韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年8月13日14時51分 火曜日 SE7EN、イトゥク、イ・ジュニョクら芸能兵士12人、野戦部隊に再配置、小銃兵へ

国防部側が問題になった芸能兵士に約束どおり最前方配置を終えた。
国防部側は4日、国防広報支援隊廃止に基づいて陸軍に復帰した芸能兵士12人を野戦部隊に配置し始めたと明らかにした。
キム・ムヨルとSUPER JUNIOR のイトゥク(パク・ジョンス)は、江原道ミンチェ12師団、イ・ヒョクギは江原道揚口21師団、キム・ミンスは27師団、キム・ホヨンは江原道揚口2師団、イ・ソクフンは、江原道華川7師団、リュ・サンウクは江原道鉄原6師団、イ・ジフンは、京畿道漣川5師団、チェ・ジェファンは、京畿道加平の猛虎師団に再配置された。
部隊憲兵隊から出てきたSE7EN(チェ・ドンウク)は、京畿道抱川8師団に、サンチュ(イ・サンチョル)は、江原道華川第15師団へと向かう。
イ・ジュニョクは、江原道3師団に行き、これら懲戒期間が終わる9日掲示される。芸能兵士出身は彼らはすべて小銃兵として勤務する。
陸軍は先月国防広報支援隊の廃止を決定した後、芸能兵士12人を野戦部隊に再配置すると明らかにした。
関係者によると、芸能兵士も小銃兵として分類される。
これらの具体的な所属部隊の任務は、各部門で決定すること。その兵士が懲戒期間中は難しいし、反省をたくさんし、新しい部隊で誠実に服務する」と伝えた。
陸軍は、1日の挨拶司令部の監察官·憲兵将校が入会した中で、これらの配置の部隊を公開した。(中央日報)
芸能兵、広報支援隊の廃止後、再配置が決まり、各師団の小銃兵として勤務するようです。そして、師団にわけられたあと、具体的な所属部隊の任務は、各部門で決定するとのこと。

人気記事 おすすめ記事