韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年11月11日01時07分 日曜日 【レポ】『PRODUCE 101』から誕生したJBJ出身キム・ヨングクのソロ初ファンミーティング『JINLONGGUO 1st FANMEETING [Friday n Night] in TOKYO』、東京国際フォーラムで開催!(1/2)

『PRODUCE 101』から誕生したJBJ出身のキム・ヨングク(JIN LONGGUO)の日本ではソロ初となるファンミーティングが東京国際フォーラム ホールCで10月27日(土)に開催された。

この公演の夜の部の模様をお届けします!

『JINLONGGUO 1st FANMEETING [Friday n Night] in TOKYO』 at 東京国際フォーラム ホールC(1/2)

星の王子様のような白いスーツを着たヨングクが登場すると、会場から歓声が上がり、オープニング曲『Be with you』をしっとり歌い上げるヨングクにファンは初っ端から酔いしれていた。
歌い終えると「みなさんこんばんは、ヨングクです。」と挨拶。
昼の部が終わった後は「夜の部を思って、そわそわして待っていました。」というヨングク。
「昼の部では緊張したけど、時間が経つにつれファンのみなさまにエネルギーをもらって大丈夫になりました。チンチャ、本当に緊張してました。」と韓国語とちょっぴり日本語を混ぜての感想に、会場から「かわいい〜」の声が飛び交っていた。

前々日に来日して渋谷とお台場で行ったリリースイベントの話題では、「初のソロでのイベントに心配して緊張したけど、みなさんが喜んでくれていたようなので、楽しかったです。」と嬉しそうに語った。

「時間あったら行きたいところは?」の質問には、「日本にはたくさんエアソフト(エアガン)の店があるらしいので、行ってみたい。」とマニアな回答。

「『PRODUCE 101』出演後、街で声を掛けられるようになったのでは?」との質問には、「ないです。休みの時も家にいるので。」と答え、会場からは笑いが。

『PRODUCE 101』の頃のプロフィールをアップデートするというコーナーでは、当時わからなかった血液型が番組の撮影でA型だとわかったそう。
そして、“練習生の期間1年6カ月”という部分では、「今と練習生の時とどっちが大変だったか?」との問いに、「練習生はこの先どうなるかわからないところが今より大変。」と語っていた。

趣味のSF映画の話では、「ロボットとか宇宙人とか宇宙戦争みたいなのが好き。僕はいつか宇宙人がやってくると信じてます。」と語るヨングクに、MCが「宇宙人きたら、どうします?」と質問。「逃げます!」の回答には、会場から笑いが。
「宇宙人がいたらどんな感じの宇宙人がいいか?」の質問には、「かわいい猫とか人間に似てるのがいい。」と楽しそうに語っていた。

特技の“猫の面倒をみる”という部分では、「今は3匹飼っていて、プロの執事になってます。」と自信を覗かせた。
「なぜ猫を好きになったのか?」という質問には、「ひとりで用を足すからいいなあと思いました。」と答え、会場は爆笑。

ファンからの質問コーナーは、ボックスから引いて当選した本人にマイクを渡しヨングクに直接ファンが聞くという方式。最初に当選したファンは、「今日20歳の誕生日なので、何かお願いします。」とお願いをして、これにヨングクは快く応え、ハッピーバースデーの歌を歌ってあげていた。
その他の質問では「.願いが1日叶うなら?⇒その1日にこれからずーっと願いが叶うようにと言って、後で色々叶えたい。(頭の良い回答に、会場からは感嘆の声。)」「最近覚えた日本語は?⇒お疲れ様でした。」「.日本の女の子のどんな所が好き?⇒誠実で礼儀正しくマナーが最高だと思います。」と回答。「ファンサ(ファンサービス)はどうしたらもらえますか?」という質問では、ウインクをお願いされ快諾。ファン全員がファンサをもらえた雰囲気になった。

質問コーナーが終わると、『할릇밤』へ。ヨングクの綺麗な高音が聴ける曲で、透き通った高音が会場に響いた。

VTRでは、飼い猫のカグ目線のヨングクの日常を紹介。
好きなゲームをしたり、無邪気にモデルガンで遊ぶ姿が映し出され、猫目線での可愛いヨングク満載の映像に「可愛い~!」の声が飛び交っていた。

(つづく)→次頁

人気記事 おすすめ記事