韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年7月31日03時32分 火曜日 【レポ】“ONEUS+ONEWE” Premium Event「僕たちデビューします!in Japan」記者会見~「僕たちONEWEとONEUSのデビューを応援してください!」(1/2)

実力派事務所RBWからデビューするボーイズグループということでデビュー前から話題沸騰となっているDanceグループ「ONEUS」とBandグループ「ONEWE」
“ONEUS+ONEWE”はRAVN(レイブン)、ソホ、イド、コンヒ、ファンウン、シオンの6人からなるDanceグループ「ONEUS」と、ヨンフン、カンヒョン、ハリン、ドンミョン、キアの5人からなるBandグループ「ONEWE」の総勢11名で構成されており、この度日本活動を開始。7月22日(日)、東京・渋谷のさくらホールにて、初披露となるPremium Event「僕たちデビューします!in Japan」を行った。
1部と2部公演の合間にはマスコミ向けの記者会見も行われ、初々しい11人が登場。

【レポ】“ONEUS+ONEWE” Premium Event「僕たちデビューします!in Japan」記者会見 at さくらホール(1/2)

まずは「こんにちは、僕たちはONEUSです!」「こんにちは、僕たちはONEWEです!」と元気良くグループごとに挨拶。自己紹介に続き、質疑応答が行われた。

―自己紹介
コンヒ:みなさんこんにちは、僕はONEUSの中で食べる口、話す口、歌う口を担当しているコンヒです。どうぞよろしくお願いします。
イド:初めまして。僕はONEUSの中でかっこいい声でラップをやっているイドです。よろしくお願いします。
RAVN(レイブン):初めまして。僕はONEUSのレイブンと申します。メンバーの中で魅力的なやばいセクシー、1番面白いです。そして、日本が大好きです。日本でも韓国でも成功できるように一生懸命がんばります。どうぞよろしくお願いします。
ソホ:初めまして。僕はONEUSのロマンティックボイス、ボーカルを担当していながら、世界で一番かわいいソホです。どうぞよろしくお願いします。
シオン:こんにちは、僕はONEUSで愛嬌を担当している末っ子シオンです。どうぞよろしくお願いします。
ファンウン:初めまして。僕はONEUSのメインダンサーをやっているファンウンです。どうぞよろしくお願いします。
ドンミョン:初めまして。僕はONEWEの中で、歌いながらピアノを弾いている“ドンミョン体操” ドンミョンです。どうぞよろしくお願いします。
キア:初めまして、僕は末っ子ベーシストラッパー、18歳キアです。どうぞよろしくお願いします。
カンヒョン:初めまして、僕はONEWEの華を担当しているギタリスト、カンヒョンです。今、日本語一生懸命勉強しています。どうぞよろしくお願いします。
ハリン:初めまして。僕はバンドONEWEで濃い眉毛とドラムを担当しているハリンです。それにメンバーたちと日本に来ることができて本当にうれしいです。ありがとうございます。
ヨンフン:初めまして、僕はバンドONEWEのメインボーカルとリーダーの見ても見ても会いたいヨンフンです。今はみなさんの笑顔を見て胸キュンしました。どうぞよろしくお願いします。

―初めて日本に来た今の気持ちは?
ソホ:ONEUS+ONEWEというタイトル、チーム名で初めて日本に来ることになりました。今の気分は、とても緊張しています。たぶんメンバーもみんな同じように緊張しています。でも、この緊張をトキメキに変えてもっと一生懸命がんばりたいと思います。

―ONEUSの紹介
ファンウン:僕たちのチーム名は『You Make Us』の“Us”と、1つという意味の“One”、これが合わさって作られた名前です。『You Make Us』・・・ファンのみなさんが作ってくれた僕たち、という意味で、1人1人の力を合わせて、真の“One”、1つになって行く私たちの力を見せてあげる、そういった意味が込められています。

―ONEWEの紹介
カンヒョン:ONEWEなんですけど、『We Shine On You』の“We” と“One”が合わさって作られたユニット名です。僕たちがみなさんのことを明るく照らす、あるいはこの世の中を照らす、そういった意味が込められています。

―初来日公演を終えた感想は?
イド:僕たち11人が日本に来てこのようにファンミーティングを行うのは初めてのことなんですけれども、正直言ってとても緊張しました。1部の公演が終わった今、とても心残りがあります。
ファンのみなさんが僕たちのことを温かく迎えてくれて、そしてボードを持ちながら応援してくれるそんな姿を見ると、とても幸せでしたし、とても気分がよかったです。
残っている2部の公演も、僕たちが準備してきたものすべてを注ぎ込みたいと思います。

―ダンスや歌が特に得意なメンバーは?
コンヒ:僕からONEUS、ONEWEのメンバーを自慢したいと思います。
まず、バンドのONEWEでは欠かすことができない、ヨンフンさんの歌声です。カッコいい演奏のメンバーたちと合わせて上手に歌うヨンフンさんは、ONEUS+ONEWEの中でも1番歌が上手なメンバーだと思います。
パフォーマンスグループのONEUSの中では、ダンスが本当に上手なファンウンがいます。みんなダンスも上手で歌も一生懸命がんばっていますが、今言ったメンバーはその中でも特にがんばってくれているありがたいメンバ―だと思います。
ヨンフンさんとファンウンが歌と踊りが上手だと言いましたが、他のメンバーもたくさんの魅力を持っていますので、これからも僕たちを見守っていただければと思います。

―日本の歌を歌ってみて、いかがでしたか?
ヨンフン:デビュー前にこのような素敵なチャンスをくださったことに対して本当にありがたいと思っています。今日僕は日本に来て初めて日本の歌を歌ったんですけど、これからはもっと頻繁に日本に来て、日本の歌をたくさん歌いたいと思います。それによって僕たちカッコいいONEUS、ONEWEというグループをもっともっとみなさんに知ってもらいたいと思います。

(つづく)→次頁

人気記事 おすすめ記事