韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年1月14日10時49分 月曜日 CNBLUE、地上波カムバックステージ、生演奏で!ヨンファの自作曲の新曲「I’m sorry」14日公開

CNBLUEが鮮やかなライブステージを通じてファンたちと初めての出会いを持つ。

14日、所属事務所FNCエンターテイメントは「CNBLUEは、今週の地上波カムバックステージを生ライブにする計画だ。地上波3社のうち2大放送局はライブサウンドを実現するために、事前録画が確定され、残りも協議中だ」と伝えた。

CNBLUEをはじめとするバンドは、放送出演時のライブステージを披露しにくかった。
ギリギリの収録時間と音響設備の機材の理由で、ライブステージに対する渇望が大きかったのが事実。
これをCNBLUEは今回のカムバックステージのために音響設備と舞台設置費用を負担するなど格別な真心を注いだことが分かった。これまで自分の歌だけでなく、先輩たちの歌や他のバンドの曲をカバーする時も放送環境上、今年のライブ演奏を見せてられなくて、いつも惜しい思いをしたCNBLUEのメンバーは、今回のステージを通じてすべての物足りなさを吹き飛ばす覚悟だ。

所属事務所側は「メンバーたちの意思とは関係なく、どうしようもない放送環境の制約のためにハンドシンクの誤解を受けて、その間の気苦労をしたことは事実。今回のカムバックステージを通じて生ライブの渇望を解消できると期待している」と伝えた。

引き続き「多くの海外、韓国内のコンサートツアーで従来どおり、今後の放送でも、より多くのライブステージを見せてくれる計画だ」と明らかにした。

一方チョン·ヨンファの自作曲で話題を集めたCNBLUEの新曲”I’m sorry”は14日、正午公開される(TV daily)

韓国の放送局の歌番組では、生演奏でステージを飾るというのがなかなか、難しい環境だったので、バンドとしてジレンマもたくさんあったと思います。こういうキッカケで、放送局の歌番組でのバンドのステージも、改善されていけばいいですね。

そして、韓国で初のタイトル曲を飾るヨンファ曲楽しみですね。

人気記事 おすすめ記事