韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2014年3月3日00時05分 月曜日 【レポ】M.I.B LIVE in JAPAN 【GET CRAZY】 at 新木場STUDIO COAST(2/2)

DSC_1006
©JUNGLE ENTERTAINMENT

カンナム、ヤングクリーム、オジク、シムスの順にそれぞれの魅力あふれるソロステージを披露し、再びスクリーンにファンからのメッセージを集めたユーモアあふれる映像が流れると、今度は会場後方に設置されたサブステージにサプライズ登場。

DSC_1120

©JUNGLE ENTERTAINMENT

新曲『놀고들있네』と『皆ありきたり』の2曲で、サブステージの上を所狭しと動き回る彼らに会場も熱狂。
そしてここでフリースタイルのラップを披露してくれることになったのだが、日本語限定ということで、かなり面白い展開に。ヴォーカルのカンナムまでラップを披露すると、今度は会場のお客さんもラップに挑戦することに。
続く『Who Am I』でメインのステージに戻ると、『Nod Along !』でラストスパートをかける。韓国でのカムバックが報告され、最後の曲『Dash (Men In Black)』を披露しステージを後にした。

会場からはアンコールと共に「M.I.B」コールも起こり、4人が再び登場。「思いっきり最後遊びましょう!」という言葉と共に『Celebrate』へ。

DSC_0217

©JUNGLE ENTERTAINMENT

本当はここで終了のはずだったが、会場の「M.I.B」コールに応えてカンナムが登場。怒られるのを覚悟でプロデューサーに懇願し、ファンのために再び『G.D.M』を披露。4人が登場したサブステージの周りにはファンが押し寄せ、最高の盛り上がりで幕を閉じた。
一見“怖いお兄さんたち”に見える彼らだが、そのイメージは曲を聴くと“かっこいいお兄さんたち”になり、さらにはライブを見ると“かわいいお兄さんたち”という印象がプラスされた。ヒップホップというととっつきにくいかもしれないが、彼らの曲はメロディアスで心地よく、一度聴くとグッと心を掴まれる。韓国人と日本人のグループだからこそ生み出されるライブでの絶妙なトークも彼らの魅力の一つ。ぜひ曲を聴いてライブを見て、彼らの世界を体感してほしい。(完)
前頁へ
ギャラリーはこちらへ

公演タイトル : M.I.B LIVE in JAPAN 【GET CRAZY】
日 時 : 2014年2月22日(土)午後6時開演    会 場 :新木場STUDIO COAST
主催・企画:ME PLUS
制作:ライズコミュニケーション
協力:JUNGLE ENTERTAINMENT/ CJ E&M Japan(Mnet)

M.I.B Mnet出演番組情報
『JJANG!』
本放送:毎週(月)午後11:00~11:30
再放送:毎週 (水)午前11:30~0:00 、毎週(月)午後3:00~3:30
カンナムがMCをつとめ、韓国芸能ニュースをブラックユーモアたっぷりご紹介!

『K-POP ZONE』
本放送:毎週 (金)午後11:00 ~11:30
再放送:毎週 (土)深夜4:30~午前5:00、毎週(水)午後4:30~5:00
Mnet Japan開局当初から続く、K-POP情報バラエティ。カンナム、5ZicがMCを務め、
街頭インタビューや、最新ランキングを元に、今韓国で流行っている最新K-POP情報をお届けします!

Mnetチャンネル情報
韓国100%エンターテインメントチャンネル【Mnet】
スカパー!、全国のケーブルテレビほかで視聴可能
Mnetホームページ jp.mnet.com/jtv/
Mnet Facebook Mnet Japan
Mnet Twitter @Mnet_Japan
Mnet Japan Youtube http://www.youtube.com/user/MNETJAPAN
Mnetカスタマー TEL:03-3502-3141 (Weekday 10:00-12:00/13:00-18:00)

M.I.B Japan OFFICIAL FANCLUB http://www.m-i-b.jp/

【関連記事】
【レポ】M.I.B LIVE in JAPAN 【GET CRAZY】 at 新木場STUDIO COAST(1/2)
【写真】M.I.B LIVE in JAPAN 【GET CRAZY】 at 新木場STUDIO COASTギャラリー

人気記事 おすすめ記事