韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年4月26日13時05分 金曜日 アミューズ・ミュージカルシアター4/25にオープン、『カフェ・イン』のプレスコールに水田航生&石田ニコルも登壇!(1/2)

20130426_cafein_04
アミューズ・ミュージカルシアターが4/25にオープンし、Kミュージカルの聖地が六本木に誕生した。オープニングを飾った『カフェ・イン』のプレスコールが、初日の開演前に行われたのでレポでお届け!

今回の『カフェ・イン』のキャストとなる韓国を代表するミュージカル女優のユン・コンジュ(『シカゴ』、『ラ・マンチャの男』など)、キム・ドヒョン(『王になった男』など)、そして日本からアミューズ所属で『ミュージカル・テニスの王子様』や『タンブリング』での舞台経験もあり、韓国ドラマ『となりの美男<イケメン>』に出演の水田航生と、ファッションモデルとして活躍中で、昨年はミュージカル『RENT』でミミ役に挑戦した石田ニコルも駆けつけ日韓ミュージカル俳優のご対面となった。

プレスコールでは、『カフェ・イン』の中での代表曲3曲が披露され、ユン・コンジュ&キム・ドヒョンの美しい声で魅力ある舞台を披露した。
その後、まずは、水田航生と石田ニコルが登壇。

水田航生は、「僕は3か月間韓国にいて、韓国のミュージカルを滞在時に4本ぐらい見させていただいたんですけれど、なんかこうやって日本で見る場所ができるというのが素晴らしくって、カフェインという作品もさっき3曲しか見ていないんですけど、続きが気になるっていうか、早く本編も見たいなと思います。」と早く本編を見たいとワクワクした様子。

20130426_cafein_03

石田ニコルは、「今日、初めて韓国の舞台というものをみたんですけれど、ほんと面白かったですし、思わずクスッと笑ってしまいました。」と感想を述べた。

『カフェ・イン』のキャストとなる、ユン・コンジュとキム・ドヒョンが登場すると、水田航生と石田ニコルから花束が贈られた。

ふたりは、それぞれ
ユン・コンジュ
「こんにちは。韓国からきたミュージカル俳優のユン・コンジュです。みなさんお会いできて、大変うれしく思っています。」

キム・ドヒョン
「韓国でストレートプレイとミュージカルの両方を演っています、キム・ドヒョンと申します。お会いできてうれしいです。」
と挨拶。

司会者から、
「『カフェ・イン』は出演者がお2人だけのミュージカルですが、二人芝居ならではのむずかしさや醍醐味がありますか?」

ユン・コンジュ
「ふたりだけなので、この大きい舞台や空間、客席を埋めるのはとても大変で、それが苦労ではあるのですが、逆にふたりだけで2時間近いお芝居を引っ張っていく時に、ぴったり呼吸があったりすると、どんな作品よりもうれしさや感動が大きいので、とてもやりがいがあります。」と二人芝居についてコメント。

司会者から、
「キムさんは、ひとりで2役を演じています。どのように演じ分けしているのでしょうか? しぐさや言葉遣い、これから見る方に注目するところなどあれば教えてください。」

20130426_cafein_01キム・ドヒョン
「2役とのご紹介がありましたが、実際は付け歯をつけているジミンのもうひとつの姿があるので、3つの役を演じているとも言えます。ただ、今回はジミンが本来の姿でいる時と、少し変装をして違う姿を見せたところ、そこに焦点を絞って演出と相談しながら、その差を出していくことで役を演じるようにしていました。」
(つづく)→次頁へ(水田航生からの質問は?)

平日:SS席7,800円/S席6,800円/学割(S席対象)5,000円
土日祝日:SS席8,800円/S席7,800円/学割(S席対象)5,000円
サンキューチケット:後方両サイド席:3,900円
テハンノシート:両サイド見切れ席:3,000円(当日券のみ)

そして、ミュージカル好きにはたまらない、何回でも、何度でも公演を見る事ができる、劇場としては初の年間パスポート(アミューズ・ミュージカルシアタープレミアムパス)を販売。50名様(先着順)なので、お早めにチェックを!(詳細は公式HPへ)

【カフェ・イン公演概要】
日程:2013年4月25日(木)~5月19日(日)
公演数:28公演
公演時間:100分(休憩なし)
会場:アミューズ・ミュージカルシアター
主催:テレビ朝日/アミューズ/トリックスターエンターテインメント
後援:駐日韓国大使館 韓国文化院/BS朝日
企画・制作:アミューズ
協力:CJ E&M

人気記事 おすすめ記事