韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年6月21日23時31分 木曜日 【レポ】INFINITEの“L(キム・ミョンス)”、ファンとの約束を守ってセカンドソロファンミーティング『Kim Myung-Soo ~L~ 2nd Fanmeeting in Japan』を開催!(1/3)

INFINITEの“L(キム・ミョンス)”の待望のセカンドソロファンミーティング『Kim Myung-Soo ~L~ 2nd Fanmeeting in Japan』が6月5、6日にZepp Diver Cityで、6月8日にZepp Nagoyaで、6月11、12日にZepp Namba(OSAKA)で開催されました。
6日に行われたZepp Diver Cityの様子をお伝えします。

『Kim Myung-Soo ~L~ 2nd Fanmeeting in Japan』 at Zepp Diver City(6月6日)(1/3)

うっすらストライブの入ったグレーのスーツで登場したL。
オープニングは、ドラマ『君主~仮面の主人~』の挿入歌『僕じゃなくてもいい』の歌でスタート。この曲は、ドラマ『君主~仮面の主人~』の中で、ハン・ガウン(キム・ソヒョン) に対する賤民イ・ソン(L)の心を歌った曲で、叙情的なメロディーと切ない歌詞が際立つ胸に響くバラードで、会場はLの歌声に初っ端からうっとり。
歌い終えると「みなさん、お久しぶりです。みなさんの永遠の恋人Lです。」と挨拶。

衣装の話題になり「普段は、黒ばかり着ているので、白とかカラーのある色や今日のようなグレーの服は、普段着ないので、仕事のために着ているんだなぁ、とわかります。水玉のタイは、ステイリストが絶対つけて欲しいと言うので(笑)。腕まくりしているのも、ファンミーティングだからです。」と普段のスタイルとの違いを語り、笑いが起こっていた。

昨日のファンミーティングの後、スタッフから「初めてのファンミーティングの時と違ってミョンス(L)よくやっているね、リラックスしていたね。」とか「裁判官の役を演じたので話がうまくなったんじゃない?」と言われたらしく、その事をちょっぴり嬉しそうに語り、そしてなにより最初のファンミーティングの時の約束が守れたので、“ファンとのつながりも深まったのでは”という言葉に、会場から拍手が湧き起っていた。

昨日、鴨南蛮を食べた話では、「鴨よりネギ、温かいネギが一番!」と脇役のネギを絶賛(笑)。風邪を引いているけど、ちょっぴり昨日よりコンディションも良いとのことで、ネギ効果?

ここでL出演ドラマ『仮面の王 イ・ソン』のリリースの話となり、「DVDが8月17日発売されます。8月17日、覚えましたか?8月17日に発売されます。」と繰り返し笑顔で宣伝。
そして、もうひとつ韓国でJTBC月・火ドラマとして放送中の『ミス・ハンムラビ』の話では、すでに撮影が終わって6日目で、撮影後はバラエティ番組『아는형(知ってるお兄さん)』に出演たりして、終わったら緊張が解けて風邪を引いたのかもしれないと語っていた。

その後、何枚かの写真を公開。撮影の休憩時間の写真や法服での全身写真、スーツ姿にギターを抱える写真など、エピソードを話しながらファンを楽しませた。

(つづく)→次頁

人気記事 おすすめ記事