韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2016年10月5日20時04分 水曜日 【レポ】「OH MY GIRL×タワーレコード渋谷店」スペシャル企画”K-POP LOVERS!”SHOWCASE Vol.4~OH MY GIRL SPECIAL~@原宿クエストホール(1/2)

20160925_ohmygirl_dsc_0174

B1A4の妹グループとして2015年4月に韓国デビューしたOH MY GIRLのイベント『”K-POP LOVERS!” SHOWCASE Vol.4~OH MY GIRL SPECIAL~が』25日、原宿クエストホールで開催された。

【レポ】「OH MY GIRL×タワーレコード渋谷店」スペシャル企画”K-POP LOVERS!”SHOWCASE Vol.4~OH MY GIRL SPECIAL~@原宿クエストホール(1/2)

20160925_ohmygirl_dsc_1048OH MY GIRLが登場すると、会場から「かわいい~」の声があちらこちらから聞こえてきた。
会場は、男性ばかりかと思いきや女性もかなりの数。男女ともに愛されるグループなんだんなぁとショーケースを見ながら、改めて実感した。

日本語もかなり勉強しているようで、イベント中は日本語ですべてやり遂げた。
わからない日本語は、ちょっぴり日本語が得意なメンバーが通訳するというすばらしさ。
一生懸命話す日本語の言葉が、自分たちが伝えたい言葉として把握してちゃんと話しているからファンの心に刺さるのであろう。
そして、一番お姉さんのリーダーヒョジョンでも1994年生まれで、マンネ(一番末っ子)が1999年生まれという若いグループ。自然に醸し出されるかわいさもこのグループの特徴といえよう。

オープニング曲は、韓国デビュー曲の『CUPID』、そして続けて『LIAR LIAR』。オープニングからキュートな魅力を見せて、会場のファンは大盛り上がり。
2曲歌い終え挨拶をしたあと、好きな日本語は?の質問に、
20160925_ohmygirl_dsc_0253ミミ「皆さんに会いたい」
ユア「好きな単語が“好き”」
ビニ「愛」
ヒョジョン「焼きたてのパン」
ジホ「アモーレ」(「日本語じゃない!」という突っ込みに、「今、日本で流行っているじゃないですか?」と返す当たり流石)あとは、「おかわりくださーい」
スンヒ「赤ちゃん」
アリン「ニコニコニ」
とメンバーの個性あふれる回答に、笑ったり感心したりしながら会場は温かい雰囲気に包まれた。

次にメンバーが選ぶランキングコーナーも、いろいろ楽しい回答で会場の雰囲気をさらに盛り上げた。

ジホが選んだユーモア王のランキング1位はスンヒ。(話も上手いし、一日中楽しいからとのこと。)
逆に最下位はミミ。(ユーモアのないのが魅力とのこと。)
ビニが選ぶ暗記王は、1位ビニ(自分) 2位ヒョジョン 3位スンヒ 最下位アリン。
20160925_ohmygirl_dsc_0404アリンが選ぶ不思議王は、1位ユア。
ユアが選ぶ料理王1位ユア(自分)。(実際は、スンヒとミミという声があがり、ミミの得意なものはブラウニーだそう。)
そのほか、個人技王1位ヒョジョン、柔軟王1位アリン、運動王1位ビニがメンバーより選ばれていた。個人技王のヒョジョンと、運動王ビニには、MCからダンスを踊って、というリクエストにも快く応えて、楽しそうに踊ってくれた。

次のコーナーは、Q&A。ファンのからの質問に答えるコーナー。

Q.何のシャンプーを使ってる?
ミミ「(銘柄を応えるのではなく)髪を染めているので、トリートメントを10分くらい長めにする。」

Q.日本でどこに行きたい?
ユア「富士急とディズニーランド」

Q.好きな日本の歌手と歌?
ビニ「一青窈『ハナミズキ』」拍手がおこり、ビニがアカペラで歌ってくれるというサービス。
ヒョジョンも日本の歌が上手いとふられて『時をかける少女』を歌ってくれた。

20160925_ohmygirl_dsc_0251Q.自信のあるものまねは?
スンヒが「ドラえもん」と言うと、ファンから催促されて披露すると会場からは「???」という反応にMCが韓国と日本の声優さんが違うと言う説明にみんな納得(笑)。

Q.おすすめの韓国料理
ジホ「サムギョプサル。韓国に来たら是非食べてください。」

Q.日本のファンのイメージは?
スンヒ「バニラアイスクリーム」(好きだから、気持ちが良くなるので)

Q.ドンキホーテで何を買ったか?
アリン「蒟蒻ゼリーと抹茶」

ドンキも楽しいけど、さらに日本のコンビニが素晴らしいという話に花が咲き、このコーナーを終え、歌を披露。

「少女の内面を表現した皆さんが大好きな曲だと思います。『CLOSER』です。」と紹介すると会場から歓声が上がって、イベントモードからライブモードに切り替わった。続いてB1A4ジニョンが手掛けた『One Step, Two Steps(한 발짝 두 발짝)』を披露。

(つづく)→次頁

    

人気記事 おすすめ記事