韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2017年12月22日00時40分 金曜日 【レポ】JBJ日本初ファンミーティング『JBJ 1st fan meeting ‘Come True’ in Japan』 at 豊洲PIT(2/2)

20171123_JBJ_1_0643

【レポ】『JBJ 1st fan meeting ‘Come True’ in Japan』 at 豊洲PIT(2/2)

さらに続いてのコーナーでは、アイドルとしての実力が試されることに。
歌、ダンス、それぞれで伝言ゲームをするというもので、まずはダンスから。
一番手のテヒョン以外が目隠しをして、お題のダンスが出題されると、テヒョンは見事にドンハンに伝達。その後、サンギュン、ヒョンビン辺りから雲行きが怪しくなり、ヨングクでは、ダンスが崩壊。しかしながらもカンの鋭い健太は「そのままやらなきゃダメですか?」と正解がわかっている様子だったが、伝わってきた通りに踊り、最後のキメポーズの後は「おったまげ~」まで飛び出し、会場を沸かせた。最後は全員で並んで踊り、正解を確認。会場の温かい拍手で、怪しいながらも正解ということになり、このゲームは見事クリアに。

そして続いては伝言ゲームの歌編。
お題は『天城越え』。トップバッターの健太はこぶしを回して完璧に歌い、続く、テヒョンも完璧。
しかしながら、3番目のサンギュンで狂いだし、ヨングクで何となく戻ったものの、ヒョンビンは「うまいこれ~」と歌ってしまい、最後のドンハンも「うまいこれ~」と熱唱。
正解を確認すると、最後は全員で「天城越え~」と歌い、今回も会場の温かい判定でゲームクリア。
さらに、「知っている日本の曲は?」と聞かれ、ヒョンビンがアニメの主題歌を熱唱、アニメ好きのテヒョンも負けじと歌うと、PPAPや東方神起まで飛び出し盛り上がる中、ここで準備のためメンバーは一旦ステージを後に。

MC柳原の掛け声で、会場一体となってペンライトを振る練習をした後は、VTRがスタート。
素顔のメンバーやメンバー同士でじゃれ合う様子などが映し出され、VTRでも会場が湧き上がっていた。

そしてここからは再び歌のステージへ。
ミディアムテンポのバラード『夢を見たように』で聴かせると、続いては『今日から』へ。
ファーストアルバム『FANTASY』に収録されているこの2曲については「『夢を見たように』は僕たちが今ここにいること、言ってること、見てることは夢なのかな?という曲になっています。」(健太)、「『今日から』は愛する女性が僕たちにとって今日は一日目だよ、という意味が込められている、ときめくような曲です。」(サンギュン)と説明。

そしてテヒョンから、故郷である日本でのファンミーティングということで、「どんな感じですか?」と尋ねられると、「JBJとして日本に来るのは今日が初めてなんで、ワクワクしてました、ドキドキもしてたし。こんなにたくさんの方に来ていただけると思っていなくて、まだまだ足りない部分もたくさんある僕たちなんですけれども、これからもたくさんたくさん愛していただけたらうれししいと思います。これからもよろしくお願いします。」と健太。

イベントも終盤に近付き、テヒョンは「次の舞台が残念ですけど・・・嘘です。」とイタズラすると、「次の曲は僕たちの『FANTASY』のアルバムの中のサブタイトルですよね、『Say My Name』という曲です。HIP HOPの感じで、盛り上がりましょう!」と声を上げ、『Say My Name』へ。

会場の掛け声に興奮気味のメンバーたち。テヒョンも「たくさんの愛と応援を送ってくれて、そしてまたリアクションもすごくいいリアクションでいいですよね。」とご機嫌な様子だったが、「こんな風にみなさんが僕たちのことを好きでいてくださっているので、あと何曲が歌いたいんですけれども、残念ながら、あと1曲で最後の曲になります。」と残念なお知らせ。
健太も「まだまだこれからですよね。でも明日からまた学校もあるし、仕事もあるから。やだ?でもみなさん行かないとなんでね、また次会えるように、僕たちも一生懸命がんばりますので、待っててください。」と健太らしいやさしい言葉をかけると、一人ずつ最後の挨拶へ。

ヒョンビン「(日本語で)僕たちは今から始めます。よろしくお願いします。」
サンギュン「今日は僕たちの公演を初めて見に来て下さった方もいらっしゃるかと思います。大勢のみなさんが歓声を送ってくださいましたので、楽しい公演をすることができました。今度またいつお会いできるかわかりませんが、またお会いできるとうれしいです。今日は楽しかったです。ありがとうございます。」
ヨングク「僕たち、ファンミーティングが終わったら大阪に行きますよね。今回ここでお会いした人にもまたそこでお会いできたらうれしいと思います。本当にみなさんに会いたくなると思います。」
テヒョン「(日本語で)ファンのみなさんの愛のおかげでJBJが作られたじゃないですか。本当にありがとうございます。今日の公演は終わったんですけど、今回が日本での活動の始まりだからこれからもよろしくお願いします。僕たち、ずっとみなさんのそばにいられるようにがんばります。」
ドンハン「JBJの初めてのファンミーティングに来て下さってどうもありがとうございます。これからもたくさん来て下さると信じています。(日本語で)ありがとうございます。」
健太「みなさんのおかげで日本に帰って来られたと思います。今年に入ってみなさんのおかげで本当に僕たち全員、たくさんのことを経験できたと思いますし、全てがみなさんのおかげだと思っているので、本当に本当に感謝の気持ちを伝えたいですね。今日こうして直接伝えることができて、本当にうれしいです。まだまだこれからだと思うので、応援していただけたらうれしいです。同じことばっか言ってごめんなさい。本当なんです、これが本当の気持ちなので、受け取っていただいたらうれしいです。これからもよろしくお願いします。」
それぞれの言葉で、ファンへの熱い思いを伝えると、最後は、『きれい』を歌い、ステージを後にした。

アンコールでは、再び『Fantasy』を歌い、テヒョン曰く「全部アドリブ」のステージを披露、メンバーも会場と一体となって楽しんでいた。記念にファンと一緒に写真も撮り、全員で「Just Be Joyful!ありがとうございます。」と挨拶すると、名残惜しそうにステージを後にした。

(完)←前頁
フォトギャラリー→こちら

20171123_JBJ_1_0759

人気記事 おすすめ記事