韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2015年9月24日19時33分 木曜日 【動画&レポ】映画『二十歳』ジュノ(2PM)来日記者会見~ジュノの照れた笑顔など名場面満載!

20150923_JUNHO_0993

9月23日、東京・有楽町の東京国際フォーラムでジュノ(2PM)の初主演映画『二十歳』ジャパンプレミアム上映会が行われた。俳優として初来日したジュノ(2PM)は2回の舞台挨拶後に、記者会見を行い、俳優として今回の映画について、さらには自身のいろいろな思いも語ってくれた。

【動画&レポ】映画『二十歳』ジュノ(2PM)来日記者会見

記者会見は一部動画でお届けします!
2PMのメンバーに対する思いや、年下の女性からのアプローチについて聞かれ、照れた笑顔を見せたり、名場面満載です!

Q.本日行った2回の舞台挨拶の感想は?
これまで2PMのジュノとして、ソロでは2年前に『キミの声』のファイナル公演でこの東京国際フォーラムのステージに立たせてもらいましたし、また昨年は『FEEL』ツアーもこの会場で行いましたが、今回は俳優として1人で先ほどステージに立ち、とてもワクワクもしましたし、ドキドキ緊張もしましたし、とても楽しかったです。

Q.漫画家志望のドンウを演じるにあたってどのような役作りをしましたか?
ドンウという人物は夢があるんですが、現実にぶつかってしまうことで、その夢を一旦諦める状況に置かれるキャラクターです。でも誰にでも夢もあるし、そしてその現実とのはざまで、葛藤して悩むということは誰にでも起こりうると思うんです。そういう意味で、ドンウの悩みというのが、僕にもよく理解できたし、また、周囲のいろんな方の話も聞きました。それで、役作りするにあたって、例えばニュースを見たり、また周囲の人たちの中で大学に進学するため、実際に学費を稼ぐためにアルバイトをしているという人もいたし、実際に大学に行くには、(韓国では)登録金という大きなお金が必要なわけですが、そういった社会的なことや、いろんな話に耳を傾けながら、また同時に僕の練習生の時の感情を思い出しながら、役作りをしていきました。

Q.映画『二十歳』の魅力は?
『二十歳』というタイトルにもあるように、二十歳の3人の友情物語でもあるんですが、社会に出たばかりのまさに初々しい二十歳の青春ドラマなんです。学校という守られた場所から出ることによって、社会の中で1つずついろんなことにチャレンジしながら、いろんな現実に突き当たっていきながら、というところが、とても魅力的だと僕は感じました。

Q.共演のキム・ウビンさん、カン・ハヌルさんとは同い年ということでとても楽しく撮影されたそうですが、撮影秘話など教えてください。
僕たち3人は本当に同い年だったので、ギクシャクした感じとか、ぎこちなさは全くありませんでした。1つ何かエピソードを選ぶのは難しいんですが、映画の中では最後のハイライトのシーン、中華料理店でのシーンがあるんですけれども、このシーンは3人の息もとてもよく合っていますし、お互いの動き、そのシナジー効果が出たシーンだと思います。とても面白く撮られていて、実際に撮影もとても楽しかったんですが、この3人が社会にこれからいざ出ようというところで、最後の大暴れをする場面で、それがとてもウィットに富んで描かれています。観ている方々にとっても、愉快でもあり、同時に3人の必死にもがいている姿が、切なくも感じられるような、そんなシーンになっていると思います。とても面白く魅力的なシーンになっていると思うので、注目してください。

Q.浪人生のドンウ、自由なチホ、オクテのギョンジェの中で自分に1番似ていると思うキャラクターは?
1人を選ぶのは本当に難しいです。僕が思うにはこの3人の姿が、それぞれ僕の中にもあると思います。
その理由は、僕の中には、ドンウのように夢と現実のはざまで、悩んで葛藤した時期もあったし、またギョンジェのように経験不足でいろんなことに不慣れで未熟だった時期もあったし、またチホのように世の中に対して、いろんな自由を夢見て、夢を探し求めていた姿も僕の中にはあるので、3人のどれか1人と似ていると言うのは難しいです。

Q.映画の公開を待っているファンのみなさんへ
僕の作品『二十歳』がついに日本で公開されることになりました。3人の友達同士の、いろいろなドタバタがある中での成長ストーリーが描かれた映画で、夢を追い求め、愛について真剣に悩む二十歳の初々しい時期が描かれています。そんな二十歳の姿がとてもウィットもあり、とても際どいセリフなんかも出てくるんですが、笑いながら楽しく観られる映画になっていますので、みなさんたくさん愛してください。

★映画『二十歳』前売券情報★
【取扱い劇場窓口】 前売券発売中 ¥1,500(税込)※当日一般¥1,800(税込)のところ
(1)劇場:東京:シネマート新宿/大阪:シネマート心斎橋/北海道:ディノシネマズ札幌劇場/青森:青森コロナシネマワールド/新潟:ユナイテッド・シネマ新潟/石川:金沢コロナシネマワールド/福井:福井コロナシネマワールド/群馬:シネマテークたかさき/茨城:シネプレックスつくば/埼玉:ユナイテッド・シネマ ウニクス南古谷/神奈川:小田原コロナシネマワールド/静岡:シネマe_RA/愛知:センチュリーシネマ、ユナイテッド・シネマ豊橋18、安城コロナシネマワールド/岐阜:大垣コロナシネマワールド/広島:福山コロナシネマワールド/熊本:シネプレックス熊本/福岡:ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13、ユナイテッド・シネマなかま16
第1弾 劇場窓口限定特典(好評発売中):ポストカードAセット(ジュノ+キム・ウビン)、ポストカードBセット(ジュノ+カン・ハヌル)
 
(2)前売券情報サイト[映画前売券のことならメイジャー]
https://www.major-j.com/info.php?f=hatachi
メイジャー限定特典:ポストカードCセット(ジュノ+カン・ハヌル)、ポストカードDセット(ポスターキーアート+キム・ウビン)
※第1弾ポストカード特典は劇場窓口はランダム配布となりますので、絵柄はお選びいただけません。
「映画前売券のことならメイジャー」サイト上では購入時に絵柄選択可能です。なお、交換は不可となりますので、ご了承ください。
 
☆9/19(土)より第2弾配布開始
(1)(2)ともに共通アイテム特典:オリジナルステッカーA(ブルー)、オリジナルステッカーB(イエロー)
 
※オリジナルステッカーは劇場窓口、メイジャー通販ともにランダム配布となります。
※前売券1枚ご購入につき、ポストカード1セットもしくはオリジナルステッカー1種をプレゼントいたします。第1弾特典、第2弾特典どちらを希望するかのみ選択可能となりますが、絵柄は選択不可です。
※先着順・数量限定。ランダム配布となります。

20150626_hatachi_poster『二十歳』
(原題:스물 製作:2015年/韓国映画 韓国公開:2015年3月25日)
【STAFF】監督・脚本:イ・ビョンホン『サニー 永遠の仲間たち』『過速スキャンダル』『タチャ-神の手-』
【CAST】ジュノ(2PM)『監視者たち』
キム・ウビン「相続者たち」「チング 永遠の絆」
カン・ハヌル「花ざかりの君たちへ」「ミセン」(原題)
【配給】NBCユニバーサル・エンターテイメント
【配給協力】アーク・フィルムズ
【公開日】2015年11月28日(土)
【劇場】シネマート新宿 シネマート心斎橋ほか全国ロードショー
【公式サイト】http://www.kandera.jp/sp/hatachi
(C)2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD. All Rights Reserved

人気記事 おすすめ記事