韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2014年8月14日08時31分 木曜日 【読者レポ】キム・ヒョンジュン 『2014 KIM HYUN JOONG WORLD TOUR ‘夢幻’ IN JAPAN』 at 横浜アリーナ(7/29)(2/2)

20140729_01

ロビーにはマンネからの花も

「次の曲の時に、みなさんがもっと大きな声を出してくれなければ、僕もそれなりのステージにしたいと思います。」とスパルタぶりをさらに発揮するリダに会場からは笑いとどよめきが。そして次の瞬間、「このステージを成功させるために、レッドブルを飲ませていただきます。」といっておもむろにレッドブルを飲み始めるリダ。予想外の出来事に会場は大爆笑でした。
その効果もあってか、次の曲『Do You Like That』の最初の「Hey」はかなり大きないい声でした(笑)。

『Lucky Guy』で最高に盛り上がったステージはVTRで一転、『Your Story』へと続きます。
そしていよいよ『제발 (Please)』。リダの腹筋に期待していたみなさんも多かったと思います。ソウルではTシャツを破いていましたが、今回はまくり上げて肩に掛けるという別パターンで来ました。もちろん、今日一番の盛り上がった場面でしたが、この反応に「みなさんは他の曲ではなくて、この『제발 (Please)』だけを18回聴きたいと思っていますよね。」とリダ節炸裂。
「ネー!」と応える会場に「こんなにみなさん積極的なんですか?!」と爆笑のリダ。
「次の機会があれば、小さな会場で、日本のお一人お一人にお会いする約束をしたいです。その時はまた会いましょう。みなさんとも近い距離でアイコンタクトをしてあげますね。」と真面目なトーンになったかと思うと、「まだまだ曲は残ってます。さらに大きな歓声をお願いします。『제발 (Please)』の時だけじゃなくて。みなさんは曲を聴きに来たのであって、体を見に来たわけじゃないですよね。もし体を見たければ、“身体の神秘展”みたいなのをやってますからそこでしっかりと見てほしいです。」とここでもまたリダ節炸裂でした。

『예전처럼(以前のように)』~『그대도 나와 같다면(君も僕と同じならば)』を歌うと、ファンの写真を集めたVTRへ。日本でもやはり拍手が起こりました。
『I’m Yours』アコースティックバージョンを披露すると、「バンドでのコンサートも、今回のようなダンサーとのステージもまた(それぞれ)魅力があると思います。これからみなさんに歌手キム・ヒョンジュンとしてお見せするステージ、音楽は、ダンス曲だけでなく、こんな風にみなさんと触れ合えるステージ、そしてリアルなステージになるのではないかと思います。」とのコメントに会場からは拍手が。
続けて「最近ものすごく汗を掻くようになったみたいです。ほとんどのみなさんが僕より年上の方だと思います(笑)。そんな中でこんな風にスタンディングで一生懸命情熱的に応援してくださっているので、しっかり体調管理して、もっといい姿をお見せしたいです。」と言うと、思いついたように「みなさんちょっとトーンを上げて声を出してみましょうか?」と会場にリクエスト。みんな頑張って黄色い声援を送ります。すると、「最初はブーイングのような感じで、歌いながら何か気に入らないのかな、と思っていました(笑)。声をワントーン上げで応援してくださいね。最初からこんな風にしてくれたらもっとよかったですね。日本では何か良くないことがあったのかと思いました(笑)。」とリダらしいコメントに会場は大爆笑。ここでうれしい青森での音楽フェスティバル出演の発表があると、『Nothing on You』へ。「残念ですけど、最後の最後の最後の曲です。」と日本語で伝えると『Kiss Kiss』で最後のステージを飾りました。

すぐにVTRが始まり、「キム・ヒョンジュン」コールが起こります。VTRの内容はリダからの手紙。
リダの正直な気持ちがひしひしと伝わる内容で、会場からは拍手が起こり、中には涙ぐんでいる人もいました。
最後にアンコールを促すメッセージが出ると、会場からは大きな「アンコール」が起こります。
『Your Story』に続く『Beauty Beauty』ではリダが客席まで下りて行き、ファンヘ感謝の気持ちを送ります。大歓声の中、まだ半分も行っていないところで曲が終わってしまい、「あと2曲ほどやりましょうか?声、それしか出ないんですか?」と言うと、歓声はさらに大きくなり、再び『Do You Like That』へ。ステージに辿り着くと最後の曲『Lucky Guy』。最高の盛り上がりとなりました。

「ありがとうございました。みなさん最高でした。」と日本語で伝えると、「今日来てくださったみなさんにもう一度言いたいと思います。僕のことを愛してくださってありがとうございます。どんなに辛くても苦しくてもみなさんのことを思い出して元気を出せる歌手であり俳優キム・ヒョンジュンになりたいとまたこの場で誓いたいと思います。」と泣かせるコメント。
日本語で「みなさん、気を付けて帰ってください。僕たちが“ありがとうございました”したらみんなは?」というリダに会場は「お疲れ様でした~(スゴヘッソヨ~)!」と応えると、「合ってます!」とご満悦のリダ。最後はリダたちの「せーの、ありがとうございました!」に会場が「お疲れ様でした~(スゴヘッソヨ~)!」で挨拶をして、「また、明日!」と言ってリダはステージを後にしました。

今日は日本語でたくさん話してくれたリダ。日本公演初日でちょっと緊張していたような部分もありましたが、これもまたリダの魅力。相変わらずのリダ節も炸裂し、楽しい2時間を過ごせました。
前頁

【関連記事】
【読者特派員レポ】キム・ヒョンジュン ソウルコンサート「2014 KIM HYUN JOONG WORLD TOUR ‘夢幻’」 レポ(1/2)
【読者特派員レポ】キム・ヒョンジュン ソウルコンサート「2014 KIM HYUN JOONG WORLD TOUR ‘夢幻’」 レポ(2/2)
【動画】キム・ヒョンジュン 4thシングル『HOT SUN』発売記念イベント at お台場パレットタウン
【レポ】キム・ヒョンジュン 4thシングル『HOT SUN』発売記念イベント at お台場パレットタウン
【写真】キム・ヒョンジュン 4thシングル『HOT SUN』発売記念イベント at お台場パレットタウン ギャラリー1
【写真】キム・ヒョンジュン 4thシングル『HOT SUN』発売記念イベント at お台場パレットタウン ギャラリー2
【レポ】キム・ヒョンジュン「感激時代~プレミアムファンミーティング2014」in パシフィコ横浜~リダ節炸裂で笑い満載(1/2)
【レポ】キム・ヒョンジュン「感激時代~プレミアムファンミーティング2014」in パシフィコ横浜~リダ節炸裂で笑い満載(2/2)
【写真】キム・ヒョンジュン「感激時代~プレミアムファンミーティング2014」in パシフィコ横浜(1/2)
【写真】キム・ヒョンジュン「感激時代~プレミアムファンミーティング2014」in パシフィコ横浜(2/2)

4thミニアルバム – Timing(韓国盤)

HOT SUN (初回生産限定盤)(Type A )(DVD付)

HOT SUN (通常盤)

人気記事 おすすめ記事