韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2015年4月21日15時11分 火曜日 【レポ】新世代実力派イケメンバンドROYAL PIRATES、新イベント「Next Breakers Meeting in Tokyo」に登場!(1/2)

20150418_ROYALPIRATES_1141
ROYAL PIRATESは、デビューアルバムがアメリカビルボードで初登場8位を獲得するなど、実力・外見・カリスマ性を備えた新世代実力派イケメンバンド。メンバーはMOON(ギターボーカル)、JAMES(ベース)、SOOYOON(ドラム)の3人で、昨年10月には、イ・ミンホのグローバルツアー「RE:MINHO」にゲストとして登場し、イ・ミンホとの共演も果たすなど、今後の活躍が期待されている。
そんな彼らを見ようと、4/18に行われた「Next Breakers Meeting in Tokyo」には、昼夜共にたくさんのファンが詰めかけ、原宿・アストロホールは満員のお客さんで埋め尽くされた。
今回は夜公演の様子をレポでお届けします!

【レポ】新世代実力派イケメンバンドROYAL PIRATES、新イベント「Next Breakers Meeting in Tokyo」に登場!(1/2)

VTRが流され、スクリーンが上がると、3人が登場!
MOONの「Make some noise!」で演奏がスタートすると、1曲目の『Shout Out』から会場は大騒ぎ。
掛け声で一体となり、続く『서울 촌놈(ソウル チョンノム)』では手拍子の応援。

ここでMOONから流暢な日本語で「ロイヤルパイレーツです!」と挨拶があり、「夜も楽しみましょうか?」の呼びかけに会場が大きな歓声で応えると、続いては『コイニオチテ』を日本語バージョンで歌い、全員がソロパートを披露して盛り上げた。
『Drawing the Line』まで演奏を終えると、メロイックサインで応援するファンに対してJAMESが「ロックスピリットがいっぱいですね(笑)。すごいですね。」と驚く場面も。
これにMOONは「楽しんでいる人が勝ちですね。だから僕たちみんな楽しまなくちゃだめ。」と言って新曲の『가지마(カジマ)』へ。この曲はドラムのSOOYOON がリードボーカルを取り、切なく歌い上げた。

20150418_ROYALPIRATES_2372続いてはMOONが「スペシャルゲストですよ。」と紹介し、SOOYOONが前に出てきたかと思うと、MOONとパートをチェンジ。
「近くでみんなを見たら本当にうれしいです。」と言うSOOYOONに、MOONも「遠くで見たらうれしいです。」と言って笑いを誘った。
SOOYOONが「今から『ごめんね』って曲を歌うんですけど、完璧な人間はいないから、完璧じゃなくてごめんねっていう曲です。」と言うと、MOONとJAMESから、「SOOYOON完璧だよ。ごめんねなんて言うなよ~。」と言葉がかけられ、ちょっと照れながら「ありがとう。」とSOOYOON。
そしてJAMESも昼公演の時泣きそうになったという『미안해(ミアンヘ)』へ。
ギターを弾きながら歌うSOOYOONもさることながら、MOONもなかなかのドラムの腕前を見せ、会場からも拍手が。

再び定位置に戻ってきたMOONは「今日はみなさんのためにイエローを着たんですけどどうですか?スタッフさんがホストに見えると言ったので、心が痛くなりました。そんなことないです(笑)。」とおもしろエピソードを披露すると、JAMESが自作の次の曲『Honestly』を紹介。
「日本語で正直という曲なんですけど、ここから全部去りたいっていう気持ちを表しています。」というJAMESに、MOONが「今そうです(笑)。」とツッコミ。これを否定したJAMESは「正直、僕がみなさんに会えて、ハッピーです!」と言って、『Honestly』へ。JAMESが歌声を披露した。続く曲もJAMESの曲で、以前メタルバンドで活躍していたというJAMESらしい、メタルスピリッツが感じられる曲となっていた。

20150418_ROYALPIRATES_1299再びボーカルがMOONに戻り、『Super Natural』を演奏すると、ここでゲストのBrian Parkが登場。
Brianは昨年、Mnet『スーパースターK 6』に出演し、TOP9まで残った実力派。
まずはピアノの弾き語りでSealのカバー曲『Kiss from a Rose』を披露した。途中からは、アンジェラ・アキの日本語バージョンで歌い出すと、会場からも歓声が起こった。
「初めまして、私はBrian Parkと申します。」と日本語で丁寧に挨拶し笑顔を見せると、さらに2曲を熱唱。その歌声に「ブバ」コールも起こり、会場を魅了した。

再び衣装をチェンジしたROYAL PIRATESの3人がステージに戻り、MOONが「みんなお待たせ。かっこいいじゃないですか、ブバ。」と後輩にエールを送ると、「次は僕たちとまた楽しみましょうか?」と言って、『Going through Hell』がスタート。
曲が終わると、MOONの「この曲は僕が(アメリカから)韓国に来たばかりの時に書いた曲ですから、僕には思い出の曲、あ、ごめんなさい。『Going through Hell』はアメリカで作った曲(笑)。次の曲、『사랑하지 않는 척(サランハジ アンヌン チョク)』が韓国に来たばかりの時に書いた曲ですから僕には思い出の曲です。」という発言に会場もメンバーも大爆笑。
(つづく)→次頁

【関連記事】
【レポ】イ・ミンホ グローバルツアー「RE:MINHO」 at 東京国際フォーラム(10月13日)(1/2)
【レポ&セットリスト】イ・ミンホ グローバルツアー「RE:MINHO」 at 東京国際フォーラム(10月13日)(2/2)

人気記事 おすすめ記事