韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2015年5月13日11時14分 水曜日 「国際市場」新大久保店 ~東方神起ユンホ出演『国際市場で逢いましょう』と釜山の魅力満載のコンセプトショップが期間限定で誕生!

kokusai_sub4_yunho

新大久保に、映画の舞台となった「国際市場」コップンの店が登場!

韓国で観客動員1,410万人を超え韓国史上歴代2位の歴史的大ヒットを記録した、『国際(こくさい)市場(いちば)で逢いましょう』が5月16日(土)より、いよいよヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほかにて公開となります。
本作は、釜山の“国際市場”を重要な舞台の背景に、朝鮮戦争の興南撤収作戦、西ドイツ派遣、そしてベトナム戦争など激動の歴史を通して、家族のために生きた一人の男の生涯を描いた大河ドラマ。戦後の復興で貧しいながらも一生懸命生きる人々の姿や、喧嘩しながらも仲の良い家族団らんの風景など日本人にも昔懐かしく、マスコミ試写でも号泣者続出!国や世代を越え、家族に思いを馳せ、共感できると早くも話題となっている感動作です。

この度、日本公開を記念し、5月14日(木)より期間限定で、映画の世界に入り込んだようなコンセプトショップ「国際市場 新大久保店」を東京・新大久保にオープン致します! イケメン通り沿いにあり、まさに、釜山の国際市場を彷彿とさせる店内には、ここだけでしか見られない映画のスチールを多数展示。さらに日替わりで釜山名物の韓国料理をご用意、釜山情報コーナーも設置し、色々な角度から映画の世界観と釜山の魅力をご堪能いただけます。

■「国際市場」 新大久保店
映画の大ヒットにより、観光客が殺到し賑わう釜山・国際市場の雰囲気が味わえるコンセプトショップ。
韓国ならではの雰囲気が感じられる店内には、『国際市場で逢いましょう』の撮影スチールパネルなどを多数展示。映画の世界観が味わえるほか、本作のロケ地情報や釜山のおススメ観光地などの情報がたくさん!
さらに、トッポッギ、ブルゴギバーガー、プサン風冷麺、キムチチヂミなど釜山の名物料理や韓国料理が日替わりで楽しめるコーナーも。映画を観る前も観た後も楽しめるスポットです。
20150512_kokusai◆オープン期間:5月14日(木)~6月7日(日)
◆営業時間:  平日(月~木、日)午前11時から午後8時まで
週末(金、土) 午前11時から午後10時まで
◆場所:    新宿区大久保1-13-6 (イケメン通り沿い)
詳細は 映画公式HPまで

※【訂正】この『国際市場で逢いましょう』の記事に関しまして、 SHU-Iさん参加の明日5/14のイベントはマスコミ向けになります。来場されてもお客様との接触等は一切ないので、記事を訂正させていただきました。申し訳ありません。また近隣の方のご迷惑になりますので、明日はご来場なさらないようお願いいたします。

kokusaiichibaposta■国際市場で逢いましょう
【ストーリー】 幼い頃、朝鮮戦争時の興南撤収作戦による混乱の中、父、そして末の妹と離れ離れになり、母と残された2人の兄妹と共に避難民として釜山で育ったドクス。成長したドクスは父親の代わりに家計を支えるため、西ドイツの炭鉱へ出稼ぎや、ベトナム戦争で民間技術者として働くなど、幾度となく生死の瀬戸際に立たされる。しかし、彼は家族のためにいつも笑顔で必死に激動の時代を生きていく―

監督:ユン・ジェギュン『TSUNAMI-ツナミ-』
出演:ファン・ジョンミン『新しき世界』 キム・ユンジン『ハーモニー 心をつなぐ歌』
チョン・ジニョン『王の男』 チャン・ヨンナム『チング2 永遠の絆』
ラ・ミラン『ソウォン/願い』 キム・スルギ『怪しい彼女』  ユンホ(東方神起)
配給:CJ Entertainment Japan【2014年/韓国/127分】
(c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
★公式サイト:kokusaiichiba.jp ★公式ツイッター @kokusai_ichiba

入場者プレゼント決定!
5月16日(土)及び5月23日(土)から公開の劇場にて、本作をご覧いただいた方に特製クリアファイルをプレゼント!
また、GETすると、さらに良いことがあるかも!? 数量限定、先着順での配布のため、是非お早目に劇場へ!

人気記事 おすすめ記事