韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年10月12日02時31分 金曜日 【レポ&動画】9つの魅力を持った“gugudan”(ググダン)日本初ショーケース『gugudan 1st Showcase & Fanmeeting “Dear Friend”』~「日本のたこ焼きがすごく食べたかった」(1/2)

「9つの魅力を持った9人の少女たちが集まった劇団」という意味を持つgugudanは、他のガールズグループには見られなかった“劇団”という新鮮なコンセプトを掲げ、「パフォーマンスを通して舞台の上で1つの劇をするアイドルグループ」という挑戦をした異色のガールズグループ。
そのgugudanが満を持して、9月21日(金)マイナビBLITZ AKASAKAにて日本初となるショーケース『gugudan 1st Showcase & Fanmeeting “Dear Friend”』を開催し、会場にはマスコミとDear Friend(gugudanのファンクラブ)会員が無料で招待された。

この模様を動画とレポでお届けします!

【レポ&動画】『gugudan 1st Showcase & Fanmeeting “Dear Friend”』 at マイナビBLITZ AKASAKA(1/2)

MCのNICE73に呼び込まれ、今回は欠席のHYEYEON(ヘヨン)を除く8人のgugudanのメンバーが登場すると、まずは「Stand by cue!こんにちは、gugudanで~す!」と全員で挨拶。
HANA(ハナ)「ヤイロチョウ(八色鳥)の魅力を担当するgugudan のHANAです。」
SOYEE(ソイ)「gugudanのかわいいSOYEEです。」
SEJEONG(セジョン)「gugudanのメインボーカル、幸せを呼ぶ三段のSEJEONGです。」
NAYOUNG(ナヨン)「gugudanのカメレオンの四段、輝くNAYOUNGです。」
HAEBIN(ヘビン)「gugudanのメインボーカル、六段のHAEBINです。」
MIMI(ミミ)「gugudanのラッキーガール、七段のMIMIです。」
SALLY(サリー)「gugudanの八段、SALLYです。」
MINA(ミナ)「gugudanのビタミン、MINAです。今日は来てくれてありがとうございます。」
と、それぞれ日本語で自己紹介すると、フォトタイムに続き、『The Boots』のステージを披露してくれることに。今回怪我を押して日本のファンのために来日してくれたSEJEONGは椅子に座っての歌唱となったが、パワフルな歌声で他のメンバーを支えていた。

そしてここからは椅子に腰掛け、質疑応答形式のトークタイムが設けられた。

―日本初のShowcaseですが、気分はいかがですか?
HANA:私たち全員が日本での活動を心待ちにしていました。今日このステージに上がる直前まで、本当に緊張していたんですが、その緊張感もとても心地のいいトキメキだった気がします。そして何よりもこんなにたくさんのメディアの方も来てくださって、本当に感謝しています。

―日本や日本のファンの印象は?
HAEBIN:私たちgugudanの公式的な初めてのイベントなので、とても緊張したんですが、みなさんが本当に温かく迎えてくださいました。ファンのみなさんはずっと前から私たちのことを待っていてくださいましたよね。本当に情熱的な応援をして下さって、ありがとうございます。そしてこれからもいつも期待して応援して下さったらうれしいです。

―日本の活動のために特別に準備していることは?
MINA:いつも待っていて下さるファンのみなさんに、いい音楽といいステージをお見せするためにたくさん努力してきました。そして、日本のファンのみなさんと直接コミュニケーションが取れるように、メンバー全員が日本語の勉強をがんばりました。

―好きな日本語、最近覚えた日本語は?
MINA:『雪』、降ってくる『雪』です。その単語がとても好きです。
SEJEONG:私は『ドキドキ』しか知らなかったんですが、今回『ワクワク』を習いました。似たような意味なんですが、『ワクワク』のほうがもっと心に響くな、と思いました。それから、ちょっと変わった日本語を習ったんですが、『ほんまに』です。
HANA:私の名前がHANAなので、日本語の勉強をする時に、J-POPもよく聴いていたんですが、『♪世界に一つだけの花~』(と歌いながら)、この歌がとても好きです。

―gugudanはどんなグループ?
SEJEONG:私たち『gugudan』は、9つの魅力を持った9人の少女が集まった劇団、という意味があります。それだけに、作品によってカメレオンのように自分たちを変えることができる魅力を持っていると思います。今後お見せするたくさんの作品を期待してください。

―たくさんの人から愛されるgugudanの魅力とは?
MIMI:最初の挨拶でもご紹介したように、一段から九段まであります。それほど、個々の魅力が多様だと思います。そしてその9人のカラーがひとつになった時に、どんな色をお見せできるか、みなさんが気になるようにさせるのが私たちの魅力だと思います。

―個人のシンボルマークとその意味は?
HANA:私はシンボルマークが“花”なんですけど、gugudanで花のように華やかな人になる、という意味もありますし、HANAが日本語で『花』という意味もありますので、『花』にしました。
SOYEE:“#”のマークなんですが、gugudanをもっともっと輝かせるように、半音上げられる『#』の意味を持っています。(gugudanで一番背が高いので)平均身長を上げる、という意味も持っています。
SEJEONG:“三つ葉のクローバー”自体が『幸せ』という意味を持っているんですが、私のキャッチフレーズが『幸せを呼ぶ』なので、両方の『幸せ』の意味を合わせて、このシンボルマークが良いんじゃないかと思いました。
NAYOUNG:(シンボルマークは“光”)私の笑顔がとても明るくてかわいいんです(笑)。ですから、周りの人たちもとても気分良くさせる、という意味を込めています。
HAEBIN:“イコライザー”のシンボルマークです。私はgugudanのメインボーカルで、多様な声を持っているので、このシンボルになりました。
MIMI:“矢印”のマークです。私は七段なので、みんなを幸運の道に導く、そして美しく花咲く、という意味を込めて“矢印”にしました。
SALLY:私は中国出身なんですが、中国では“8”はすごくラッキーな数字なんです。だから八段です。
MINA:私のシンボルマークは“風車”なんですけど、みなさんに涼しい風のような爽やかさをお届けしたいという意味があります。
※シンボルマークはコチラを参照⇒https://youtu.be/mMtm-VMubh8

―9月19日に発売した来日記念盤『Stand by』を紹介してください。
HAEBIN:これまで私たちは、『Act.1』~『Act.4』まで多様なコンセプトのアルバムを出したんですが、その中のタイトル曲が全て収録されています。このアルバムで、gugudanの音楽的な色を多様に感じられるんじゃないかと思います。
NAYOUNG:まず、『Wonderland』という曲は、gugudanならではの爽やかさを感じていただけると思います。そして『A Girl Like Me』という曲は、名画『ナルシス』をモチーフにした曲です。gugudanならではの堂々とした姿を感じていただけると思います。
SOYEE:そして『Chococo』という曲があるんですが、映画『チャーリーとチョコレート工場』をモチーフにした曲です。gugudanならではの弾けるような魅力を見ていただけると思います。そして『The Boots』という曲は、これまでとはちょっとイメージを変えた曲なんですけど、gugudanのこれまで見せて来なかったガールクラッシュの魅力を感じていただけるカッコいい曲です。

(つづく)→次頁

人気記事 おすすめ記事