韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年6月28日23時01分 木曜日 韓国女子ラッパー、Jvcki Wai(ジャッキーワイ)がlute株式会社とエージェント契約を締結、日本での活動を本格始動!

lute株式会社は、韓国を拠点に活動する女性ラッパー「Jvcki Wai」(ジャッキーワイ)と、日本領域における包括的なエージェント契約を締結したことを発表した。
Jvcki Waiは、2013年に韓国で開催されたフィメール・ラッパー・コンペティション『GALmighty』にて、17歳という年齢で優勝。2016年にEP『EXPOSURE』でデビューし、現在はラッパーのSwingsが主催するレーベル「Indigo Music」(インディゴミュージック)初の女性アーティストとして注目を集める存在。

2018年4月にMAGNET by SHIBUYA109オープニングパーティーとして行われたイベント「渋ゲキ祭」にて初来日ライブを行い、2018年6月には日本人トラックメイカー「PARKGOLF」(パークゴルフ)とのコラボレーション楽曲「xaradise」をリリース。luteにて公開されたMVが話題を呼んでいる。また、7月にはオリジナルアルバムのリリースも予定されている。
今後Jvcki Waiは、日本においてもlute株式会社と連携し、活動をさらに加速させていく予定だ。

【プロフィール】
Jvcki Wai(ジャッキーワイ)
韓国ラッパーのSwingsが主催するレーベル「Indigo Music」(インディゴミュージック)に所属する女性ラッパー。
2013年、Fanaによる独自企画として知られる『The Ugly Junction』において開催されたフィメール・ラッパー・コンペティション『GALmighty』にて、17歳という年齢で優勝。2016年にEP『EXPOSURE』でデビューし、個性の強いキャラクターと音楽スタイルで大きな注目を受けた。その後も自身のSoundCloudに無料公開していたEP『Neo EvE』を再発売し、ユニークで屈曲するラップを吐き出す彼女だけのアイデンティティを改めてしっかりと固めた。ライヴを通して人々に見せて行くことが自分自身の仕事であるとし、観客との相互作用自体が「発散」だと明かす彼女は、Indigo Music初の女性アーティストとして今後の歩みに多くの期待と関心を集めている。

人気記事 おすすめ記事