韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2017年8月27日14時33分 日曜日 【レポ】MONSTA X日本初ファンミーティング『JAPAN Official Fan Meeting Vol.1 ~Beautiful Days~』 at Zepp Tokyo~MONBEBE にとってMONSTA Xが、MONSTA XにとってMONBEBEが誇らしくあってほしい(2/2)

20170822_MONSTAX_170821_YK_05233

【レポ】『MONSTA X, JAPAN Official Fan Meeting Vol.1 ~Beautiful Days~』 at Zepp Tokyo(2/2)

ここで再びライブステージに移る前に、マイクチェンジのため、ミニョク、ジュホン、アイエム、キヒョンを残し他のメンバーは一旦退場。
「最近覚えた日本語は?」という話題から、なぜかミニョクが愛嬌を見せることに。
ジュホンがボイスパーカッションと先ほどの歌を交えながら歌うと、それに合わせてミニョクが愛嬌を披露。
そして「好きな日本の食べ物」には、「ハンバーグ」「つるとんたん」「しめさば」という通な答えが返ってきていた。

入れ替わりでウォノ、ショヌ、ヒョンウォンが登場すると、ウォノがアカペラで歌を披露。その横でイタズラしているようにも見えたショヌとヒョンウォンはミュージックビデオを演じていたそう。
ヒョンウォンは日本語を準備してきたと言って、「一目惚れしました」「ごはん作っておいたよ」「いつもあなたたちの味方だよ」と甘い言葉を披露。
横からショヌが「おいで、ぎゅっとしてあげる」と言ってさらに会場は興奮状態に。

メンバー7人がステージに揃うと、ジュホンの「それではライブに戻りますか~?」の言葉で音楽がスタート。
『白い少女』を優しく歌うと、途中ヒョンウォンからは「会いたかった」の言葉が。
続く『白砂糖』もミディアムテンポの爽やかな曲で、途中ジュホンから「愛してる」の言葉も。

歌が終わると、ウォノが興奮気味に「ファンのみなさんが僕にすごくハートを贈ってくれるので、すごくうれしいです。」と喜びを表すと、ミニョクも「この曲は僕たち韓国のコンサートで歌ってきたんですけど、日本のみなさんも本当に一緒に歌ってくれてますね。」と続く。
アイエムから「この振り付け、キヒョンが作ったんですよね?」とフラれたキヒョンは自信の表情を見せるも、他のメンバーから「ミニョクが作ったと思います。」とイタズラされる場面も。

ショヌが「それでは初披露となります、聴いてください。」と言って始まったのは『Ready or Not (Japanese ver.)』。先ほどまでとは打って変わって、激しいパフォーマンスを見せる。
続く『Oi』でもステージは激しさを増し、会場からも熱い応援が飛ぶ。

歓声の中、メンバーがステージを後にすると、VTRがスタート。
1月のショーケース、2月の『HERO』ミュージックビデオ撮影、5月のショーケース、記者会見、イベント、6月の『Beautiful』ミュージックビデオ撮影と2017年のMONSTA Xの日本活動を追ったVTRで、最後は“いつもありがとう”というメンバーからのメッセージで締めくくられていた。

今度は黒い衣装に着替え、日本デビュー曲『HERO (Japanese ver.)』へ。MONBEBEの掛け声もバッチリで、途中、メンバーが鍛え上げた腹筋を見せる度に会場からは「キャ~!」という歓喜の声が上がっていた。
続く『Fighter』は「愛してるよ~」の言葉と共にジュホンとアイエムがハートを作ってスタート。
激しい掛け声の中、力強いパフォーマンスで会場を魅了した。

ここでMCを挟むと、ウォノから『Fighter』の振り付けの裏話が。
最後の部分は、息が切れた感じで、肩を大きく上げ下げしているが、そんなに息が切れていないのだそう。カッコよく見せるためにそうやっているのだそうで、実際にもう一度その部分の振り付けを全員でやって見せて、会場も大喜び。

そして日本初披露の曲『Blind』へ。また雰囲気の違うレゲエ調な耳に残る曲で心地よくなると、再びしばしトーク。
初披露の曲ということでファンの反応が気になる様子のメンバーたちだったが、ウォノからは「MONBEBEと過ごすのは毎回初めて(のような気分)だ。」との言葉が。そして『Blind』を一節、メンバーとMONBEBEが一体となって歌うと、ミニョクの合図で『Trespass (Rock ver.)』へ。
準備万端のMONBEBEからは息の合った掛け声が起こり、メンバーも息の合ったダンスでこれに応えた。続く『RUSH (Rock ver.)』でも会場一体となって盛り上がったところで、残すところあと1曲に。

キヒョン「みなさん、今日のファンミーティングどうでしたか?楽しかったですか?残念ながらお別れの時間がきてしまいました。」
ヒョンウォン「いつも熱心に応援してくれるMONBEBEのみなさんに、会えて本当にうれしかったです。」
ジュホン「明日いよいよ僕たちのセカンドシングル『Beautiful』が発売になります。みなさんたくさん聴いてください。応援よろしくお願いします。」
ウォノ「リリースイベントも大阪と東京であります。みなさん、僕たちに会いに来てくれますよね?約束♡」
ミニョク「今日は本当に楽しかったです。東京のMONBEBE、ありがとう。これからも僕たち、一生懸命がんばりますので、応援してください。」
ショヌ「こうして僕たちがステージに立ってるのも、みなさんがいるからです。ここにいる7人でみなさんをもっと幸せにできるようにがんばります。」
とそれぞれコメントすると、最後は日本セカンドシングル『Beautiful (Japanese ver.)』を披露。
会場からの掛け声は一層大きくなり、ジャケットを一瞬で脱いで美しく飛ばしていく圧巻の身のこなしには息を呑んだ。

メンバーがステージを後にすると、興奮冷めやらぬ会場からは「MONSTA X」コール。
そしてスクリーンではカウントダウンがスタートし、1まで数えると、お待ちかねの7人がTシャツに着替えて登場。
『I’ll Be There』を歌いながら、会場にサインボールを飛ばしたのだが、強肩揃いのMONSTA X、2階にも届きそうな勢いでボールを投げていた。最後は全員がサインボールにキスをしてボールを投げるというサービスも。

ここで、メンバーからの最後の挨拶。
アイエム「今回のファンミーティングのタイトルは“Beautiful Days”です。日本のMONBEBEと過ごす時間は、本当に“Beautiful Days”でした。日本のMONBEBEのみなさんと過ごす日が、今後もこのように美しい日々であることを願っています。いつも美しくいてくれてありがとうございます。」
ミニョク「今日は日本語で少しやってみます。今日みたいに公演してて、みなさんの顔を見ると、幸せになります。そして、今日みなさんにもらった力のおかげで、もっとがんばれます。いつも感謝しています。」
ショヌ「今回の4回のファンミーティングを通じて日本のファンのみなさんの気持ちが本当によく伝わりました。いつの間にか最後まで来ましたが、本当に最後の最後まで一緒に楽しんで笑ってくれてありがとうございました。(日本語で)日本で公演して楽しかったです。ありがとうございました。」
キヒョン「今日こうやって東京でファンミーティングをして、言葉で表せないほど幸せです。僕の兄が日本に住んでいるんですが、(会場驚き)、知らなかったですか?千葉に住んでいます。兄が、MONBEBEのみなさんがこんなに可愛くて、僕たちと楽しく一緒に遊んでいる姿を見たら良かったんですが、なかなかそのことを信じてくれないんです。今回、兄に会ったら、東京で本当にたくさんのMONBEBEのみなさんが、僕をそしてMONSTA Xを本当に愛してくれてるんだよ、ということを改めて伝えたいと思っています。この先もっと大規模な楽しいファンミーティングとコンサートで戻って来ます。約束!」
ウォノ「(日本語で)本当にありがとうございました。また東京に来る日までみんな元気でね。そして、
本当にたくさんみなさんを、(韓国語で)僕は本当に愛しています。たぶんこの7人の中で僕が一番たくさんみなさんを愛しています。本当にみなさんと楽しい時間を過ごすことができました。これからもっともっとこういう機会が持てるといいなと思います。(日本語で)元気でね~」
ジュホン「みなさんのおかげで、こうして舞台に立って歌を歌えているじゃないですか。必ずみなさんのためにずっと歌い、ラップをします。MONBEBE にとってMONSTA Xがとても誇らしく、MONSTA XにとってMONBEBEがとても誇らしくあってほしいと思います。ファンミーティングを準備してくださった、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。そして、一番大切なMONBEBE、愛してるよ~」
ヒョンウォン「名古屋、大阪、東京とファンミーティングを無事に終えることができました。名古屋、大阪、東京のみなさん、ファンミーティングに来ていただいてありがとうございました、と伝えたいです。
いつも、(目を潤ませながら)僕の味方でいてくれてありがとうございます。もっと一生懸命がんばって、良い姿をお見せしたいと思います。(日本語で)今日来てくれてありがとうございます。」

ここでアイエムの提案で、客席をバックに写真撮影。
1枚目はファンの応援ボードは胸元に、2枚目は応援ボードを高く掲げて撮影したのだが、2枚目で掲げられた応援ボードの数たるや、ほぼ全員が持っていたのではないかというくらいのもので、MONBEBEの愛にあふれた写真となったことだろう。
そして、アイエムが「僕たちと一緒に最後のページをめくりましょう。」と言ってアンコール最後の曲『5:14』がスタート。MONBEBEも一緒に歌い、最後はメンバー7人が手をつないで、ステージ、左、右、中央の3ヶ所で深々とお辞儀をすると、ステージ2階に上がり、再び全員で手をつないで「以上、MONSTA Xでした!」と礼をして、ずっと手を振りながら、ステージを後にした。

(完)←前頁
セットリスト→こちら

■日本セカンドシングル「Beautiful」8月23日発売
1.Beautiful (Japanese ver.)
2.Ready or Not (Japanese ver.) *CD収録曲 3形態共通
【初回限定盤A】(CD+DVD)UMCE-9005/¥2,100(tax in) 
《DVD収録内容》
 ・Beautiful (Japanese ver.) Music Video
 ・Beautiful (Japanese ver.) Music Video メイキング映像
【初回限定盤B】(アナログサイズジャケット)UMCE-9006/¥1,900(tax in) 
【通常盤】UMCE-5002/¥1,200 (tax in) 
初回プレス分のみトレーディングカード全8種ランダム封入(メンバーソロ各7種・集合1種)

■MONSTA X, The First World Tour ‘Beautiful’
6月17日(土)SEOUL:OLYMPIC HALL
6月18日(日)SEOUL:OLYMPIC HALL
7月08日(土)HONGKONG:ASIAWORLD-EXPO HALL
7月12日(水)CHICAGO:ROSEMONT THEATER
7月14日(金)NEWYORK:PLAYSTATION THEATER
7月16日(日)ATLANTA:COBB ENERGY PERFORMING ARTS CENTER
7月19日(水)DALLAS:VERIZON THEATER
7月21日(金)SAN FRANCISCO:WARFIELD THEATER
7月23日(日)LOS ANGELES:THE NOVO LA LIVE
7月24日(月)LOS ANGELES:THE NOVO LA LIVE(*追加公演)
7月29日(土)BANGKOK:THUNDER DOME MUANG THONG THANI
8月09日(水)PARIS:L’OLYMPIA
8月11日(金)BERLIN:TEMPODROM
8月13日(日)MOSCOW:STADIUM LIVE CLUB
9月02日(土)JAKARTA:THE KASABLANKA HALL
9月12日(火)BUENOS AIRES:LUNA PARK
9月14日(木)SANTIAGO:MOVISTAR ARENA
9月17日(日)MEXICO CITY:AUDITORIO BLACKBERRY
※11ヶ国16都市18公演

□MONSTA X OFFICIAL SITE:https://monstax-official.com/
□UNIVERSAL MUSIC LLC./MONSTA X:http://www.universal-music.co.jp/monstax/
□MONSTA X OFFICIAL JP Twitter:https://twitter.com/Official_MX_jp
□Mercury Tokyo OFFICIAL Twitter:https://twitter.com/MercuryTokyo_UM
□LINE Official Account:http://line.naver.jp/ti/p/%40monstax_jp

Beautiful(初回限定盤A)(DVD付)

Beautiful(初回限定盤B)

Beautiful(通常盤)

人気記事 おすすめ記事