韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年10月3日04時01分 木曜日 【写真】CNBLUE、初ドキュメンタリー映画『The Story of CNBLUE/NEVER STOP』 公開決定! リリースイベントで発表(レポ到着)! (2/2)

ニューアルバム「What’s turns you on?」」リリース記念プレミアム・イベント(2/2)

CNBLUE_1002DIFFER02.jpeg
●MC:昨日もライブをやったんですよね。
ミンヒョク:はい。昨日、僕たちが日本で初めてライブをやったライブハウス・渋谷サイクロンでやった150人限定のシークレットライブの映像も入っています。
●MC:そのライブの模様も楽しみですし、ワールドツアーにもずっとついて行って、オフのメンバーも映っているんですよね
ヨンファ:ワールドツアーにも同行しているんですが、これは本当におもしろいです。これが本当の自分たちなので。
●MC:映画のなかで、ジョンシンが何かを披露しているって?
ジョンシン:僕たちの家に撮影が入った日がちょうど僕が料理当番だったので。
料理シーンがみられますよ。
メンバー:そこ使わない!カット!カット!(笑)
ジョンシン:でもほんと僕たちの本当のプライベートな部分が写っているのでこわいです。
●MC:ミンヒョクはどうでした?深刻な話をしているところも入ってるんだよね?
ミンヒョク:ライブ前の緊張している姿やライブ後のほっとした様子など切り替えやいろんな顔ががみれると思います。
ひとつ気になっているのは、リハーサルのとき、僕がちょっと機嫌が悪い時にカメラが回っていたのでつい「撮らないで」って言っちゃったんだけど
そこも使われてるのか心配です…。
メンバー:100%使ってる!絶対使うよ!(笑)
CNBLUE_1002DIFFER_YH.jpegCNBLUE_1002DIFFER_JH.jpegCNBLUE_1002DIFFER_MH.jpegCNBLUE_1002DIFFER_JS.jpeg
(完) ←前頁(1/2)へ
CNBLUE(シーエヌブルー)プロフィール
ジョン・ヨンファ(ギターヴォーカル)、イ・ジョンヒョン(ギターヴォーカル)、カン・ミンヒョク(ドラムス)、イ・ジョンシン(ベース)の韓国出身ツインギター&ボーカルバンド。CNBLUEの名前の由来は「CDDE NAME BLUE」。
2009年6月から半年間、バンド文化が根付く日本で経験を積みたいと、「音楽武者修行」のために来日し、ライブハウスやストリートで100回以上目標に音楽活動を行う。2009年8月、ミニアルバム 『Now or Never』 でインディーズ (日本) CDデビュー。リリースライブのチケットは、発売と同時に即日完売。インディーズ・セカンドフルアルバム 「392」はオリコンインディーズチャート1位を記録。インディーズアーティストながら横浜アリーナ公演も成功をおさめた。韓国では、2010年1月にミニアルバム 『Bluetory』 でメジャーデビュー。 デビュー作から発表する作品すべてがミュージックチャート1位を獲得、満を持して2011年10月19日に日本メジャーデビューシングル 「In My Head」 をリリースし、10万枚を超える大ヒットを記録。12月には代々木第一体育館公演を含む、全国4か所のツアーも大成功に終わり、年末のrockin’ on presents COUNTDOWN JAPAN 11/12 にも韓国アーティストとして初出演を果たす。2012年2月に発売したセカンドシングル 「Where you are」 はオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。これは41年1ヵ月ぶりの海外バンドによるシングルランキング首位獲得の快挙となった。2013年に入ると、韓国のバンドとしては初めてワールドツアーが決定。世界中の音楽ファンにその実力を披露、今後ヨーロッパ、北米での開催が控えている。一方日本ではROCK IN JAPAN FES 2013、SUMMER SONIC 2013というアジア最大級の2つの夏フェスへ初参戦。ファンのみならず、初めて彼らの音楽に触れた観客をも魅了した。さらに活躍の場は音楽だけでなく、テレビドラマの出演など常に新しい分野にもチャレンジしているヨンファが出演した「美男<イケメン>ですね」をはじめ、日本でもテレビドラマから獲得したファンも多く、幅広い客層から愛されている。

『The Story of CNBLUE/NEVER STOP』[Introduction]
彼らはまだ走り出したにすぎない…
2009年6月―青い空の向こうの国、韓国から東京に4人の若者が降り立った。目的は多様なバンド文化が進んでいる日本での音楽武者修行だった。毎日のように楽器とアンプを引っ張り路上に立っては、わずかな観客を前に熱唱し、小さなライブハウスを駆け回わった音楽漬けの日々。―果たして自分たちの音楽は受け入れられるのか― そんな不安を抱えつつも、彼らは必死で自らが信じる音楽を追求し続けた。「いい音を届けたい」――ただその信念を胸に、正真正銘のロックバンドへ覚醒し始めているCNBLUE。
2013年、韓国出身のバンドとして初のワールドツアーをスタート。シドニー、メルボルン、シンガポール、北京、上海、広州、香港、台北、マニラ、クアラルンプールなどで世界中の音楽ファンを虜にする。日本国内でもROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013、SUMMER SONIC 2013というアジア最大級の夏フェスに初参戦し、世界の名だたるアーティストの仲間入りを果たした。そして今なお、「ライブで勝負していきたい」という原点である言葉通り、「音」で聴く側を魅了し続けている。
本作はCNBLUEの全てを綴ったボーダーレス・ドキュメンタリー!世界各地の貴重なワールドツアーの映像や、カメラが初めて入ったソウルの合宿所、ヨンファの寝室など、プライベートにも完全密着。さらにCNBLUEの出発点である渋谷のライブハウスでのシークレットライブに同行。インディーズ時代の音楽仲間を前に、自分たちの過去と現在、未来への熱き想いをぶつける4人の姿を、カメラが捉える…!
監督は、韓国出身のドキュメンタリー映像作家、田容承(ジョン・ヨンスン)。日本で20年に渡り、NHKスペシャルや情熱大陸などの作品を手掛け、数々の賞を受賞。対象となる人物に真摯に向き合う独特の目線によって、CNBLUEの素顔がどのように描かれるのか…。
タイトル:『The Story of CNBLUE/NEVER STOP』  
2014年1月17日(金)より全国公開!
配給:東宝映像事業部
©2013「NEVER STOP」製作委員会
出演:CNBLUE/ジョン・ヨンファ、イ・ジョンヒョン、カン・ミンヒョク、イ・ジョンシン
監督:田容承
<映画公式サイト>
http://cnblue-movie.jp/
Twitter:https://twitter.com/cnblue_movie
Facebook:https://www.facebook.com/cnbluemovie
【RELEASE】
LIVE DVD & Blu-ray「Zepp Tour 2013 ~Lady~ @Zepp Tokyo」10月2日(水) Release 通常盤 WPBL-90255 / ¥4,830 (tax in)
【NEWS】
11月1日のさいたまスーパーアリーナ公演を皮切りに全国5会場8公演のアリーナツアーが決定!
→詳細は公式HP(http://cnblue-official.jp)NEWSをご参照下さい。
【写真】CNBLUE、初ドキュメンタリー映画公開決定! 『The Story of CNBLUE/NEVER STOP』 リリースイベントで発表(レポ到着)!(1/2)
【写真】CNBLUE、初ドキュメンタリー映画公開決定! 『The Story of CNBLUE/NEVER STOP』 リリースイベントで発表(レポ到着)!(2/2)
【関連記事】
1.【読者レポ】「CNBLUE Zepp Tour 2013 ~Lady~」Zepp東京公演レポ1(1/2)
2.【読者レポ】「CNBLUE Zepp Tour 2013 ~Lady~」Zepp東京公演レポ2(2/2)
CNBLUE高い評価を受けて、「幸福分かち合い人賞」を受賞
CNBLUE、デビュー以来 初写真集発売!オーストラリアオールロケ
【読者レポ】『SUMMER SONIC2013』FTISLAND&CNBLUEレポ1(CNBLUE編)
CNBLUE、日本の2ndアルバムは全自作曲で28日にリリース、日本のHMV韓国・アジア予約チャート1位
CNBLUE ヨンファ、自作曲「Lady」着うた月間ランキング1位、着うたフルでもオレのことスキでしょのOST1位
『ROCK IN JAPAN FES 2013』にCNBLUE出演決定!サマソニに続き野外夏フェアへ!ひたちなかへGO
2013CNBLUE BLUE MOON in Seoul セットリスト
CNBLUE BLUE MOON WORLD TOUR LIVE IN SEOUL でパワフルなステージを披露
1.CNBLUE「韓国バンド初のワールドツアーに自分たちも驚いた」《香港記者会見 一問一答》(1/2)
2.CNBLUE「韓国バンド初のワールドツアーに自分たちも驚いた」《香港記者会見 一問一答》(2/2)
★【読者レポ】CNBLUEオフィシャルファンミーティング2013~Welcome to BOICE JAPANⅢ~in東京国際フォーラム(1/2
★【読者レポ】CNBLUEオフィシャルファンミーティング2013~Welcome to BOICE JAPANⅢ~in東京国際フォーラム(2/2)
《CNBLUE「BLUE NIGHT」ソウルライブ記事一覧》
1.2012 CNBLUE Live「BLUE NIGHT」in Seoulレポ(1/3)
2.2012 CNBLUE Live「BLUE NIGHT」in Seoulレポ(2/3)
3.2012 CNBLUE Live「BLUE NIGHT」in Seoulレポ(3/3)
4.2012 CNBLUE Live「BLUE NIGHT」in Seoulセットリスト(12/15)
【CNBLUEアリーナツアーinさいたま記事】
「CNBLUE Arena Tour 2012~COME ON!!!~」さいたまスーパーアリーナレポ(1/3)
「CNBLUE Arena Tour 2012~COME ON!!!~」さいたまスーパーアリーナレポ(2/3)
「CNBLUE Arena Tour 2012~COME ON!!!~」さいたまスーパーアリーナレポ(3/3)
「CNBLUE Arena Tour 2012~COME ON!!!~」さいたまスーパーアリーナ セットリスト(10/20.21)
【関連記事】
CNBLUEイ・ジョンシン、KBS2新ドラマ「剣と花」にキャスティング決定!
CNBLUEは、国際救護団体飢餓対策広報大使に!
CNBLUEのヨンファ、イ・ミンホとパク・シネとの共演予定だったSBS「相続者たち」出演をキャンセル
CNBLUEヨンファ、キム・ウンスク作家『相続人』で2年ぶりに俳優復帰、共演は、パク・シネ&イ・ミンホ!
CNBLUEヨンファ、アフリカに寄付で設立した学校に自作曲で校歌をプレゼント
CNBLUEヨンファ、東方神起ユノからも曲の依頼を受ける程の作曲の実力
CNBLUE、地上波カムバックステージ、生演奏で!ヨンファの自作曲の新曲「I’m sorry」14日公開
CNBLUE、韓国農水産食品流通公社K-FOODの広報大使に抜てき
CNBLUEヨンファの「オレのことスキでしょ。」がK-POP OSTの携帯電話の着信音年間チャートの1位!2位チャン・グンソクの「ラブレイン」
CNBLUEヨンファとBEASTギグァンが12/9のSBS “人気歌謡”のスペシャルMCに!
CNBLUE、韓国単独コンサート「2012CNBLUE LIVE BLUE NIGHT IN SEOUL」が10分で完売
CNBLUE チョン・ヨンファの自作曲「Have A Good Night」、アメリカの朝のテレビニュースに登場!
CNBLUEが12月15,16日に韓国で単独コンサートが決定!
CNBLUEジョンヒョンがスーパージュニアのギュヒョンの人脈である”ギュ・ライン”に強制的スカウトされた理由は…

CNBLUEジョンヒョン「ドラマで知名度はアップ、それでもヨンファは絶対権力」
CNBLUEイ・ジョンヒョン、『紳士の品格』OST曲「僕の愛」がチャートを席巻
CNBLUEのチョン・ヨンファがSBS「紳士の品格」に7/7にカメオで出演
CNBLUE、初ロンドン単独公演に4000人が熱狂、アンコールステージでは、ジョンシンの誕生日祝いも
CNBLUE LIVE in London セットリスト(2012.9.22)
CNBLUE、演技も “甲”である理由 ~メンバー全員の演技の評価が高い理由は…CNBLUEジョンシン、新ドラマ会見で「ヨンファ兄さんがたくさん演技の助けをしてくれて…」
CNBLUEのヨンファ&パク・シネ主演「オレのことスキでしょ。」オフィシャルファンミーティング、大盛況!
アイドル100人に問う「部門別の最高は誰?」(スポーツソウルの創刊27周年アンケート) 最高ヨンギドル(演技の上手いアイドル)は、パク・ユチョン、TOP、スジ!
CNBLUEカン・ミニョク、イ・ジョンヒョン、JYJユチョン、ジェジュン、少女時代ユナ、2PMテギョンに続く新ヨンギ(演技)ドルに!
CNBLUEジョンヒョンが「ELLE girl」のインタビューで、「メンバー弟達のおかげで部屋がきれい」
【フォト】「LOVE-1 FESTIVAL SEASON2」 CNBLUE編 ギャラリー
What turns you on?(初回限定盤A)

What turns you on?(初回限定盤B)

人気記事 おすすめ記事