何かを着ていたような・・・。それでもみんな大興奮でしたが、12日は残念ながら、このパフォーマンスはありませんでした。

VTRを挟んで、『꿈에(夢で)』を歌うと、アコースティックバージョンの『Lonely(없구나)』と続き、『Sweet Girl』まで歌うと、ここでまた短いVTRが流れ、最新アルバムのタイトル曲『거짓말이야(嘘だよ)』がスタート。やはり一際大きな歓声が上がります。曲の良さはもちろんですが、みんなの応援コールも完璧で、感動しました。

20170212_B1A4_9713ここでMCになると、先ほどのユニットステージを最初はお互いに褒め合っていたメンバーたちでしたが、サンドゥルは『그렇게 있어 줘(そのままでいて)』の歌詞の「♪그래도 행복하면 좋겠어(クレド ヘンボッカミョン チョッケッソ)」という部分の「チョッケッソ」の歌い方に相当こだわりがあるらしく、そのパートを歌ったジニョンも相当気を使った、という話になり、両日とも、その部分をものすごく感情を込めて、メンバーが歌ってみる、という展開になりました。12日に至っては、5人全員がそれぞれ歌って、さらにBANAも歌いました(笑)。

その後、「デビューして6年経ちましたが、B1A4の名曲の中で何が聴きたいですか?」とBANAに尋ねるところがあり、11日は『Only One』、12日は『너 때문에(君のせいで)』をアカペラでハモリも入れながら歌ってくれました。何気なく歌い始めたのにとても上手くて本当にカッコよかったです。

ここで「タイムマシンを用意したけど、タイムマシンを動かすにはみんなのエナジーが必要です。」というフリでみんな大きな声を出してエナジーを送ると、タイムマシンが起動、タイムマシンメドレーが始まりました。
スクリーンには当時の映像と今のこの場の映像が一緒に映し出されて、5人の成長ぶりがよくわかりました。12日にはシヌゥがわざわざ以前トレードマークだった眼鏡まで掛けてくれていました。
『O.K⇒Beautiful Target⇒BABY I’M SORRY⇒잘자요 굿나잇(おやすみ good night)⇒걸어 본다(歩いてみる)⇒이게 무슨 일이야(イゲ ムスン イリヤ)⇒SOLO DAY⇒물 한잔(水一杯)』と徐々に最近の歌に近づいてきて、そしてEDMアレンジの『몇 번을(なんども)』と盛り上がる曲が続いて、本当に楽しかったです。

それなのに、ここでジニョンの「あとは最後の曲を残すのみです。」という残念なコメントがあって、1人ずつ最後のコメントをすることに。

(つづく)→次頁

20170212_B1A4_9709

人気記事 おすすめ記事