韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年10月4日15時08分 木曜日 【レポ】“韓国ミュージカル界のプリンス”イ・ジフン、ソン・ジュンホ、ミン・ウヒョク、チョン・ドンソク『ファンタスティック・ミュージカルコンサート2018』~圧倒的な歌声で魅了!ダンスやお姫様抱っこまで!(1/2)

9月22日(土)東京国際フォーラム ホールCにて、韓国ミュージカル界のトップに君臨する名優、イ・ジフン、ソン・ジュンホ、ミン・ウヒョク、チョン・ドンソクの4人が繰り広げる『ファンタスティック・ミュージカルコンサート2018』が開催された。

韓国ミュージカル界で重要な作品の主人公として活躍している4人は、秀でた歌唱力と演技力のみでなく、女心を掴むルックスで“ミュージカル界のプリンス”と呼ばれており、これまで多くのミュージカルで共演し熱い友情を築いてきた。今回の東京公演では、観客を圧倒する歌声と個々の魅力溢れるトークで会場を楽しませた。

この公演の夜公演の模様をお届けします!

【レポ】『ファンタスティック・ミュージカルコンサート2018』 at 東京国際フォーラム ホールC(夜公演)(1/2)

黒いフォーマルなスーツで登場すると、オープニング曲『明日への階段(皇太子ルドルフ)』は4人での卓越したハーモニーで魅せ、続くソン・ジュンホのソロステージでは『見果てぬ夢(ラ・マンチャの男)』『時が来た(ジキル&ハイド)』の2曲を披露した。

そして、チョン・ドンソクのソロステージヘ。『カテドラルの時代(ノートルダム・ド・パリ)』と『君は彼の元へ(ファントム)』の2曲を歌うと、さらに、「大好きな俳優でもあり、仲良しの先輩」だというジュンホと『闇が広がる(エリザベート)』を披露した。
今度は「ジフン先輩と日本で共演できるのが夢のよう」というミン・ウヒョクが『奴の心の中へ(デスノート)』でイ・ジフンと2人でのステージを見せ、ソロでは『Loving You Keeps Me Alive(ドラキュラ)』、『君の夢の中で(フランケンシュタイン)』の2曲を披露。
最後はジフンが『影を逃がれて(モーツァル)』『The Soul Of a Man(キンキーブーツ)』で会場を盛り上げた。
そして再び4人全員が揃うと、『Belle(ノートルダム・ド・パリ)』で圧倒的な歌声を見せつけ、第1部のラストを締めくくった。

第2部では、カジュアルな衣装に着替えた4人が登場。『Time To Say Good Bye』を歌うと、その迫力に観客も息を呑む。
さらにドンソクによる『魔王』のステージでは、情景が絵に浮かぶような豊かな表現力で会場を圧倒。続けてウヒョクが2003年に韓国デビューしたという中西保志のカバー曲『最後の雨』を日本語で歌い、最後のサビの部分だけは韓国語で歌うという巧みな技を披露。

そして、ジフン、ジュンホ、ドンソクの3名も合流し、ステージに4人が再び揃うと、改めて、「みなさん、こんばんは~!」と声を揃えて挨拶。
最初は名前だけの簡単な自己紹介をしていた4人だったが、ジュンホの「アイドルのように『がんばります!』みたいな覚悟を見せる挨拶をしてみましょうよ。」という提案で、再び自己紹介。
SUPER JUNIORのような手を前に出すポーズで「ムードメーカー担当のソン・ジュンホです!」とまずはジュンホが声を上げると、「僕はパワー担当のミン・ウヒョクです!」とウヒョク。
ドンソクは悩みながら「僕は…クラシック担当のチョン・ドンソクです。」と続くと、末っ子ということで、他のメンバーからの愛嬌の要求。これに応えて愛嬌を披露すると、他のメンバーもやりたかったようで、愛嬌を連発。最後は「セクシー担当のイ・ジフンです!」とジフンが高らかに声を張り上げ、会場からは大きな拍手。

(つづく)→次頁

人気記事 おすすめ記事