韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2011年6月30日18時05分 木曜日 あれから1年…追悼!ヨンハさん一周忌

600.jpg

今日は、パクヨンハさんの一周忌です。本当に月日がたつのは、早いです。
亡くなったということを聞いたのを昨日のことのように覚えています。
俳優のジソプさんが号泣して憔悴しきっている様子や、リュシウォンさんの涙…、そしてたくさんのファンの涙…。
ジソプさんとは、まだ売れてない頃、安いアパートで半分ずつ家賃を払って、一緒に暮らしていたことがあると聞きました。
そんな頃から苦楽を共にしたジソプさんさんは、信じられない現実に
「どうしてこんな事があり得るのか…」

と人目をはばからず号泣していました。
ヨンハさんを偲んでたくさんの人が、弔問にいらしてました。
こんなに、たくさんの友人がいたのに、なぜ…?

一年前と同じように、雨がシトシト降っていて、皆さんの涙で雨を降らせているのでしょうか…。
韓国は、雨のようです。

当初は遺族の方だけで慎ましく一周忌法要が行われる予定だったそうですが、ファンの熱い要望により、日本から1500人位の方がいかれたそうです。
日本のヨンハファンは、きっと冬のソナタでパクヨンハさんを知り、さらに演技だけでなく歌の上手さにも惹きつけられ、そして人として彼の素直な優しい人柄を好きになりファンになられた人が多いのだと思います。
今も思い続けている方がたくさんいて…。
日本をたくさん愛してくれた人なので、その思いが今もなお、続いているんですね。

亡くなった時、日本の地上波のテレビで追悼番組を放送しているのを見て、ヨンハさんの日本での活躍と功績は、すごかったんだなぁと改めて思いました。
その番組内でイベントに来られなかった難病の女性に会いに行ったヨンハさんのエピソードを見て、一日一日生きることをがんばっている彼女に、あれほどの生きる希望を与えたのに…、生きていく力を与えたのに…、自分で生きる力が無くなってしまったのでしょうか、それが今でも残念です。
その彼女が、ヨンハさんの分まで生きていこうと辛くても、生きようとしている人の力をもう一度見て欲しかったなぁと、思いました。
ヨンハさんから、ボランティアをして、生きる力をもらった人がたくさんいると思います。
人にたくさんの力を与えたのに、本当に残念です。

亡くなる前日に、ジェジュンは、アメリカにいて電話で話したばかりだったのでかなりショックだったと報じられました。「レコーディングを終えて帰国したら焼酎を一杯飲もうと電話で話したのに…。あまりにもショックだった」と。

ヨンハさんとは、同じマンションに住んでいたこともあり、日本活動のことなども助言を求めたりしていて、ヨンハさんジェジュンを弟のように可愛がっていたようです。

最近の記事で読んだのは、ジェジュンは、ヨンハさんのお母さんにも気遣いをみせて、「お母さん、ちゃんと食事をとってくださいね」
「何か食べたいものはないですか?」

とメールで送ったりして、お母さんが「あとで考えておくわ」と言ったら、すぐ電話かけてきて、「かに料理はどうですか?」って言って、とっても素敵なレストランに招いてごちそうしたようですね。
本当に優しい、ジェジュンらしいエピソードです。

ジェジュンが作詞作曲した「In Heaven」は、アメリカにいたとき亡くなった友人のために書いたといわれている曲です。
ヨンハさんへの思いが強かったのでしょうね。
この曲は、コンサートの最後に、魂をこめて3人で歌っています。

ヨンハさんの眠っている 唐盆(ブンダン)メモリアルパークは、とっても景色の良さそうな静かな場所のようで、”FOREAST HEAVEN(天国の森)“と記されています。

今まで忙しかった分、ゆったりとした時間を過ごしていますか、ヨンハさん?
そして、この「In Heaven」の歌声が、届いてますか、ヨンハさん?

「サランヘ ノル サランヘ…」



『冬のソナタ』 奇跡が生まれた100日間の全記録 特別編 サンヒョクの物語 [DVD]


YongHa もっと大好き。


パク・ヨンハ 一周忌追悼メモリアル 「光の中へ」

人気記事 おすすめ記事