韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年6月25日04時23分 月曜日 【オフィシャルレポ】『2018 韓国観光フェスティバル』、Double Ace(ユナク&ソンジェ)、MYNAMEらが登場し、大盛況で閉幕!

文化体育観光部、韓国観光公社が東京ドームシティプリズムホールで開催した『2018 韓国観光フェスティバル』は、6月12日(火)、13日(水)の会期を終え、閉幕しました。
「韓国再発見#だけじゃない!韓国」をテーマに、韓国の最新の観光情報やグルメ、文化などの体験コーナーやK-POPライブ、トークショーなどのステージを通じて、韓国の魅力を再発見してもらえるような催しを行い、2日間で11,650名もの来場者(主催者発表)をお迎えしました。

6月12日(火)は、韓国文化体育観光部次官 羅棕珉様や駐日本国大韓民国大使館特命全権大使 李洙勲様、日本側では、国土交通省観光庁審議官 瓦林康人様など日韓の要人9名をお招きしたオープニングセレモニーで開幕しました。

人気俳優イ・ジョンソクさんのトークステージは多くのお客様が行列を早い時間から作りました。

また、頻繁に韓国に行っているという韓国好きの人気モデル紗蘭さんは、韓国で買ったという韓国発の人気ブランド“スタイルナンダ”のブラウスで登場。韓国のカフェが大好きだという紗蘭さんは「韓国のカフェは食べ物自体がかわいいのはもちろん、店内がかわいいお店が多いのでインスタ映えしやすい」とおすすめのカフェを自身の写真で紹介してくれました。

6月13日(水)は、韓国の5人組人気アーティスト“MYNAME”(チェジン、セヨン、ジュンキュー)のライブでスタート。「タンマレ」(韓国語バージョン)や「we made it」などを披露し、早い時間から盛り上がりを見せます。日本でのステージも多い“MYNAME”は、韓国に帰った時に行くおすすめの飲食店などを紹介してくれました。

また、2017年にソウルでのお笑いライブを成功させた人気芸人“和牛”は、ソウルでの思い出を、声を合わせて「ソルロンタン!」と語り、「また今度は韓国で単独ライブがしたい」と話しました。

その後、日本でも話題の料理研究家“いんくん”による料理実演では、ネクストチーズタッカルビと言われている「トッカルビ」を披露しました。実は辛い物はあまり食べないといういんくんは、「韓国料理は辛いものも辛くないものもあります。辛くない韓国料理もぜひ楽しんでください。」と語りました。

フェスティバル終盤に登場した人気アーティスト“DoubleAce”で最高潮の盛り上がりを見せた『2018 韓国観光フェスティバル』。
“DoubleAce”の二人は「久しぶりに会えて緊張しているけど、嬉しい!」とコメント。最近マッコリにハマっているというソンジェは、「マッコリのたくさん置いてあるお店があるので、韓国に来たらマッコリを楽しんでほしい」と話しました。
「Song For You」など3曲を披露し、ステージを盛り上げました。

『2018 韓国観光フェスティバル』開催概要

■URL:https://kankokukanko.com/
■コンセプト:韓国再発見#だけじゃない!韓国
■開催日:
 6月12日(火)13:45~14:00(オープニングセレモニー)、14:00~18:00
 6月13日(水)10:00~18:00
■会場:東京ドームシティプリズムホール(西側)
■主催:文化体育観光部、韓国観光公社
■後援:日本:国土交通省観光庁、日本政府観光局(JNTO)、日本旅行業協会(JATA)、全国旅行業協会(ANTA)
   韓国:駐日韓国大使館 韓国文化院、韓国旅行業協会(KATA)、韓国訪問委員会
■入場料:無料
■来場者数:11,650人(主催者発表)
■開催内容:
 1.日韓政府観光当局の関係機関、業界ネットワーキング
 2.韓国観光コンテンツを総合的に展示、広報(自治体、医療観光、韓流、韓食など)
 3.韓国観光テーマ広報イベントステージ、韓流公演など
  ・ローカルツーリズムゾーン
  ・メディアツーリズムゾーン
  ・グルメゾーン
  ・テーマツーリズムゾーン
  ・韓流コンテンツゾーン
  ・体験ゾーン

人気記事 おすすめ記事