韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2012年3月19日18時05分 月曜日 2012イ・ジュンギ「Coming Back!」パシフィコ横浜ファンミ レポ(その2)

軍隊に行ってる間、新しい人がたくさんでてきたと聞いてますが、またトップにたちます!と決意を語ったイ・ジュンギ

男っぽいイ・ジュンギをみせたかと思うと、ひょうきんな一面も。
「歌手のファンと違うから、腰痛いとかダメですよ(腰をたたいてパフォーマンスしながら)、みんな若いんですから、ジャンプしてね」と笑いを誘ったり、それと、日本語3ヶ月くらいがんばって、日本のバラエティにもでてみたいと豊富も語った。

そして、Q&Aでは、、
Q.日本で共演してみたい俳優は?

宮崎あおい(会場からブーイング)、じゃあ、誰がいいの?とステージから降りて、会場のファンに直接聞いてまわり、北川景子とか、松嶋菜々子など数々あがるも、結局誰もイヤなようで…(笑) 

Q.愛用する下着は、三角か四角か?(MCも本人も照れてるが、会場はかなりの盛り上がり)

その時で違っていて、外出するときはピッタリ、寝るときは、ゆったりと…。
「今日は?」と会場からの質問がとび、、今日は動きやすいフィットするタイプと照れてコメント。

Q.自慢できるインテリアは?

カーテンが4重で、ヴァンパイアっぽく、王室の雰囲気。

Q.贅沢だと思う物?

お金はあまり使わないし、財テクもしてないので、通帳行き。
あっ、でも車は贅沢、それと、舞台は、贅沢に作りたい。
ステージが、豪華になったら、儲かったと思ってと笑いを誘ってました

イ・ジュンギは、ステージの間、テンション高く楽しそうにいろんな話をしてくれました。
本人も言っているとおり、俳優なのですが、歌もダンスもなかなかです。
そして、なんといっても除隊後1ヶ月しか経ってないと思えないステージでした。
ダンスの練習、歌の練習と大変だったと思いますが、とても楽しいステージでした。

ゲストに、韓国で視聴率が40%を超えたキム・スヒョン&ハン・ガイン主演の「太陽を抱いた月のOSTに参加したイ・ギチャン太陽を抱いた月のOSTから「違うことを」ドリームハイ2「痛い希望」、そして「雪の華」をしっとり歌い、さらにイベントに花を添えた。イ・ギチャンは、バラードを中心に10年も歌っているベテランで、味わいある歌声を披露し、会場は一気に歌声に引き込まれた。

しっとりした歌に、引き込まれた会場の雰囲気の中でてきた、イ・ジュンギは、「僕のこと忘れてしまうのでは、と心配した」と茶目っ気あるコメントで、また惹きつけ、「女よりきれいな男」の異名を持つイ・ジュンギは、軍隊生活で精かんさと男っぽさを増したなと思っていると愛嬌でプインプインを見せ可愛らしい一面を見せるなど、イ・ジュンギのいろんな魅力を発揮するファンミーティングとなった。

イ・ジュンギのセットリスト、写真は、その3で、お楽しみに!

セットリストは、その3
その1を読む

Deucer(DVD付)
1. Together (Japanese Ver.)
2. The Rain (Japanese Ver.)
3. Born Again (Korean Ver.)
4. Folk Rock
5. Together (Korean Ver.)
6. The Rain (Korean Ver.)
7. Together (inst.)
8. The Rain (inst.)

Deucer(TYPE A)(DVD付)
1. Together (Japanese Ver.)
2. The Rain (Korean Ver.)
3. Together (inst.)
4. The Rain (inst.)

Deucer(TYPE B)(DVD付)
1. Together (Japanese Ver.)
2. Born Again (Korean Ver.)
3. Together (inst.)
4. Born Again (inst.)

人気記事 おすすめ記事