韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2012年2月16日20時39分 木曜日 JYJジュンス、“ミュージカル俳優”として生まれ変わる!エリザベート 「ハスキーボイスで高音を行き来する鳥肌が立つ歌唱力」でトート役をこなし観客の心をつかむ、と絶賛

“ミュージカル俳優”として生まれ変わるジュンスという記事を読んで、難しいトートいう役を、ジュンスならではの特徴をいかして評価されているんだなぁと改めて思いました。

《スポーツ朝鮮の、JYJジュンス、“ミュージカル俳優”として生まれ変わるの記事より》
ミュージカル界で最も強力なチケットパワーを持った俳優は誰が何と言おうとチョ・スンウだ。
2004年“ジキルとハイド”で始まった彼のカリスマ性は依然として強力で威力的だ。昨年末に“ゾロ”でイメージチェンジに成功したと思ったら、今度は危機に瀕した“ドクトルジバゴ”(シャロッテシアター)に急遽投入され、雰囲気をぱっと変えた。俳優の一人が興行の波を変えるということは死んだ子を生き返らせるのと同じくらい難しいことだ。

このような彼の牙城にあえて挑戦するのは多くはない。途方もない大衆的人気を土台に、2010年ミュージカル界に飛び込んだキム・ジュンスをライバルに結ぶ視線が存在してきたが、実は‘修飾語’としての面が強かった。俳優の経歴の側面では、まず比較の相手にならないからである。このようなキム・ジュンスが最近一段と成長した演技を見せて注目を集めている。

ソウル漢南洞ブルースクエアで公演中のミュージカル“エリザベート”“死”役を通じてだ。
“死”は、主人公エリザベートの横についている幻想的な存在でエリザベートを愛して誘惑するグロテスクなキャラクターだ。一言で俳優キム・ジュンスの魅力を集約させることができる役割である。

ハスキーボイスで高音を行き来する鳥肌が立つ歌唱力は客席の多くを満たしている日本、中国のファンはもちろん、韓国内のファンたちの心をとらえる。ハスキーな声は、神秘的な存在である“死”のイメージと合致して作品の色を鮮やかに表現している。

ここに一拍も見逃さない神がかりなジェスチャーはやはりJYJメンバーらしい彼がダンスを踊ったとき発せられるファンの歓声は客席を一瞬で会場を変貌させる。エネルギーは絶品である。
去年の出演作である‘天国の涙’がジュンスに軍服のせいで(?)あまり盛り上がらなかったとしたら、“エリザベート”はキム・ジュンスの魅力を最大限にひきだし成功したわけだ。

今回の作品を共にしているスタッフたちは、キム·ジュンスに“持って生まれた” “天才的だ”と賛辞を惜しまないでいる。
キム·ジュンスは、今回の作品を通じてミュージカル界の強力なチケットパワーを立証してミュージカル俳優として一段階成長したことを世間に見せてくれた。

しかし、道はまだ遠い。“エリザベート”は、“モーツァルト!” “天国の涙”に続く3番目の出演作である。

より多くの作品で、より多くのキャラクターを消化し ​​なければならない。

大衆文化のスターの存在は不可欠である。

キム・ジュンスがアイドルスターという後光を払い落として、“ミュージカル俳優”として一歩一歩成長しているという点は、韓国内ミュージカル界の天恵である。(スポーツ朝鮮)

他のインタビューでジュンスは、「チョ・スンウ先輩と比べられるなんて、本当に困ります」って書いてありました。
「どうか比べないでください。 スンウ先輩はミュージカル界で最高ではないですか。うれしいほめ言葉ではあるけれど、せいぜい3作品しか出演していない僕と比較しないでください。隠れたいほどです」と謙遜していました。しかし、ジュンスには、その比較されるだけの素質があるということですよね。
たくさんのK-POP歌手が、今ミュージカルの舞台をふんでいますが、かならず、この話に登場するのはジュンスです。
世間の目が、そう評価しているということですよね。
もちろん、まだまだスンウさんに比べると、経験も少ないので、まだまだかもしれないけれど、比べられるなにかを持っているというこどですよね。
そして、ミュージカル界の天の恵みとまで、書かれているジュンスは、本当に将来韓国のミュージカル界を背負うひとりになっているのではないでしょうか?
また一段成長したジュンスのエリザベートでのトートを生でますます、見たくなってきました。

【関連記事】
JYJジュンス、『エリザベート』初日大盛況!キム・ムンジョン音楽監督が「彼は、本当に天才だ」と賞賛!ユチョンも初日に観覧!
韓国ミュージカル「エリザベート」に出演するジュンス(JYJ)にファンから成功祈願のドリーミー米花輪、総2,570 kg!
韓国ミュージカル『エリザベート』の練習現場公開で、ジュンス(JYJ)は、「最高の俳優の方々と一緒に出演できて光栄!」と…。
JYJ、3月にチリとペルーで、南米初の単独公演!新しい挑戦という記録より充実した内容の公演が重要
JYJ、KBSベストアイコン最高のアイドルスター賞を受賞!
MBCドラマ大賞で、JYJのユチョン、BEASTのイ・ギグァンが新人賞受賞!ジュンスからお祝いのツイ
JYJ、タイ復興支援のため2億ウォン寄付!そして、マンゴーの木プロジェクトでアフリカ児童支援プロジェクトに参加、マンゴーサンタに!
JYJスペイン公演での一問一答、ジェジュン「最初からやり直す気持ちで小さなステージからまた一歩…」 その1
JYJスペイン公演での一問一答、ジュンス「茨城公演でたくさんの感動をもらった」 その2
JYJバルセロナ公演、世界的に有名な振付ディレクターRapa Mondazも絶賛「激しいダンスを踊りながら完璧なライブをすることができる実力に驚いた! たくさんのアーティストに出会ったが、そのようなチームは、珍しい。」
JYJライブ in 茨城セットリストとジェジュンの公演後ツイ!
JYJ日本コンサートに8万人!人・人・人の波であふれかえる、街の経済にも貢献!
JYJ in 茨城、日本公演初日(15日)レポ! 気合いの入った3人の迫真のライブ(1/2)
JYJ in 茨城、日本公演初日(15日)レポ! 気合いの入った3人の迫真のライブ(2/2)

Musical Concert -Levay With Friends [DVD]

エリザベート ― オリジナル・ウィーン・キャスト

最後のダンス(ミュージカル「エリザベート」から)

ピアノ弾き語り 東宝ミュージカル エリザベート

ピアノ弾き語り 宝塚歌劇 ミュージカル エリザベート-愛と死の輪舞-【月組版】

人気記事 おすすめ記事