韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年1月19日03時44分 金曜日 【レポ】『パク・ボゴム ジャパンファンクラブ発足記念ファンミーティング<Christmas Eve>』 at 幕張メッセ(2/2)

20171224_ParkBoGum_01

『パク・ボゴム ジャパンファンクラブ発足記念ファンミーティング<Christmas Eve>』 at 幕張メッセ(2/2)

2部のスタートはまるで歌謡ショー。キラキラの衣装で吉幾三の『雪国』をこぶしを回しながらカメラ目線で熱唱。まさかの展開に会場もびっくりしていると、続く曲もD-LITEの宴会企画曲『ナルバキスン (Look at me, Gwisun)』!D-LITEさながらに「みなさんこんにちは、パク・ボゴムです!」と叫び、歌が始まると、歌手顔負けの表現力で会場を圧倒していた。
一転、今度はピアノの弾き語りへ。
「2部はみなさんともう一歩さらに近づいて親しくなれる時間にしたいと思います。」と言うと、「次にどんな作品に参加したらいいか?」など、ファンと語り合う場面も。そして「みなさんが薦めてくださった曲をお届けしたいと思います。」と言って『Rainy Blue』をアカペラも交えた弾き語りで披露し、d.earの『12月24日』まで歌い、この曲の歌詞を引用して、「今日のこの瞬間が心の中にずっと記憶されるような、最高な一場面になればと思います。この素晴らしい大切なこの瞬間を記憶するために」と言ってフォトタイムをプレゼント。ボゴムもファンをバックに写真を撮ると、「この瞬間がみなさんの頭の中にずっとベストシーンとして残るといいな、と思います。」とコメントし、最後の曲『愛しい人』へ。会場一体となって合唱し、大きな拍手が巻き起こった。

アンコールは、前回ファンが作ってくれた映像から流れてきた思い出の曲、VIXXの『Love Letter』。
そして、ダブルアンコールでは『雲が描いた月明り』OSTからサンドゥル(B1A4)の『素直になれなくて』を歌いながらソリに乗って会場を一周。
ステージに戻ると、ファンが今日のために作った映像が始まり、立ったまま一心に見つめるボゴム。
そして「今日僕と一緒に過ごして下さった全ての方に心から感謝します。大切な時間を割いて来て下さった分だけ、みなさんにとって大切な時間になったならうれしいです。またいつお会いできるかわかりませんが、必ず前よりも成長した姿でみなさんに会いに来ます。2018年はさらに成長したカッコいい姿をお見せすることを約束します。今の人生を生きていることに常に感謝する、そんな日々を送れることを祈っています。祝福します。」とボゴムらしい挨拶で締めくくり、ステージを後にした。

(完)←前頁

20171224_ParkBoGum_03

□パク・ボゴム ジャパンオフィシャルファンクラブ:https://bogum.jp/

人気記事 おすすめ記事