韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2014年3月13日09時19分 木曜日 【読者レポ】B1A4 X’mas Event 2013 in YOKOHAMA(1/2)

読者NさんからB1A4『X’mas Event 2013 in YOKOHAMA』のレポが届きましたのでお届けします。

【読者レポ】B1A4 X’mas Event 2013 in YOKOHAMA

クリスマスイブイブの12月23日(月)、パシフィコ横浜国立大ホールにて『B1A4 X’mas Event 2013 in YOKOHAMA』が開催されました。17時スタートの夜公演に参加しましたが、会場ロビーにはメッセージボードが用意されていて、BANAが思い思いのメッセージを記入していました。会場内に入ると、クリスマスイブイブだけにクリスマスらしいコスチュームの人も。
20131223_B1A4_001クリスマスソングと共にスクリーンに映像が流れると会場から歓声が沸きあがり、最初の曲『イゲ ムスン イリヤ ~なんで?どうして?』が始まります。

あまりクリスマスっぽくない黒のラフな衣装でしたが、曲が終わると、

第一声は「皆さんこんばんは、B1A4です。メリークリスマス!」。
「皆さん、僕はサンドゥルサンタ。」
「クリスマスを一緒に過ごしたい男、ジニョンで~す。」
「皆さん、ごはん食べましたか?何かパワーが本当に多いですね。僕は末っ子ゴンチャンで~す。」
「ワッハッハ、ヨコハマ、皆さん本当に会いたかったです。メリークリスマス。B1A4のラッパー、サンタサンタバロだよ~。」
「皆さんこんばんは、シヌゥです。」
とそれぞれ流暢な日本語で挨拶すると、「今日は僕たちのスペシャルなクリスマスイベントにようこそ~。最後まで一緒に楽しみましょう。それでは、次の曲はブリブリ~、ブリブリ~」という可愛いフリで次の曲『Bling Girl -Japanese ver.-』へ。

ノリのいい曲が2曲続き、会場はもうすでにかなりのテンション。続く『Chu Chu Chu -Japanese ver.-』で少し落ち着いたところで、本日のMC、田代親世さんが登場すると、ステージにはイスが並べられ、ここからは座ってのトークタイム。
「昨日東京に着いたそうですが、もう何かおいしいものを食べましたか?」という質問に「牛丼、カレーも食べました。ステーキも食べましたよね。ラーメンも食べました。お寿司も。」と若さあふれる回答。
続いて今年思い出に残っていることをテーマにした「B1A4 2013年重大ニュース!!」が発表され、ベスト3は以下のように。

1位・・・韓国の音楽番組でついに1位を獲得
2位・・・『イゲ ムスン イリヤ ~なんで?どうして?』がオリコンチャート3位に
3位・・・日本で2回のコンサートツアーを行う

バロの韓国の音楽番組での1位発表の瞬間の再現シーンではそのリアルさにみんな爆笑していましたが、それぞれの結果に対して5人が語ったエピソードはどれもBANAに対する愛情あふれるものでジーンときました。

そのほかの重大ニュースは、「サンドゥル、初めての女装に挑戦!」「シヌゥ、髪型を変えた」「ジニョン、ヴィジュアル系バンドに変身~」「ゴンチャン、バラエティ番組で高飛び込みに成功!」「シヌゥ、トマトときゅうりの栽培中」「バロが、ドラマ『応答せよ1994』に出演!」「サンドゥル、日本でミュージカルに出演 キスシーンにも挑戦!!」が挙げられていました。

どれもツイッターなどで話題になっていたので、記憶には残っていましたが、サンドゥルの女装とジニョンのヴィジュアル系バンドの写真は何度見ても衝撃です。それぞれの話題にメンバー同士のエピソードが語られて、B1A4の絆の深さを改めて感じさせられました。

続いては、今日がクリスマスイブイブということで、メンバー全員がその場でクリスマスカードを書くことに。待つこと約5分、それぞれ個性的なカードが出来上がりました。
ジニョンはアートな感じでBANAとB1A4をツリーに表現。
サンドゥルは「B1A4はBANAと一緒で初めて完成される」という意味を込めた雪だるまを書いて、会場からはかわいいの声が。
バロは枝の先にメンバーの顔がついているB1A4のツリー。BANAのお花も書かれていましたが、枝先についた顔がちょっと不気味で会場は複雑な反応(笑)。
ゴンチャンはイヌを書き、「ワンワン」と鳴きまねまで披露。
シヌゥはサンタとそりを書きましたが、くまのサンタは自分、ソリを引くのは他のメンバーのキャラクターということでキツネ、恐竜、リス、アヒルが描かれていました。
ここで再び歌へ。
『Beautiful Lie』『おやすみ good night -Japanese ver.-』『Beautiful Target -Japanese ver.-』と立て続けに3曲歌います。長めのトークの後だけに、うずうずしていた客席は一気に盛り上がり、掛け声も一段と大きくなります。
(つづく)→ 次頁

人気記事 おすすめ記事