韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年5月21日18時49分 火曜日 Block B、前所属会社と契約解除仮処分訴訟中に、前所属会社代表イ氏自殺

Block Bの前所属会社代表イ氏は20日、自宅で自ら命を絶ったことが分かった。
側近によると、 「李氏は20日、自分が住んでいた家の地下室で自殺した。現在、ソウルの病院の遺体安置所が設けられた状態と、出棺は22日午前」と明らかにした。
これまで故人は生前Block Bが提起した専属契約効力停止仮処分訴訟の主要人物と浮上していた。
Block Bは、1月3日、法務法人を介して、ソウル中央地方裁判所にスターダムに専属契約効力停止仮処分を申請した状態だ。Block B側は所属事務所が活動期間の最後の1年近くの収入を精算してくれていないのは、もちろん、むしろメンバーの親から広報費の名目がで7000万ウォンを恐喝したと主張してきた。一方、李氏とスターダム側は「収益金は、一つ残らず全額支給しており、今回の事件は、背後勢力がある。Block Bの主張を一蹴した。両者の意見が真っ向対立する中、李氏かなり気苦労をして極端な選択をしたと思われる(スポーツワールド)
Block.Bの関係者によると、現在メンバーたちはイ氏の死亡を聞き大変驚いている状態とのことで、OSENの記事によると、この関係者は「ジコは今朝、イ氏の死亡ニュースを聞き、ショックを隠せなかった」とのこと。
訴訟中に、こんなことになるとは、驚きですね。
メンバーも、関係者も本当に驚いたことと思います。
故人のご冥福をお祈りいたします。

人気記事 おすすめ記事