韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2016年10月12日00時11分 水曜日 【レポ】「KNTV 20th & DATV 7th Anniversary Live 2016」イトゥク&キュヒョン(SJ)、2PM、NCT、K.willなど豪華出演!(1/3)

20161001_kn20thda7thlive_011


【レポ】「KNTV 20th & DATV 7th Anniversary Live 2016」キュヒョン&イトゥク(SJ)、2PM、NCT、K.willなど豪華出演!(1/3)

20161001_kn20thda7thlive_034

10月1日(土)、KNTVの開局20周年とDATVの開局7周年を記念したK-POPイベント『KNTV 20th & DATV 7th Anniversary Live 2016』が横浜アリーナにて開催。SUPER JUNIOR-KYUHYUN、2PM、K.will、NCT、BEE SHUFFLEが出演し、昼・夜二回公演で18,000人を動員した。

夜公演の直前にはフォトセッションが行われ、出演者が次々と登場。
今回イベントのMCを務めるSUPER JUNIORのイトゥクは、メンバーのキュヒョンとともに登場。SUPER JUNIORらしい楽しいフォトセッションとなった。
二人で向かい合って手を合わせてポーズを取ったり、スカッピーの目を二人でわざと隠したり、キュヒョンがシッポつかんだり、ムービーには笑顔で「かわいくなるように撮ってください~(日本語)」と言って、カメラマンと記者を終始笑わせた。
そして、イトゥクとともにMCを務める“ますだおかだ”の増田英彦とイトゥクのツーショットでは、イトゥクが増田の相方 岡田のギャグを披露したり、ギャグポーズをしたりとイトゥクのバラエティ感を発揮。

SUPER JUNIORの後輩でもあるNCTは、メンバーひとりずつのキラキラ感が半端ない新人ルーキー登場という感じだった。

そして風格とオーラを放って登場したのが2PM。メンバーそれぞれの個性が光っていた。「テギョン、カッコイイ!」と記者からの声が上がっていた。

20161001_kn20thda7thlive_003

出演者の紹介VTRが流れ、夜公演がスタート。
トップバッターは、日韓ボーイズグループBEE SHUFFLEがオープニングを飾り、歌が終わると歓声の中、MCのイトゥク(SUPER JUNIOR)と増田、KNTV・DATVアナウンサー宮本優香がステージに登場。イトゥクは「今日は増田さんの相方をします。ねずみのチュ~、牛のギュ~。閉店ガラガラ~。出た!」と、早速ますだおかだの持ちネタを披露。そんなところは、流石である。
増田も「完璧!シャッターのキレがいい」と返し、イトゥクと息の合った司会っぷりを披露した。

続いてのステージは、SUPER JUNIORの事務所の後輩でEXO以来の大型新人ボーイズグループのNCTが登場。NCTは、3つのユニットがあるがNCT-UとNCT127の9人が登場。

NCT-Uのデビュー曲『The 7th Sense』、ダンスのセンスが光る曲で、新人とは思えない堂々としたパフォーマンス。鍛錬されたダンスと歌を披露した。続いて、NCT-Uのボーカルチームであるジェヒョン、ドヨン、テイルが『WITHOUT YOU』を熱唱。ダンスだけでなく、歌唱力も抜群なところを見せた。

20161001_kn20thda7thlive_036

その後、9人全員がステージに登場して挨拶。
日本人メンバーのユウタは「関西弁が出ちゃったら緊張してると思ってください。」と言いながらも、MCで引っ張っていった。「かっこいい先輩がたくさんいるけど、見惚れんといてな!」とファンの心をわしづかみ。挨拶の時、ジェヒョンのヘッドマイクが調子悪くて、となりのユウタとテヨンが自分のヘッドマイクをのばしてジェヒョンに使わせてしゃべらせるというそんな光景に会場は大絶叫。
その後、NCT127が『Once Again』『Fire Truck』を続けて披露。まだ日本デビューしていないのに、会場では『Fire Truck』のコールが響きわたっていた。
これから、日本で一番期待のかかる新人となる事だろう。

20161001_kn20thda7thlive_013



(つづく)→次頁

【KNTV放送情報】
「KNTV 20th & DATV 7th Anniversary Live 2016 スペシャルエディション」
11月25日(金)後10:05~深0:35 日本初放送

【DATV放送情報】
「KNTV 20th & DATV 7th Anniversary Live 2016 ディレクターズカット版」
2017年1月放送 日本初放送

人気記事 おすすめ記事