韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2016年2月22日10時01分 月曜日 チソン×ファン・ジョンウムが再共演!『キルミー・ヒールミー』オフィシャルインタビュー《ファン・ジョンウム編》

20160222_killme-healme_HwangJungEum_01

日本でも大ヒットした「秘密」で2013年KBS演技大賞最優秀演技賞をそろって受賞したチソンとファン・ジョンウムの名コンビが再共演した「キルミー・ヒールミー」。
本作は、多重人格や幼少時の事件というミステリアスな要素を主軸に据え、次第に明らかになる主人公たちの繋がりと悲しい真実に心震える一方、「相手を守りたい」という主人公たちの“愛”に心温まり、更には随所で笑いをも誘う、至高の癒し系ロマンスコメディとなっている。
記憶との“再会”によって二人に訪れた愛と癒し…胸が熱くなるヒーリング・ラブコメディ「キルミー・ヒールミー」は4月2日(土)にDVD-BOX1がリリース!

『キルミー・ヒールミー』オフィシャルインタビュー《ファン・ジョンウム編》

20160222_killme-healme_04―本作に出演しようと思った理由は?
本作の脚本家が昔からファンだったチン・スワンさんだったことが理由の一つですね。チン・スワンさんは作品にメッセージやテーマを込められる脚本家のお一人で、そうしたメッセージやテーマを芝居の中で表現するのはとても難しいのですが、チン・スワンさんはみんながあっと驚くような展開を毎回用意される方で、そこが本当に大好きで…。でも、前作の撮影が終わった頃で、とても疲れていたので、しばらくはいただいた台本を読めず、そのままにしていたんです。そうしたら、事務所から「いい作品だからすぐに読んでみなさい」と言われて、慌てて読みました。本当に面白いと思い、ぜひこの作品をやりたいと、すぐに出演を決断をしました。この作品を逃したらきっと後悔したと思います。

―現場の雰囲気はいかがでしたか?
とても雰囲気のいい現場でした。チソンさんは作品をリードする役ですから、本当に大変だったと思うのですが、そうした疲れた雰囲気を周りに一切感じさせない方で、他の人には真似できなほどいい現場を作ってくれました。そんなチソンさんを俳優としても人としても、とても尊敬しています。むしろ私の方が「大変なチソンさんがあれだけ一生懸命やっているのに私は…何もできてないんじゃない!?」と思ったほどです。頑張るチソンさんの姿を見て、私自身も「よしっ!」と気合いを入れて撮影に臨んでいました。

―役作りはどのように?
役作りと言うほどのことは、特にしていませんが、その時その時に集中して演じていました。なぜかというと、この作品は劇的な展開が多く、私が物語の先を予測させるような芝居をしてしまうと面白くなくなってしまうからです。先を知っているのに知らないような芝居をするのは結構難しいんです。監督もいろいろと助けてくださいました。例えば、説明してくださるときも、あえて私には隠している部分もありました。ですから、明るい場面では何も考えずとにかく明るく、悲しいときは普段、自分が感じるように悲しく演じました。実際の人間もそうですよね。悲しいことがあったからと、常に暗い顔をして過ごしているわけではないですよね。悲しいことがあったときには泣いたりもしますが、時間が経つにつれて悲しい気持ちもおさまって、友達とお酒を飲みに行ったり、自分なりの方法で解決しますよね。本作では普段の私が感じるときと同じような気持ちでずっと演じていました。

20160222_killme-healme_09―チソンさんとは今回で2回目の共演でしたが、いかがでしたか?
私から見たチソンさんは、とても頭の回転が速い方なので、前作の時に「ファン・ジョンウムとはどういう人間か」を全て把握したんだと思います。だから、今回の撮影では、「ファン・ジョンウムをのせる方法」も全部知っていたんだと思います(笑)。本当にいろんなところで助けてもらいました!

―チソンさんが演じたキャラクターの中で、一番魅力的だったのは?
7人とも全く違う魅力がありますし、全てのキャラクターをチソンさんが見事に演じていたので、誰か1人を…と言われても本当に悩んでしまうのですが、その中でも、あえて1人を選ぶとしたら、ヨナがかわいらしくて、一緒に演じていても面白かったですね。大笑いしながら楽しく見ていられますからね。

―今回、ファン・ジョンウムさんが撮影中にいろんなアイデアを出されたと聞いたのですが…
え?そんなことないですよ(笑)? 黙っていても監督がいろんなアイデアを出してくれましたよ(笑)他の現場では、本当にいろいろ考えて撮影に臨む時もあります。でも今回はチソンさんと監督の方が、私が考えているよりももっといいアイデアをたくさん出してくださるので「それいいですね!」「そっちもいいですね!」と言っていただけで私は本当に何もしていませんよ(笑)。

―今回はご自身の中でどんな作品になりましたか?
他の作品とは根本的に意味が違うように思います。当初、私がこの作品で「こうなったらいいな」と思っていたもの全て…いえ、それ以上のものを得られた作品ですね。

【演出】キム・ジンマン「スキャンダル」「エデンの東」
【脚本】チン・スワン「太陽を抱く月」
【出演】チソン、ファン・ジョンウム、パク・ソジュン、オ・ミンソク、キム・ユリ
【STORY】
僕に足りなかったカケラは、君の笑顔だった
アメリカで静かな生活をおくるスンジン財閥の御曹司チャ・ドヒョン(チソン)。お人好しで誰にでも好かれる性格だが、実は多重人格という家族にも明かせない秘密を抱えていた。ある日ドヒョンは別人格の一人であるセギの仕業により、いつの間にか韓国へ向かう飛行機の中へ。その帰国途中で覆面小説家のオ・リオン(パク・ソジュン)と精神科の研修医であるリジン(ファン・ジョンウム)兄妹に出会う。その後、ドヒョンはリジンと再会するが、その時ドヒョンはセギの人格に切り替わり、なんとリジンに告白してしまう!セギの行動が全く記憶にないドヒョンと、めまぐるしく変化する彼の様子に混乱するリジン。やがて、リジンはドヒョンが多重人格であることを知り、ドヒョンはリジンに自分の主治医になって欲しいと依頼する。多重人格になった原因を探り始める二人、そこには過去の事故とリジンの影が見え隠れしていた。一方で、セギは主人格であるドヒョンを抹殺し、リジンを手に入れようと画策していて…。
【日本公式サイト】http://killme-healme.jp/
20160120_killme-healme_BOX1「キルミー・ヒールミー」
DVD-BOX1 2016年4月2日発売
DVD-BOX2 2016年5月3日発売予定(全2BOX)
価格:各19,000円(本体)+税
発売元:コンテンツセブン/デジタルアドベンチャー
販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
(C)2015 MBC

人気記事 おすすめ記事