韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2015年5月12日14時38分 火曜日 【読者レポ】キム・ヒョンジュン(リダ)、KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2015 “GEMINI”の軌跡~2/18幕張イベントホール1日目編(3/3)

20150218_khj_01

読者のKNさんより届いた、2月18日に行われたキム・ヒョンジュン(リダ)のライブ『KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2015 “GEMINI”』レポの続きです。

【読者レポ】キム・ヒョンジュン(リダ)、KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2015 “GEMINI”の軌跡~2/18幕張イベントホール1日目編(3/3)

「逆境の時間が終わりましたので、みなさん気持ちをアップさせてください。あんまりみなさん気分がよさそうじゃないですね。『KISS KISS』を歌ったんですけど、降りて行ってダンスをしたんですが、みなさん目が、別のを望んでいました。プレッシャーを感じたので、早くその場を離れました。」とリダ節炸裂で次の曲『PLEASE』へ。

今度は「この歌はみなさん一緒に歌えると思います。日本でもこの先長いことこの歌は歌えなくなると思いますし、この歌は今回のツアーの途中で久しぶりに歌い始めました。前にもこの歌を歌ったことがあったんですけど、今回のツアーで、歌ってみたら、多くの方が、涙を流していらっしゃいました。今はみなさん少し慣れたので、そんな感情があるかわかりませんけど、僕はこの歌をベストを尽くして歌います。一緒に歌ってください。」という曲紹介で『LET ME BE THE ONE』へ。ステージ2階で歌ったのですが、本人曰く「(2階に上がっても)特に何かをすることもないですね(笑)。」とのこと。

「ちょっとだけお水を飲んでもいいですか?」と言ってコーラスの方から水を渡されると、「あ、新しいやつです。みなさん怒らないでくださいね(笑)。」と言いつつ、階段に腰かけて、「みなさんに歌って差し上げたい曲があります。この歌を幕張で歌えるっていうのは本当によかったと思っています。僕はみなさんに差し上げられるものははたくさんありません。でも1つ差し上げたいものがあるとしたら、ぜひこれをみなさんのために歌いたいです。でも人は心に留めても、忘れることもありますからね。この曲だけは、携帯電話に撮ってもいいです。」というサプライズプレゼントに会場からは割れんばかりの「えーーー!!!」が響きます。

「聴きたい方は聴いていただいて、なぜかというとみなさんに捧げたい歌だからです。みなさんは全員この曲をご存知だと思います。みなさんのために僕が今まで10年間、歌ってきた理由は、みなさんがいてくださったからだと思います。永遠に、もし時々忘れてしまっても、この映像を観て思い出してくれたら、うれしいです。」という言葉と共に『나 살아있는 건(僕が生きているのは)』が送られたのでした。
「いつもよりも、真心を込めてみなさんのために歌えたと思います。みなさんが、永遠に留めておいてほしいと思って、永遠にいつまでも観ていただけるように歌いたいと思いました。」という優しい言葉に会場からは拍手と「コマウォ(ありがとう)」の言葉がかけられていました。
「この歌をみなさんのために歌っているときに、何というか、心が痛いような、そんな気持ちになりました。」と言うリダに会場から「リダ、大好き!」という言葉がかけられると、「(日本語)僕も大好き。」とリダ。

そして最後の3曲へ。「嫌だと言ってもアンコールがあるのはおわかりですよね。まず気分を上げていきましょう!」というリダ節で、『SAVE TODAY』へ。『HEAT』では、「一緒に、大きな声で!」と言うリダに応えて、会場は「♪サメナイデ~」と大合唱。「暑い」と言いながら上着を脱ぐリダ。
「デビューしてからもう10周年になりました。振り返ってみると、たくさん思い出があります。ファンのみなさんが作ってくれた思い出をいつも、胸にしまってます。未熟な僕をいつも応援してくれて、みなさん本当にありがとうございます。」と日本語で一生懸命丁寧に気持ちを伝えます。

そして最後の曲は、アコースティックギターで始まったSS501時代の曲、『僕の頭が悪くて』。歌い出した途端、会場からは涙声での合唱が始まりました。そして途中、照明が暗くなった次の瞬間、奈落からリダ用のギターが出てきて、明るくなったステージにはギターを抱えて座っているリダの姿が。リダがギターを弾きながら「♪Bye bye never say good bye」と歌い始めます。この予想外の展開に会場からは悲鳴が上がり、ギター演奏に緊張しているように見えたリダの、その緊張感でさらにリダの気持ちが伝わり、私の涙腺も崩壊。歌い終わっても大歓声が止まぬ中、「ありがとうございます」と言ってステージを後にしたのでした。

「キム・ヒョンジュン」コールが響く会場。アンコールの『Love Like This』がスタートし、リダが会場を駆け回ります。
リダが「じゃ、Lucky Guy!準備できましたか!じゃあ、行くぞ!」と会場を煽り、大盛り上がりの中、『Lucky Guy』ではさらに自由に動き回り、ファンに大サービス。
「ありがとう!」と一声上げ、「今日いかがでしたか?僕の人生の中で、また10年間を振り返ってみても、僕の全てをつぎ込んだ公演になったと思います。『僕の頭が悪くて』もこんなにみなさんに気に入っていただけるとは思ってもみませんでした。」と言うリダに会場からも「ヒョンジュン、最高!」という声が上がり、「みなさんお一人お一人が僕の心の中の星だと思っています。最後の曲です。」という紹介でアンコール最後の曲『ホシゾラ』へ。スクリーンにはリダからの心を込めたメッセージ(幕張バージョン)が。

そして最後の挨拶。
「本当に1曲1曲歌うたびに心に響くものがあって、胸がいっぱいになりました。
(日本語で)みんなそのまま、本当にありがとうございました。
たくさん話したいですけど、みなさん、もう電車が終わってしまいます(笑)。今日はとっても悲しい気持ちになって、胸がいっぱいですけど、まだ、明日もありますし、明後日もあるかと思うと、それが心の慰めになります。」と正直な気持ちを伝えると、最後は「練習しなくてもいいですよね?」と言って、いつもの挨拶。
リダ「(日本語で)せっ、の!ありがとうございました!」、会場「お疲れ様でした!」で終了。

でも今日はこれで最後ではありません。リダがファンをお見送りがてら、ハイタッチをしてくれたのです。3時間の公演を終え、疲れているはずのリダでしたが、最後まで笑顔を絶やさず見送ってくれました。
次回は、幕張2日目の様子をお届けします。
(完)←前頁

【関連記事】
【読者レポ】キム・ヒョンジュン(リダ)、KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2015 “GEMINI”の軌跡~2/14大阪城ホール編(1/3)
【読者レポ】キム・ヒョンジュン(リダ)、KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2015 “GEMINI”の軌跡~1/27,1/28パシフィコ横浜編(1/3)
【読者速報レポ】キム・ヒョンジュン(リダ)、幕張3DAYS “KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2015 GEMINI”~ラストは号泣の感動のステージ!
【読者レポ】キム・ヒョンジュン(リダ) 『感激時代』DVD-BOX購入者限定イベント【第2部 撮影会】 in 神奈川県民ホール(1/2)
【読者レポ】キム・ヒョンジュン(リダ) 『感激時代』DVD-BOX購入者限定イベント【第2部 撮影会】 in 神奈川県民ホール(2/2)
キム・ヒョンジュン(リダ)、2ndアルバム『今でも』リリース&ソロ全国ツアー『KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2015 “GEMINI”』開催決定!
【読者レポ】キム・ヒョンジュン “AOMORI SHOCK ON 2014” at 青森港新中央埠頭
【写真】キム・ヒョンジュン 日韓交流おまつり 2014 in Tokyo K-POPコンサート ギャラリー
【動画】キム・ヒョンジュン 日韓交流おまつり 2014 in Tokyo K-POPコンサート
【読者レポ】キム・ヒョンジュン 『2014 KIM HYUN JOONG WORLD TOUR ‘夢幻’ IN JAPAN』 at 横浜アリーナ(7/29)(1/2)
【読者レポ】キム・ヒョンジュン 『2014 KIM HYUN JOONG WORLD TOUR ‘夢幻’ IN JAPAN』 at 横浜アリーナ(7/29)(2/2)

今でも(初回限定盤A)(Blu-ray付)

今でも(初回限定盤B)(DVD付)

今でも(初回限定盤C)(グッズ付)

今でも(通常盤)

人気記事 おすすめ記事