韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2016年6月22日20時43分 水曜日 【レポ】旬な俳優ソ・ガンジュン(5urprise)、魅力あふれる東京単独ファンミーティング(1/2)

20160611_seokangjun_press_1

ソ・ガンジュンが来日し、6月11日豊洲PITで単独ファンミーティング「Welcome to My PLACE Seo Kang Jun inTOKYO」を開催した。

ドラマ『チーズ・イン・ザ・トラップ(原題)』『家族なのにどうして~ボクらの恋日記~』などに出演、多様な演技を披露し注目され、今とても旬な俳優。日本公式ファンクラブもオープンし、ファンミーティング東京公演を行った。

若手で注目度抜群な理由がわかる魅力満載なファンミとなった。

【レポ】旬な俳優ソ・ガンジュン(5urprise)、魅力あふれる東京単独ファンミーティング(1/2)

無言で静かに登場してピアノの前に座り、ピアノの音を会場に響かせた。
『チーズ・イン・ザ・トラップ(原題)』のワンシーンを思い出すような光景に、出てきた瞬間大歓声だった会場も、ソ・ガンジュン奏でるイルマの『River Flows In You』のピアノの優しい音色に耳を傾け、引き込まれていった。
一瞬にして、ソ・ガンジュンの世界に会場中が染まった。
ピアノを弾き終わると、割れんばかりの拍手と歓声。

爽やかな笑顔で挨拶。
前日来日して、何を食べたかの質問に、お昼はお弁当を食べてインタビューなどのお仕事をこなし、夕食は和牛を食べて、いままで食べた中で一番美味しかったとのこと。

『チーズ・イン・ザ・トラップ(原題)』の秘話として、このドラマは、放送に入る前に撮影が終わっていて、放送がはじまった時は、皆さんと同じで楽しみながら家で自分でも見ていたとのこと。(韓国では、放送ギリギリの撮影が多いので、かなりめずらしいのでは。)

『チーズ・イン・ザ・トラップ(原題)』の役柄インホは、ワイルドで心温かいツンデレなかんじと紹介。
司会が、ステージもチーズっぽい感じにしてあると話すと、ソ・ガンジュン本人も気づかず、改めてステージを見るシーンも(笑)。

いくつか印象的なシーンの映像が会場で紹介され、インホとソルの電車で家に帰るシーンでの撮影中の秘話として、実際の電車だけど終電の終着駅で撮影して、自分で電車が動いているように揺れている感じで撮影したそう。

その電車のシーンは、ソルからオッパと呼ばれて嬉しそうにしているシーン。その再現で、会場のファンみんなで「オッパ」と声をかけることに。「オッパー」と声がかかると、ガンジュンも「ウェー(なに?)」と応えてくれていた。

2番目の映像は、店のテレビに映しだされるピアノを演奏するシーンを、雨降る中、外で画面をじっと見つめ、ピアニストの夢を思い出し涙するシーン。
この撮影秘話として、雨を降らしている中で、テレビが上にあった為、雨が目にはいって、うまくいかずに何度も監督にお願いして撮りなおしたそう。
その後、会話の中で雨だからお酒をおごれというシーンで、韓国では、雨の日は焼酎とネギチジミを食べる文化があるので会話に自然に出てくるというちょっとしたお国柄のシーンだったという話も。

泣くシーンについては、俳優を始めた頃は難しかったけれど、最近はその時のシーンで自分なりの感じたままの表現でいいと思うようになり、プレッシャーでなくなったそう。

3番目の映像は、ピアノの連弾でひさしぶりに弾いていなかったピアノを再開するシーン。
ここで、このシーンで弾いた『チョップスティックス』を会場のファンと連弾することに。
会場から楽譜もなく弾ける人が選ばれガンジュンと連弾。優しそうに隣のファンをエスコートするように弾く姿も、選ばれなかったファンも自分に置き換えて、心で一緒に弾いていたに違いない(笑)。弾いているときの優しいまなざしがとても印象的だった。
あのシーンは、ソルがピアノは指一本でしか弾けないというので、それに合わせて生まれたシーンだそう。
(つづく)→次頁

■ファンクラブ情報
ソ・ガンジュン ジャパンオフィシャルファンクラブ www.seokangjun.jp
5urprise ジャパンオフィシャルファンクラブ www.the5urprise.jp 
5urprise公式モバイルサイト http://sp.5urprise.jp/

■ソ・ガンジュン所属・俳優グループ5urprise 
★2nd Single『SHAKE IT UP』2016年8月10日(水)発売
★来日公演開催決定!『5urprise 2nd LIVE ~SHAKE IT UP~』2016年8月12日(金)豊洲PIT<19:00開演>

人気記事 おすすめ記事