韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2012年11月26日16時38分 月曜日 ジュンス率いる「FC MEN JAPANドリームマッチ~in YOKOHAMA」その1~ライブ編レポ~

20121123_fcmen_12

2012年11月23日(金)横浜・日産スタジアムでキム・ジュンス(JYJ)率いる韓国芸能人サッカーチーム「FC MEN」と日本のサッカー好き芸人チーム「FC JAPAN ALL TALENTS」による「FC MEN JAPANドリームマッチ~in YOKOHAMA」が開催された。
FC MEN JAPANドリームマッチ~in YOKOHAMA vol.2、4月に国立競技場で行われたサッカーの第二弾である。

キム・ジュンス率いるサッカーチームFC MEN vs FC JAPAN ALL TALENTSの試合は、悪天候にもかかわらず、観客動員数28,564人となった。観客は、FC MEN所属の団長であるジュンス、キム・ヒョンジュン(リダ)のファンのほか、ソ・ジソク、イ・ワン、ヒョヌ、イ・サンヨプ、大国男児、JUNOら日本でもおなじみの俳優や歌手の応援にかけつけた。

朝から降り続く小雨、身を切るような寒さを吹き飛ばす熱い声援とクリスタルに輝くペンライトの光に会場全体が包まれた。

開会セレモニーでは横浜市児童養護施設の子供たち100人を無料招待した事で横浜市からジュンスに表彰状が贈られた。
また、ジュンスより一般社団法人松田直樹メモリアル代表理事 安永氏へAEDを授与、安永氏からはジュンスへAED普及プロジェクトリストバンドを授与。
さらに韓国スウォンサムスン球団代表イ・ソクミョンよりFC JAPAN ALL TALENTS荒武氏へ感謝状授与があった。

「FC MEN JAPANドリームマッチ~in YOKOHAMA」その1~ライブ編レポ~

20121123_fcmen_114今回はK-POP KIZUNA CONCERTということで、サッカー試合の前に豪華ラインナップでライブが開かれた。
司会は前回同様 、韓流Mpostハングル講座でおなじみの金景太氏、そして川原みなみさん。

20121123_fcmen_03

トップバッター大国男児は上下黒の衣装で足元濡れている中、オープニングを飾ったのは、「Love Power」軽快なリズムで華々しくスタート。
インタビューでは日本に住んで二年経つが毎日楽しい…牛丼、たこ焼きが好き、新しいシングル出るので楽しみにして下さい…とコメント。ヒット曲「Love Parade」「いけない1.2.3」「本気Magic」の全4曲を披露した。

続く新人女性グループNepは寒さに負けずミニスカートやミニパンツ。甘く可愛い声でセクシーダンスを披露。メンバーの一人が体調不良で出演出来ず三人のステージ。

20121123_fcmen_04そしてお次はFC MEN監督のユン・サンヒョン。
甘く伸びのある声で、大ヒットドラマのOST「シークレットガーデン」の名曲『Here I am』などを歌い、会場は、皆うっとり。
ユン・サンヒョン~の掛け声もあり、曲の途中で会場から拍手。
「横浜スタジアム本当に来たかったです。大きなステージで歌うのは初めてだったのですが本当に気持ちいいですね。これからも歌手も役者も両方やっていきます」とコメント。最後は好きでいつもよく歌っているというミスチルの曲「擬態」を会場の手拍子と共に力強く歌う。

20121123_fcmen_05さらにお次は真矢十神貴イリュージョンによりジュノ登場。
素肌に黒の光沢あるスーツ、赤いスカーフをアクセントに赤いブーツと右手のみ赤いグローブでとってもセクシー(笑)。
今回出演者の中で唯一ステージ端から端へ移動し、左右の観客に明るくキュートな笑顔を見せる。
いつの間にか薄暗くなった会場にペンライトが美しく光りジュノを照らす。
「ステージよりイリュージョンの方が緊張しました(笑)。
カッコ良かったかどうか心配です。(→カッコ良かったですよねーと司会者)
これからも俳優の仕事も頑張っていきたいと思いますので宜しくお願いします」とコメント。

お次はM.E.N。
4月国立競技場でもステージに上がった彼等だが、今回はビートの効いた曲、バラード、キュートなダンス曲等4曲披露。
ステージ花火も上がり迫力の演出。
日本でファンクラブも発足、掛け声も多くなっていた。
ステージ前のフィールドに、FC MENのメンバーが降りてきて、M.E.Nの応援で、仲間にかけ声と歓声をあげて盛り上げていた。
大国男児カラム、キム・ヒョンジュン(リダ)なども、ライブ観戦にフィールドに集まっていた。

「二回目で気持ちは、違ったか?」という質問に「前回は緊張して覚えていないが、今日は忘れないように日記に書きます。来年春が来る前にアルバム出します」とコメント。

20121123_fcmen_10

そしていよいよ本日のトリとなった、ジュンス!スタート曲は、「No Gain」。
ジェジュン作詞作曲の「No Gain」を選んだのは、JYJファンの気持ちやジェジュンの気持ちを持ってきたのかな。
本当に、素晴らしいステージで、見事!
さっきまで、白いペンライトで一面だったスタンドが赤いペンライトに多数切り替わり、カラフルに彩られる中、幻想のように浮き上がりキレのあるダンスと最高の歌声で皆を虜にした。

ジュンス「皆さんこんにちは。皆さん元気でしたか?…元気でした?日本のステージから皆さんに会うことが出来て本当に嬉しいです。今日ちょっと雨で寒いんですけど、皆さんたくさん来て頂いて有難うございます。このステージ後からサッカーもあるんで皆さん最後まで楽しんで下さい。有難うございます!」20121123_fcmen_09
司会「皆さんの大声援聞こえましたでしょうか?」
ジュンス「嬉しいですね、はい」
司会「やはり大声援の中で歌うのは気持ちがいいものですよね」
ジュンス「いいですよね、ホントに、…癒されました」
会場(笑)
会場を幸せそうに見渡すジュンスの笑顔が印象的。

韓国のミュージックアワードで三年連続受賞、改めて皆さんに気持ちを伝えていただけますか?という司会者に
ジュンス「気持ちはもう伝えたし…(笑)残念ですけど最後の曲で…。これからも今度他のステージで皆さん絶対会えると思います。待っていて下さい!」
そう一言一言大事に力強くコメントするジュンス。

20121123_fcmen_08

そして2曲目…最後の曲「TARANTALLEGRA」
ステージに、火花が上がり会場揺れる。
すべてが飲み込まれるような、うっすら残る雨の雫でさえ美しくジュエリーのように見えてくるジュンスのパフォーマンスに、会場は、息を飲み、ひきこまれている様子がわかった。

鳴り止まないジュンスコール。
そうして会場をひとつにした圧巻のステージが幕を閉じる。

歌い踊っているジュンスの表情ひとつひとつが、やはりトップを走る人は違うと思わせるステージオーラをキラキラ発していた。
たった、2曲だったけど、日本で歌えたことは、ジュンスにとって感慨深いものだったと思う。

そして、本番のサッカーへと続く。
(つづく)→サッカー前半
セットリスト

人気記事 おすすめ記事