韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2015年7月9日13時11分 木曜日 【レポ】キム・ヒョンジュン(マンネ)SS501のメドレーにわいた! 「SS501 KIM HYUNG JUN FNL LIVE IN JAPAN」(2/2)

20150704_KHJ_FNLJPN_8039
ライブコーナーでは、「すごくいい、バラード曲です」と紹介し、SS501の曲「LET ME BE THE ONE」を歌い始めると、会場は、ヒートアップ。
そして、続いてR&Bのダンス曲ですと紹介し、 ソロ曲「JUST LET IT GO」を歌い、「アルバム」ではもなんと客席に降りて、歌いながらファンサービス。

そして、 「KIM HYUNG JUN FNL24時間カメラ“起こしてくれてありがとう”」というコーナーへ。
映像を通し、普段のマンネを感じるような、朝起きて最初にとる行動は?などの行動パターンを三択の中から当てるというもの。
2部では、1部ですっかり解答を熟知しているファンが多く、ほとんどが正解でなかなか人数がへらず(笑)。1部でやらなかった最後の方の設問でやっと絞られたファンが、ステージにあがりツーショットでポラロイド撮影。ファンにとっては嬉しい特典となった。
設問の中で面白かったのは、 車で聴く曲は?というところで、大好きだというApinkの曲を聴いていたのだが、Apinkの曲をステージで振付をかわいく踊って披露したりして、ファンを楽しませていた。

20150704_KHJ_FNLJPN_8184

コーナーが終わると、後半のライブとなり、SS501キュジョン、ヨンセンのユニット曲「U R MAN」でスタート!
そして、一番盛り上がりを見せたSS501のメドレー。「Love Like This」「Love Ya」というおなじみの曲に会場は、この日最高潮!

「韓国で新しい アルバムが発売されますので、みなさん、 たくさん聴いてください。そして、スペシャルで大きなプロ ジェクトもあります。ぜひ期待してくださ い!時期は僕が発表しますので…」と発表も。

エンディングは「Sorry I’m Sorry」。
“キム・ヒョンジュンコール”が会場に響き、 アンコールに応え、「GIRL」を 披露。
ファンのコールもバッチリ揃い一体感を見せ、約1時間半のステージを終えた。
その後行われたハイタッチ会も行われ、ファンにとってひさしぶりにマンネを堪能する嬉しい1日となったに違いない。(完)

20150704_KHJ_FNLJPN_0018

← 前頁

人気記事 おすすめ記事