韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2011年10月31日21時06分 月曜日 JYJスペイン公演での一問一答、ジュンス「茨城公演でたくさんの感動をもらった」 その2

《その2》 JYJ初のヨーロッパのスペイン公演での一問一答のインタビューの記事(dongaA.comより)を紹介します。

-米国だけでもK-POPの評価が多く、ヨーロッパの中でパリなどは、そのような雰囲気があるが、スペインでは、K-POPの体感ができず、気分はどんなかんじか。

ジェジュン:K-POPブームというよりは、韓国のグループのマニア層が形成されて、それがK-POPのブームとなったようだ。
今回のバルセロナ公演のほとんどがJYJのファンと聞いている。そのため、韓国語で歌を歌っても応じてくれて、一緒に歌ってもらうことで、韓国的な側面をお持ちいただくこともできると考えた。k-popの威圧感や心理的圧迫はない

-韓国歌手の中で、ヨーロッパでの単独コンサートは初めてだ。今回の公演のポイントは?

ジュンス:ヨーロッパに韓国の歌手たちが活動を広げていると聞いたが、韓国歌手としては初の単独公演で知っていて、大きな企画会社の公演とは違って韓国の歌手が小さな公演の可能性を示す十分な機会であるようです。
アジアツアーをしながら積んだノウハウや現地の振付師と呼吸を合わせながら、ある程度の準備をした。
K-POPを見に来られるので、ヨーロッパで取得可能な部分は脚色して入れた。

-小さく出発するとしたが、日本のような場合は、小さくスタートしても、他の目的があったが、北欧、東欧の大きな目標を持って開始するのか?

ジュンス:欧州は、K-POP、韓流でいきます。
昔、日本進出はJ-POP歌手として努力していた部分だった。
今、韓国の歌手たちとは違った歩みであった。
新人の時、日本からのデビュー時に私達が階段で歌も歌ってオンドルの床マットを敷いてダンス曲を、有線マイクとしても歌ってみた。
このように公演をしたので私達がヨーロッパに来て、今の日本での最初の状況は違うと思います。
プロセスが重要ですが、結果も見られるといいと思います。今後、可能であれば、1万人以上のような大規模な公演をお見せできることになればいいです。
そのために私達をヨーロッパペンの方々がJYJに必要な部分を満たしていくのではないかと思います。

-ツアーを通ってみると、スペインは初めてですよね?別々に計画してこられたことがあってから?

ジェジュン:ジュンスはバルセロナのサッカーゲームを見ようとしている。
ジュンス:サッカーの試合が公演日にあるようなので、見るのが難しいようだ。

-マンガフェスティバル招請された過程と、ペルーでも、音源1位(ペルーのラジオティンタプ10 1位)を記録した。感想は。

ジェジュン:話を聞いたのですがとても気持ちが良くて感謝している。私たちの歌を聞いてくださって愛してくださって、まだ私達が会えない国の方々に多くの
歌を聞かせて見つけてお会いしてみたい。漫画祭りは、世界中のアニメ祭りだ。
多くの方々が関心を持っている行事や多くの方々に私達の歌を聞かせて差し上げることができる機会なので良い機会だと思っています。

-ワールドワイドのアルバムはスペインでも発売されたのか、ワールドワイドの2集の発売計画があるのか?

ジェジュン:とても肯定的に検討中だ。ワールドワイドのアルバム1集の反応が良かったので2集も計画している。
世界市場でのk-pop歌手たちが行ったことのないところに一度訪ねて、私たちの音楽を提供することに意義を置いている。
時間的制約があるのが大変だ。全世界のツアーを回ったりして、メンバー個々の活動もして時間が少なすぎるという考えをたくさんしていて1年が24ヶ月ならば良いという考えをたくさんする。

-日本の地震の被害地域での公演で8万人が集まった。意味のある舞台だったが、感想は?

ジュンス:日本に5-6年の活動しながらも一度も行ったことがなく私達も不慣れな所で、日本で久しぶりに持つ公演だったが、交通機関などがよくない地域だった。
空港バス地下鉄車で行っても遠い地域だという声を聞いて心配していたが、4万席も埋めて下さってとても感謝している。
まずは、何万人という光景を久しぶりに見てあまりにも感激して、ドームのような場合の4万-5万人が段階的にいて感じることができるが、今回の野外舞台では、水平にしており、本当に終わりがない感じというか。
実際の後にいらっしゃる方々には見えなかったようです。遠すぎて。公演をする立場でそのような事は申し訳ありませんが、最後まで私たちの歌にも応じて、歌ってくださって、泣いてくださって感動をもらったんです。たくさんのことがありましたが、本当にとても感謝しており、再び私たちの心をつかむことができたような公演でした。

-他のアメリカ公演とヨーロッパでの公演にはどのような変化がありますか?

ジュンス:曲の順序を変化させたのではなく、振り付け部分(アクロベティック部分、バック転)を入れた点。
基本的に順序を変えていません。理由は、すべての公演をしてきた公演だが、スペインやヨーロッパのファンたちは初めて見る公演なので、多くの変化ではなく、JYJならではの特性を示すような公演を準備しています。」

– K-POPがヨーロッパに進出して人気を得た原動力は何だと思うのか?

ジェジュン:ヨーロッパでのK-POPが形成された時期が、2006年くらいからだと話を聞きました。
東方神起の活動の頃からだと思うんですが…群舞スタイルのパフォーマンスが韓国で流行した。過激な振り付けをしながらライブする韓国歌手たちに魅力を感じてその時に形成された、根強いファン層が今のブームを成すだろうかと思う。

-ワールドワイドのアルバムと同時に世界的に有名な作曲家たちと作業をしている。今回のツアーの期間中、ヨーロッパの音楽関係者の方々と作業するつもりはないのか?関係者に会ったり、会う予定があるのか?

ジェジュン:一度、ヨーロッパの音楽をたくさん接して聞いて勉強をしたが、いったんヨーロッパの音楽が好きです。
日本の音楽活動の中で50%以上がヨーロッパの音楽だった。ヨーロッパの音楽を買って持っているしなじみ深いですしね。
ヨーロッパのアーティストの方々と縁がある場合は作業をぜひやってみたいと思います。
今回のヨーロッパは、時間的な余裕がなくてできませんが、今後に必ずやってみたいです。

-アジアアメリカヨーロッパまで、非常に様々な地域で活動をして韓国歌手たちが、未知の国で音楽を発表しているが、韓国での公演を見るのが一番難しいようです。
制約なしに韓国で活動をするようになったら、望むところがあるか… ?今待ってる韓国ファンたちにはどのようなお話をしてあげたい?

ユチョン:テレビ出演までは率直に思うところではないようです。
願いがあれば公正な部分ですが。
チャートから私達が落ちて、そのような部分がどうしようもないことを知りながらも…
そのような部分もある意味恩返しのはずなのに…
レコード販売と大衆に愛された客観的な数値は認められたら良いだろう。

-スペイン、ドイツ公演の後、終了すると、今後の活動計画は?

ジェジュン:より多くのところ行ってみたい。ヨーロッパ、スペイン、ドイツのほかにまた機会があれば、他の国の他の都市にも行ってみたいです。
さらに時間的余裕があるならば、スペインとドイツをもう一度開き、恩返しをしたいと思います。
12月のような場合は、余裕を持って休む時間を持つこと計画しています。実際に休むだけでは惜しくて、翌年の1月の準備しているか、おそらく音楽作業、新曲の作業をすることになりそうです。

dongaA.comより一問一答を抜粋 意訳)

インタビューも真摯に受け応えしていて、ヨーロッパという未知なる国で日本や韓国と比べると小さなステージからの一歩ですが、また希望の光を見つけられたのではないでしょうか。

←前頁(その1)へ (完)

【関連記事】
JYJスペイン公演での一問一答、ジェジュン「最初からやり直す気持ちで小さなステージからまた一歩…」 その1
JYJバルセロナ公演、世界的に有名な振付ディレクターRapa Mondazも絶賛「激しいダンスを踊りながら完璧なライブをすることができる実力に驚いた! たくさんのアーティストに出会ったが、そのようなチームは、珍しい。」
JYJジュンス「エリザベート」のトート役に正式決定!一次チケットオープン日程発表!
JYJライブ in 茨城セットリストとジェジュンの公演後ツイ!
JYJ日本コンサートに8万人!人・人・人の波であふれかえる、街の経済にも貢献!
JYJ in 茨城、日本公演初日(15日)レポ! 気合いの入った3人の迫真のライブ(1/2)
JYJ in 茨城、日本公演初日(15日)レポ! 気合いの入った3人の迫真のライブ(2/2)
JYJの『In Heaven』が、9月のアルバム販売チャート1位!底力を発揮!!
JYJは、東日本大震災の被災地支援、国際的な非政府組織(NGO)「ワールド・ビジョン」に6億ウォン(約4000万円)を寄付し、その一部が岩手の仮設住宅敷地内に建設された『憩いの場』に!
キム・ヒョンジュン、JYJと仲の良さを誇示、酒の席での話だけど、所属会社違ってもコラボなどできる時代では…!
JYJ、ドイツのコンサートのチケット販売サイト、サーバーダウンの人気!そして南米ペルーのラジオ週間チャート「Get Out」が1位!
JYJ関連記事を読む→

JYJ / The Beginning (2CD+1DVD) (Worldwide Concert In Seoul Edition)(韓国盤)

人気記事 おすすめ記事