韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2017年7月19日00時54分 水曜日 【レポ&セットリスト】Block B『2017BLOCKBUSTER IN JAPAN~Festival set~』 at TOKYO DOME CITY HALL~フェス方式で魅力満載!(2/2)

20170709_BlockB_4Z2A9628

【レポ】Block B『2017BLOCKBUSTER IN JAPAN~Festival set~』 at TOKYO DOME CITY HALL(2/2)

最後のソロステージ担当はもちろん、Block Bのリーダー、ジコ。
『I am you, you are me』の甘いメロディで会場を魅了したあとは、ガラリと雰囲気を変え『亀甲船+Okey Dokey』で力強く迫力あるラップを披露。
MCでは、「初めてチャレンジしてみるセットリストですが、みなさんが喜んでくれたら僕もうれしいです。そしてぼくは日本コンサートを終えたら韓国で新しいソロアルバム曲を出します。みなさん応援してくれますよね。」とうれしい報告も。
最後の曲『言ってよYes Or No』は会場も一緒に叫びながら一体感のあるステージとなった。

セットチェンジの間、DJ kaesamaによる『Mental Breaker』『NILLILI MAMBO』remixの流れから、メンバー全員が登場!DJに合わせた『NICE DAY+NolinA+Very Good』というBlock Bヒット曲メドレーに、会場も最高潮に盛り上がった。メンバーはここでステージを後に。

会場の「ブロビ!」コールで誘われたアンコールは『MOVIE’S OVER(Japanese Version)』。
イベントでパクキョンの誕生日を祝うスローガンをファンが掲げる中、メンバーは会場の隅々までファンの顔を見ながら感謝の気持ちを伝えた。

新しい試みのステージとメンバーが言っていたように、バラード、ポップ、ロック、ヒップホップと多様なジャンルの音楽を、ソロ、ユニット、グループ全体といった様々な形態で見せ、1度で2度も3度も美味しいそんな構成になっていた『2017BLOCKBUSTER IN JAPAN~Festival set~』。
個性豊かなメンバーが揃うBlock Bだからこそできるステージ、これからも長くファンを楽しませてくれる、そんな期待がますます持てるステージとなっていた。

(完)←前頁

《セットリスト》
1.Yesterday(Japanese Version)/Block B
2.Toy(Japanese Version) /Block B
3.Walkin’ In The Rain(Japanese Version)/Block B
4.HER(Japanese Version)/Block B
5.Tell Them/Block B
6.あなたのキスを数えましょう(原曲:小柳ゆき)/ジェヒョ(ROOMMATES)
7.君はどこに(Japanese Version)/テイル(ROOMMATES)
8.君が好き(原曲:清水翔太)/テイル(ROOMMATES)
9.OgeulOgeul/パクキョン(ROOMMATES)
10.自責の念 with ジェヒョ/パクキョン(ROOMMATES)
11.Make It Rain/BASTARZ
12.チャーリー・チャップリン(Japanese Version)/BASTARZ
13.That’s Right /BASTARZ
14.品行Zero(Japanese Version)/BASTARZ
15.YOU/ビボム+ピオ
16.痛くない/ユグォン
17.前前前世(原曲:RADWIMPS)/ユグォン
18.I am you, you are me/ジコ
19.亀甲船+Okey Dokey/ジコ
20.言ってよYes Or No/ジコ
21.NICE DAY(Japanese Version)+NolinA(Japanese Version)+Very Good(Japanese Version)/Block B
アンコール
22.MOVIE’S OVER(Japanese Version) ※7月6日、8日、9日のみ
□Block B JAPAN OFFICIAL SITE:http://www.block-b.jp/

人気記事 おすすめ記事