韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2014年11月19日22時52分 水曜日 【読者レポ】キム・ヒョンジュン “AOMORI SHOCK ON 2014” at 青森港新中央埠頭

20140927_khj_01

読者のKNさんより、青森で行われたキム・ヒョンジュンのライブレポが届きました!

【読者レポ】キム・ヒョンジュン “AOMORI SHOCK ON 2014” at 青森港新中央埠頭

20140927_khj_029月27日(土)、青森で行われた、“AOMORI SHOCK ON” (青森 食音)というフェスに参加してきました。もちろん、お目当てはキム・ヒョンジュン(リダ)です。
“AOMORI SHOCK ON”はリダ以外には、BEE SHUFFLE 、SUPER☆GiRLS、MAX、三浦大知、NMB48、KREVA、板野友美、Berryz工房、DA PUMP、中川翔子、大塚 愛 、HY、河村隆一、中村あゆみなど、アイドルからロックバンドまでバラエティに富んだ総勢29組のアーティストたちが出演し、9月27日、28日の2日間にわたり、青森港新中央埠頭の野外特設ステージで行われました。リダの出演した27日は女性アイドルグループが多かったのですが、そんな中、なんとリダがトリを務めたのでした。「食音」という名の通り、食と音楽を融合させたイベントになっており、会場内には青森を中心とした東北の厳選グルメが並ぶ食ブースが設けられていました。
20140927_khj_0412時半ごろに会場に到着して、まずは食ブースを堪能。ホタテ焼きや、マグカツドッグ(マグロのカツをサンドしたホットドッグ)、肉巻牛串などを食べたのですが、やはりホタテがダントツで美味しかったです。

コンサート会場に移動すると、ステージはすぐ後ろが海という場所に造られていました。黒い幕が張ってあり、スタンディングエリアからは海が見渡せるわけではなかったのですが、開放的でとても気持ちのいい場所でした。リダには珍しく?お天気もとても良く、昼間は日差しが少し暑かったですが、快適に過ごせました。

20140927_khj_05盛り上がったKREVAのステージが終わると、ファンの入れ替わりで多少混乱しましたが、HENECIA(ヘネチア)のみんなで声を掛け合って、無事に応援の体制に。気付けば会場はグリーンのペンライトで埋め尽くされていて、リダのソロコンサート?と思うくらいでした。私も、青森はちょっと遠かったのですが、夢幻ツアー追加公演の名古屋のチケットが取れなかった悔しい思いを晴らしたいという気持ちと、どうしてもリダを直接応援したいという気持ちで参加しました。きっと同じ気持ちの方が多かったんだと思います。

スタート予定時刻の18時25分を過ぎると、自然と「キム・ヒョンジュン」コールが起こり、会場は熱気ムンムン。夢幻ツアーとは違い、バンド編成のステージのため、まずはバンドのメンバーが登場すると、会場は前のめりになり、いよいよスタートです。
20140927_khj_031曲目の『Break Down』からみんな全開で、完璧な掛け声。ファンの多さに、リダもうれしそうです。曲が終わると、「キャー!」という大歓声が起こり、そのまま2曲目の『Let’s Party』。ここでもみんな完璧なコールで応援します。曲が終わると、ここでMC。
「青森のみなさん、こんばんは、キム・ヒョンジュンです。」と日本語で挨拶すると、さらに日本語で続けます。
「青森は初めて来たんですが、 とっても自然がいっぱいで、きれいなところですね。今日こうして日本の素晴らしいアーティストの方々と同じステージに立つことができて本当にうれしいです。今日は本当に短い時間ですが、楽しんでくださいね。じゃあ、聴いてください、『Save Today』。」と言って曲へ。やはりバンドで歌う『Save Today』はいい雰囲気です。
「次の曲は『Your Story』。」と言うと、曲が始まるとともに、会場は大合唱となりました。続く『君だけを消せなくて』も大合唱。ミディアムテンポの日本語曲なので、ファンも歌いやすいです。

「みなさん、楽しんでますか?」の声に会場が「イェー!!」と応えると、「次の曲は『Kiss Kiss』。聴いてください。」と言って『Kiss Kiss』へ。この曲で盛り上がらないはずがありません。いつものかわいいダンスを見せると、今度は、「一緒に歌って下さい、『HEAT』。」と言って『HEAT』へ。力のこもった熱唱に会場も大合唱で応えました。 最後の「♪時間はあるようでないから~」の部分はファンだけが歌い、リダとファンで『HEAT』を完成させたような気がしてうれしかったです。

20140927_khj_08「この雰囲気でずっと歌をします(歌います)。『HOT SUN』、聴いてください。」と言って『HOT SUN』へ。生で聴く『HOT SUN』は初めてだったので、「Hi!Hi!Hi!Hi!」のコールにも力が入りました。

ここからは「韓国語で挨拶をします。」と言って、今日初の韓国語でのトーク。
「先ほどもお伝えしたんですけど、青森には初めて来ました。ホテルで休んでいただけなんですけど、青森は空気が良いし、海もきれいだと思いました。今回の公演だけでなく、またぜひ青森に来たいと思います。」と海好きのリダらしい発言。
最後はまた日本語で「今日こうゆう風に参加できて僕も本当に楽しかったんです。最後の曲です。」と言うと、会場はもちろん「えー!」と嘆きの声を上げますが、「僕も残念です。『Good-Bye』!」」と言いながら最後の曲『Good-Bye』へ。この曲も大合唱になりました。

「ありがとうございました!また会いましょう!」と言ってステージを後にしたリダ。会場からはすぐに「キム・ヒョンジュン」コールが起こりましたが、今回はフェスだったからか、アンコールはなく終了。もっと聴きたい!という気持ちで、正直ちょっと物足りなさもありましたが、リダの顔が見れただけで満足できましたし、日本のそうそうたるアーティストの中でも全く引けを取らないリダの存在感が誇らしくも思いました。
最後は青森港のきれいな夜景を見ながら、ジャンボ黒おでんを食べて、帰路に着きました。

20140927_khj_06
《セットリスト》
1.Break Down
2.Let’s Party
3.Save Today
4.Your Story
5.君だけを消せなくて
6.Kiss Kiss
7.HEAT
8.HOT SUN
9.Good-Bye



【関連記事】
【写真】キム・ヒョンジュン 日韓交流おまつり 2014 in Tokyo K-POPコンサート ギャラリー
【動画】キム・ヒョンジュン 日韓交流おまつり 2014 in Tokyo K-POPコンサート
【読者レポ】キム・ヒョンジュン 『2014 KIM HYUN JOONG WORLD TOUR ‘夢幻’ IN JAPAN』 at 横浜アリーナ(7/29)(1/2)
【読者レポ】キム・ヒョンジュン 『2014 KIM HYUN JOONG WORLD TOUR ‘夢幻’ IN JAPAN』 at 横浜アリーナ(7/29)(2/2)
【読者特派員レポ】キム・ヒョンジュン ソウルコンサート「2014 KIM HYUN JOONG WORLD TOUR ‘夢幻’」 レポ(1/2)
【読者特派員レポ】キム・ヒョンジュン ソウルコンサート「2014 KIM HYUN JOONG WORLD TOUR ‘夢幻’」 レポ(2/2)
【動画】キム・ヒョンジュン 4thシングル『HOT SUN』発売記念イベント at お台場パレットタウン
【レポ】キム・ヒョンジュン 4thシングル『HOT SUN』発売記念イベント at お台場パレットタウン
【写真】キム・ヒョンジュン 4thシングル『HOT SUN』発売記念イベント at お台場パレットタウン ギャラリー1
【写真】キム・ヒョンジュン 4thシングル『HOT SUN』発売記念イベント at お台場パレットタウン ギャラリー2
【レポ】キム・ヒョンジュン「感激時代~プレミアムファンミーティング2014」in パシフィコ横浜~リダ節炸裂で笑い満載(1/2)
【レポ】キム・ヒョンジュン「感激時代~プレミアムファンミーティング2014」in パシフィコ横浜~リダ節炸裂で笑い満載(2/2)
【写真】キム・ヒョンジュン「感激時代~プレミアムファンミーティング2014」in パシフィコ横浜(1/2)
【写真】キム・ヒョンジュン「感激時代~プレミアムファンミーティング2014」in パシフィコ横浜(2/2)

2014 KIM HYUN JOONG WORLD TOUR “夢幻” in SEOUL [Blu-Ray](初回限定盤)

2014 KIM HYUN JOONG WORLD TOUR “夢幻” in SEOUL [DVD](初回限定盤)

キム・ヒョンジュン公式カレンダー2015(卓上用)

人気記事 おすすめ記事