韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年2月6日13時26分 水曜日 アン・ジェウク、クモ膜下出血でアメリカで緊急手術、現在状態は良好

アン·ジェウクが、米国ではくも膜下出血で手術を受けた事実が知られた。

6日アン·ジェウクの所属事務所ジェイケーブルエンターテイメントは 「アン·ジェウクがくも膜下出血(subarachnoid hemorrhage berry aneurysm)にアメリカで緊急手術を受けて回復中だ」と伝えた。

ジェイケーブルエンターテイメントは、 「アン·ジェウクは去る1日休息をとるために所属会社代表の自宅がある米ラスベガスに発った。3日の夕食の席でアン·ジェウクが消化不良で嘔吐をした後、突然の激しい頭痛が感じられ、すぐに救急車を呼んで病院に行った。CTやMRIを撮った結果、大きな病院に行かなければならないという話を聞いて、病院を移した後、くも膜下出血と診断を受けた」と説明した。

アン·ジェウクは、現地時間で4日午前8時から午後1時まで5時間の大手術を無事に終えた。ジェイケーブルエンターテイメントは、 「現在の集中治療室で回復中であり、アン·ジェウクの状態はいい。手術経過が良く意思疎通や動きには全く問題がない。大きな手術を受けただけ3〜4週間ほど経過を見守らなければならない、絶対安静を取らなければならないという病院側の要請があった」と明らかにした。

アン·ジェウクは、ニュースを聞いて驚いたファンに “心配しないで”という言葉と一緒に “元気な姿でまた会う日を待ってほしい”と所属事務所を通じて伝えた。

アン·ジェウクは、ミュージカル “皇太子ルドルフ”の地方公演を控えており、アン·ジェウクの手術で地方公演出演日程は変更される見込みだ。(TVレポート)

くも膜下出血で、手術と聞いてびっくりしました。経過が良く意思疎通や動きには全く問題がないとのことで、ホッとしましたね。
ゆっくり静養して、元気にもどってきてほしいですね。

人気記事 おすすめ記事