韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2015年1月20日01時48分 火曜日 【読者レポ】B1A4 2014 WORLD TOUR「ROAD TRIP to Japan-Ready?」 in 東京国際フォーラム(2/2)

10月17日(金)東京国際フォーラムで行われた“B1A4 2014 WORLD TOUR「ROAD TRIP to Japan-Ready?」”の読者Nさんからのレポのつづきです。

【読者レポ】B1A4 2014 WORLD TOUR「ROAD TRIP to Japan-Ready?」 in 東京国際フォーラム

続いての曲は『LONELY (없구나)』。歌詞の内容は切ないですが、メロディが何とも心地よいこの曲。コールもかかり、どことなくセクシーなネクタイダンスでいい雰囲気になると、続く曲は『TELL ME WHY』。CDで聞いたときは聞き流してしまっていたんですが、ライブで聴いたら一気に持っていかれてしまいました。特に「♪もしも僕なら~」のところのシヌゥの裏声はキュンとなります。

今度のVTRはリハーサル風景が映し出され、その合間にうれしそうに彼女にメールをするシヌゥ。キス顔まで飛び出し、今度は彼女と電話をし始め「もしもし、ハニー、アンニョン。練習してたら会いたくなっちゃって電話したよ。今何してる?ん、僕のこと考えてた?さすが。話したいことがあって電話しちゃった。今からそっちに行ってもいい?」と言うと、会場はざわめき、さらに「行ってもいい?」の言葉にBANAが「ネー!」と答えると、「OK、ちょっと待っててね。」と言って、『イェッポ-Japanese ver.-』のイントロに乗せて5人が登場。途中、一時停止があり、「かわいい子を探しに行こう!かわいい子はいるかな?」「いるなー。」「いるニャン、いるニャン、たくさんいるニャン。」「ここにも、ここにも、たくさんいるよ。」などと言いながら、ステージを駆け回って会場のBANAを見渡す5人。「うわーーーー、BANAだから、みんなイェッポ~!」で再び曲がスタートすると、バロの「イェッ!」の掛け声にBANAは「ポ!」でコールアンドレスポンス。
『SOLO DAY -Japanese ver.-』のイントロが始まると大歓声が起こり、コールで曲がスタート。興奮するBANAにバロが「みなさ~ん、まだまだ行きますよ~!」と呼びかけると、BANAは「イェー!」と答え、さらに、バロの「東京叫べ~!東京、準備はいいですか?もっともっと叫べ~!」の声にBANAが「イェー!」と答えるやりとりが続き、最後はバロ「次の曲はなんで~?」、BANA「どうして~?」で『イゲ ムスン イリヤ 〜なんで?どうして?』がスタート。コールもあり、「♪コジンマル」のところでは大合唱。続く曲は『물 한잔(水1杯)』という盛り上がる流れで、会場はヒートアップ。

ゴンチャン「本当に暑いですね。みんなも暑い?」、サンドゥル「暑い、暑い。」、ゴンチャン「サンドゥルくん暑いですか?」、サンドゥル「暑いです。暑い暑い、暑い暑いですか?あちち。」というやりとりがあって、今度は「もっともっと一緒に汗をかきませんか?次はBANAと一緒に踊りたいです。」というフリがあると、BANAは一瞬「?」でしたが、「一緒に踊ってくれますか?」の呼びかけには「イェー!」と答え、バロが「僕たちがやるのでよく見ててね。」と言うと、ここからB1A4先生がお手本を見せてダンスの練習に。意外と難しくて、一回見ただけでは覚えられない上に、途中「プイン、プイン」みたいなところがあり、BANAも若干尻込みしている中、バロの「簡単ですよね?じゃあ、みなさん、やってみてくださーい。」の言葉で、チャレンジがスタート。
「わー、すごーい。」のお褒めの言葉に預かり、すぐに『WHO AM I』がスタート。どこでさっきの踊りが出てくるのかよくわからずドキドキしましたが、会場が一体となった感じがすごく気持ち良かったです。

ジニョンの「こうしてたくさんの人と旅をしている僕たちは本当に幸せです。大切な人と一緒の旅は本当に楽しいですね。みなさんも僕らとの今日の旅は楽しかったですか?でも、でも、でも、そんな楽しい時間ももうすぐ終わりです。」という言葉に「ヤダー!」と落胆するBANA。
サンドゥルの「楽しかった人は大きくハート!2階も、僕も、メンバーたちも!」の言葉に大きくハートを作るBANAたちに、ゴンチャンが「さすが~、やっぱり~、BANAは僕たちのエナジー。」と言うと、シヌゥは「今日は本当に楽しくて忘れられない旅になりました。ここから見えるみなさんの笑顔が僕たちにたくさんのパワーをくれます。これからもその笑顔を僕たちにたくさん、たくさん、見せてください。」。
そしてバロが「やっぱりBANAは最高!僕は最高!1階も最高!2階も最高!全部最高!僕も最高!シヌゥも最高!ジニョンも最高!ゴンチャンも最高!B1A4最高!」と言ったところでBANAからはすでに笑いが起こり、「あれ、あれ?(僕は?)」と戸惑うサンドゥル。バロが「みなさん、準備はいいですか?」と言うと会場も「ネー!」と答える中、「サンドゥル、サイコー!」と叫んだファンがいて、サンドゥルは「ウヒョヒョヒョヒョ!」と大はしゃぎ。
今度はびっぽが全員で「バロは最高!シヌゥは最高!ジニョンは最高!ゴンチャンは最高!」と言い始め、BANAが「サンドゥルは?」と叫び、やっと「サンドゥルは最高!」と言ってもらえると、サンドゥルが「よー、BANA最高!」と喜んだのですが、他のメンバーからは「よー?YO?ラッパー?」とツッコミが入るも、バロの「OK、BANA、みなさん、準備はいいですか?」の合図で、「次の曲は『おやすみ(BANAも声を合わせて)good night!』」と言うと、『おやすみ good night -Japanese ver.-』がスタート。コールと大合唱で盛り上がり、最後の振り付けもみんなバッチリで次の曲、『You Are My Girl』へ。途中、バロの「みなさん準備はいいですか?」呼びかけで、「너 하나!(ノ ハナ!)」「난 너만!(ナン ノマン!)」のやりとりがあり、最後は「アイラヴユー!」で5人はステージを後にしたのでした。
すぐに「ジニョン、シヌゥ、サンドゥル、バロ、ゴンチャン、テバ、ビーワンエーフゥ~!」とコールが起こると、「BANA、まだまだ行きますよ~。BANAと離れたくないから。みんな叫べ~!もっともっと叫べ~!BANAサイコー!」という言葉で『IN THE AIR』がスタート。

バロ「みなさん、盛り上がってますか?楽しいですか?」の声にBANAが「イェー!」と答えると、今度はサンドゥルが「I say B1!You say A4!I say B1!You say A4!B1!」と煽ります。
それに応えてBANAが「A4!」、続けてサンドゥル「B1!」、BANA「A4!」というやりとりが続き、バロもボイパで応援。次は“B1A4”が“BANA”に変わり、サンドゥル「I say BA!You say NA!BA!」、BANA「NA!」となり、バロのボイパのスピードがだんだん早くなるとサンドゥルのロレツが怪しくなり始め、噛み噛みになり、最後はサンドゥル「NA!」、BANA「BA!」と逆になってしまい大爆笑。
ゴンチャンの「みなさん、今日の僕たちの記念写真、撮りませんか?」の声でみんなで大きくハートを作って記念撮影すると、また、「I say BA!You say NA!BA!」「NA!」「BA!」「NA!」と始まり、またまた噛んでしまったサンドゥルは「難しいですね。」とかわいい表情。
ジニョンの「みなさんROAD TRIPが終わっても僕らの旅は続きます。ずっとずっと一緒に旅を続けて行きましょう。それでは歌って下さい。」、バロ「東京ありがとうございます!」の声で最後の曲『IF…(너만 있으면)(君さえいれば)』を熱唱。このメロディを聴くと、終わりだな~と思って毎度切なくなりますが、最後は「BANA最高!」「ありがとうございました!」「I LOVE YOU!」などと思い思いの言葉でステージを後にしました。

今回は初のワールドツアーということでしたが、シヌゥの言葉通り、日本語曲多めで、MCも全部日本語という日本だけのスペシャルステージとなっていました。新曲はもちろん定番のいい曲も増えてきて、2時間じゃ時間が足りない、もっともっと曲を聴きたいと思いました。次のコンサートが今から楽しみです。
(完)←前頁

白いキセキ (初回限定盤A)(DVD付)

白いキセキ (初回限定盤B)(DVD付)

白いキセキ (通常盤)

人気記事 おすすめ記事