韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2011年10月4日16時14分 火曜日 韓国映画界の名優ソル・ギョングと吉高由里子、映画「カメリア」舞台挨拶 ノーカット動画!

(c)2010 BALCON/SIDUS FNH

(c)2010 BALCON/SIDUS FNH

10月3日、新宿バルト9で、釜山国際映画祭のクロージング作品、映画『カメリア』の試写会舞台挨拶が行われました。
舞台挨拶には、吉高由里子さん、ソル・ギョングさん、行定勲監督が登場。
『カメリア』は、オムニバス形式の映画で、舞台は韓国・釜山、テーマは「愛」という条件のもと、参加した日本、タイ、韓国の3人の監督がそれぞれ作品を製作。
タイのウィシット・サーサナティアン監督「IRON PUSSY(アイアン・プッシー)」、行定監督の「Kamome(カモメ)」、韓国のチャン・ジュナン監督の「LOVE FOR SALE」の3篇のオムニバス映画。
「IRON PUSSY(アイアン・プッシー)」は、キム・ミンジュン、「LOVE FOR SALE」は、カン・ドンウォンソン・ヘギョというトップスターの出演作品です。
そのうち、舞台挨拶を行った、吉高由里子ソル・ギョングは、行定監督の「Kamome(カモメ)」に出演。
「Kamome(カモメ)」は、映画をこよなく愛する昔気質の撮影監督(ソル・ギョング)が、不思議な少女(吉高由里子)と出会い、ほのかな恋心を抱いていく…というラブストーリー。

ソル・ギョングは、映画「シルミド」「オアシス」「力道山」などに出演し、数々の男優賞などを受賞したことのある韓国の映画界の名優。
トップスターソン・ユナと電撃結婚して話題にもなりましたね。

行定勲監督は、韓国映画で一番好きな作品が「オアシス」で、「まさか自分の映画の中にソル・ギョングがいるっていうのが今でも信じられないくらいの出来事だ」と話してました。

吉高由里子さんも、「尊敬できる役者さんで、とてもすてきな方」と心酔していて、「本当にソル・ギョングさんを皆さんに是非紹介したかったと話し、ギョングさんだけの時間軸があって、そこに私もお邪魔したかんじで、お湯につかった気分になるような方だなと思いました。この舞台挨拶のあとにお食事にいくのが楽しみ」とあどけない笑顔で話していたのが印象的でした。

ソルギョングは、吉高由里子を「最初の印象は、中学生くらいかと思ったけど、モニターに現れた吉高さんは、成熟した女性が映し出されて驚きました。掃除機のようなすさまじい吸引力を持った女優さんです」と賞賛。

3人の監督が釜山を舞台に撮ったオムニバス映画『カメリア』はも10月22日(土)より日本で公開されます!

詳しくは→ 『カメリア』オフィシャルサイト
配給:東映 
上映時間:2時間23分
10/22より、新宿バルト9他ロードショー
(c)2010 BALCON/SIDUS FNH

舞台挨拶の内容は、ノーカットですので、是非、こちらをじっくりご覧ください!

★映画「カメリア」ソル・ギョング、吉高由里子、行定勲監督 舞台挨拶ノーカット版 1/2

★映画「カメリア」ソル・ギョング、吉高由里子、行定勲監督 舞台挨拶ノーカット版 2/2

シルミド / SILMIDO [DVD]

力道山 デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]

蛇にピアス [DVD]

人気記事 おすすめ記事