韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2016年5月14日17時23分 土曜日 【レポ&動画】江守徹、ユナク(超新星)登壇!映画『マクベス』初日舞台挨拶イベント@お台場シネマメディアージュ

20160513_macbeth_D1_0955

2016年は人類史上最も偉大な作家、シェイクスピア没後400年にあたる年。そして彼の最高傑作と言える『マクベス』が、マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール主演の映画『マクベス』としてスクリーンに蘇り、5月13日(金)に公開初日を迎えた。
この公開を記念して、お台場シネマメディアージュで初日舞台挨拶イベントが行われ、シェイクスピエア作品に造詣が深い江守徹、日本版テーマソング担当のユナク(超新星)の両氏が登壇し、トークセッションを行った。

20160513_macbeth_D1_929最初に登場したのは江守徹。
この『マクベス』に対して、「シェイクスピア劇をもとにした作品を今まで随分観ましたが、その中で一番いいものだと思っています。」と感想を述べ、その一番の理由を「マイケル・ファスベンダーとマリオン・コティヤールの夫婦の良さが、シェイクスピエア劇とは思えないほど、現代そこに存在している人物なのではないかと思った。」と答えた。

短い時間ではあったが、シェイクスピア4大悲劇全てに出演の江守氏ならではのシェイクスピア作品に対する思いや、『マクベス』の魅力、俳優論まで、内容の濃い、トークセッションが繰り広げられた。
最後は「この『マクベス』は、シェイクスピエアのお芝居ではありますけれども、みなさんの身近にいるような人々、そして事件を描いた、とても現代的な作品だと思います。みなさんもご覧になるようにお勧めください。」とメッセージを送った。

20160513_macbeth_D1_964続いてこの映画のテーマソングをレコーディングしているユナクの様子がVTRでスクリーンに流されると、舞台にはユナク本人が登場。
「みなさん、お久しぶりです。超新星のリーダー、ユナクです。よろしくお願いします。」と少し緊張した面持ちで挨拶すると、早速トークセッションへ。
シェイクスピエアの作品は本でほぼ読んでいるというユナク。昨年韓国で上映された際にもこの映画『マクベス』を観たそうで、「映像美がすごくきれいで、俳優さんの演技力がとにかくすごいと思いました。精神的にも感情的にも変わっていくのが、1回見ただけでもすごく見えました。」と作品に対する感想を教えてくれた。特に印象に残っているのは、マクベスが一筋の涙を流すシーン。「ありえない芝居」だと思ったそうで、何度もそのシーンを観たそう。

テーマソングを担当することに対しては、「シェイクスピエア作品のテーマソングで僕の声が流れるということは、うれしいし光栄です。日本に来て、(『マクベス』のCMで)テレビから自分の声が聞こえて、びっくりしました。」と喜びを伝えた。
またテーマソング「Eternal Star~君のために~」の話題になると、レコーディングの秘話なども語られた。(→動画でチェック)
そして、隣に座る江守氏の印象を尋ねられると、かなり緊張した表情で、「お会いできてすごくうれしいし、光栄です。初めて挨拶しに行った時に、オーラがあって、存在感があって、今もちょっと緊張しています。」と答えていた。

江守氏の自分に対する印象を聞き、少し照れたり、また逆に江守氏に俳優としてアドバイスを受けたりする場面も。(→動画でチェック)
最後はファンへメッセージを送り、ソロアルバム発売のうれしいニュースも伝えてくれた。(→動画でチェック)

映画『マクベス』は、TOHO シネマズシャンテ他全国で大ヒット上映中!

<STORY>舞台は中世スコットランド。有能で慈悲深いダンカン王に仕える将軍・マクベスは、反乱軍との激しい戦闘の末、勝利を収める。その岐路、謎めいた魔女が現れ、“マクベスは領主になり、そして王になるだろう”という不可解な予言を囁く。謎めいた予言を残し霧のように消えた魔女にとまどうマクベスたちの元に、王の使いが到着する。なんとコーダーの領主が死亡し、マクベスが領主となるよう勅命が下ったのだ。魔女の囁きによって、忠誠心とは裏腹に王座への野望という炎を心に灯してしまったマクベスを、言葉巧みにマクベス夫人が夫の良心を消し去ろうと画策する。そんな時、ダンカン王がマクベスの城に宿泊する日がやってくる!マクベス夫婦の野心が、人間の奥底に潜む魔性のごとき“狂気”をむき出しにしていき、やがて彼ら2人の運命は大きく狂いだす・・・。

監督:ジャスティン・カーゼル  原作:ウィリアム・シェイクスピア  出演:マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、エリザベス・デビッキ、ショーン・ハリス
配給:吉本興業  提供:アイアトン・エンタテインメント  作品情報:2015年/イギリス/上映時間:1時間53分/レーティング:PG-12
(C)STUDIOCANAL S.A / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015/公式サイト:http//macbeth-movie.jp

人気記事 おすすめ記事