韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2015年11月12日12時35分 木曜日 【レポ】SE7EN(セブン)『2015 SE7EN FAN MEETING 1109』at TOKYO DOME CITY HALL(2/2)

20151109_SE7EN_DSC09804

【レポ】SE7EN(セブン)『2015 SE7EN FAN MEETING 1109』at TOKYO DOME CITY HALL(2/2)

20151109_SE7EN_FM_0179そしてここから怒涛のプレゼントコーナーがスタート。
まずツアーグッズのクッション、トートバッグ、靴下などがプレゼントされることになったのだが、SE7ENから「これいらないってものあった?」というストレートな質問がファンに投げかけられた。
ロゴなどデザインもSE7EN自身が手掛けたというツアーグッズだけにこれからの参考にしたいという研究熱心なSE7EN。「もったいなくてはけない!」という理由から靴下という声が上がると、「クリスマスの飾りにして。」というSE7ENの提案に会場も納得していた。
グッズにはその場でサインが入れられ、抽選で選ばれたファンの名前を日本語で書いてくれるといううれしいサービスで盛り上がる会場。当選者も一か所に固まらないように、2階席のファンを指名してくれたりと、やさしい気遣いをするSE7EN。グッズは5人分しかなかったのだが、さっき鼻に付いていたケーキのクリームを拭いたタオルが出てきたり、ステージセットの“SE7EN”と書いてあるパネルをその場ではがしたり、“SE7EN”のロゴが入ったフラッグをスタッフが裏から持ってきたりと、プレゼントがどんどん増えていき、極めつけは、最初にMCが登場したあの棺!
SE7ENとともにツアーを回ってきた棺だけに、ファンからも驚きと喜びの悲鳴が漏れる。
かなり大きいものなので、持ち帰り方法や置き場所を心配する声が上がる中、「送料は僕が出します!」というSE7ENに会場からは「SE7EN」コールが起こり、スタッフからの提案で本当にほしい人だけ参加してSE7ENとのじゃんけん勝負で勝った人がもらえるという抽選方法に。
勝者はサインと名前もしっかり入れてもらい、ここでプレゼントコーナーが終了。

20151109_SE7EN_FM_097010周年のツアーについて、「またステージの上で歌えてすごく幸せです。今日こんなに幸せだから、(言葉では)言えないくらいみなさんに感謝しています。」とここでもファンへの感謝の気持ちを伝えると、客席をバックに記念撮影。
「ツアーでは歌えなかったから歌いたかった曲です。」と言って『君だけに』で気持ちの込もった歌声を披露すると、続けて『雪の華』へ。せつなくも伸びやかな歌声で会場を圧倒し、最後の挨拶へ。
「これからもみなさんとずっと行くようにいつも元気で頑張っていきますので、みなさんも一緒にずっと行きましょう。初めての(ファンと過ごす)僕の誕生日でこんなに素敵なステージをみなさんと一緒に作ることができて幸せです。」と感謝の気持ちを伝えると、「やっぱりこの曲はみなさんと一緒に歌えないと寂しいから、一緒に歌ってくれませんか?」と言って、アカペラで歌い出すSE7EN。これに応えたファンも大合唱で『HIKARI』がスタート。ペンライトを振りながら会場一体となっていた。
さらにもう1曲、アカペラでSE7ENが歌い始めると、ファンも大合唱になる中、「歌いません、誰か1人?」とファンの1人へマイクを向けて最初の一節歌ってもらい、『スタートライン』がスタート。
会場もこぶしを振り上げて歌い、さらにはコール&レスポンスで一体となり、途中、「毎回言っても足りないかもしれないけど、みなさん、本当に本当に本当にありがとうございます。愛してます。」とSE7ENが熱い気持ちを伝えて再び歌い出し、最高の盛り上がりでイベントが終了。
最後はダンサーと手を繋いで一列に並び、挨拶。「また会いましょう!」と言ってステージを後にした。
終演後にはハイタッチ会も行われ、ファンとの別れを惜しんだ。
(完)←前頁

人気記事 おすすめ記事