韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2014年3月25日00時11分 火曜日 【レポ】「新大久保ドラマ&映画祭2014」開幕式 キム・シフ、イム・ジギュ登壇(1/2)

20140321_hanmadan_013月21日(金)、韓国文化院ハンマダンホールにて、「新大久保ドラマ&映画祭」開幕式が開催され、広報大使のキム・シフ、公式サポーターのBIGSTAR、G.I.、さらにオープニング作品『愛のバトン』主演のイム・ジギュ、MIKが登壇した。

キム・シフは2005年に映画『親切なクムジャさん』で注目を集め、最近では韓国ドラマ『ラブレイン』や主演映画『少女』などに出演し話題となっている若手実力派俳優。

BIGSTARは、フィルドッグ、バラム、レファン、ソンハク、ジュドの5人組男性ヒップホップアイドルグループ。BIGBANGや4Minuteをはじめ多くのアーティストに楽曲を提供していることで有名な「勇敢な兄弟」が手掛けるグループで、韓国ではドラマやバラエティ番組でも活躍している。

G.I.(Global Icon)はハヨン、ワンキャット、ウンジ、アイ、アラムの5人組女性ヒップホップグループ。2013年にヨーロッパで新人賞を受賞した経歴を持ち、ボーイッシュな出で立ちで既存のアイドルとは一線を画す、今後の活躍が期待されるグループだ。

イム・ジギュは韓国ドラマ『最高の愛』でトッコ・ジンのマネージャー、キム・ジェソク役でお馴染みとなった俳優。『過速スキャンダル』など、映画作品にも多く出演している。
20140321_hanmadan_03
MIKはシン、ジェイ、セロ、サクの4人組男性K-POPグループ。グループ名は“Move In Key”の略で「MIKだけの音楽〔Key-音階、長調、短調〕で、人々の心を動かす〔Move-動かす、感動させる〕」という意味。
20140321_hanmadan_04開幕式はBIGSTARの『핫보이(HOTBOY)』でスタート。元気いっぱいのステージに会場からは歓声が上がると、続くG.I.は『BEATLES(비틀즈)』で大人の雰囲気のステージを見せる。

続いては今回上映される作品の紹介。手作りの映画祭ということで一般公募のプレゼンターによって各作品が紹介された。

代表委員長イ・スンミン氏より開幕宣言があると、駐日本国大韓民国 特命全権大使イ・ビョンギ氏のメッセージ、新宿区長 中山弘子氏の挨拶に続き、広報大使のキム・シフが登場。
20140321_hanmadan_02「日韓交流のシンボルである新大久保でこの映画祭が開催されたことを嬉しく思っております。今回この映画祭でいろいろなドラマや映画が上映されると思いますが、楽しんで見ていただき、また韓国に対しての愛情と関心をお願いいたします。この映画祭にたくさんの方にお越しいただき、韓国の文化に触れる機会になればいいと思います。」との言葉を述べた。

そしてオープニング作品『愛のバトン』の紹介に続き、主演のイム・ジギュが登場。
「『愛のバトン』は多くの方々のお力によって作られた映画です。こうしていただいた愛を多くの皆様にそして今日の観客の皆様に伝えるための映画でもあります。感動と笑いそして回復がある映画です。題名のように韓流に関心がある皆さんに愛を捧げるような映画になっているのではないかと思います。今回の映画祭と『愛のバトン』という映画が日韓の愛を伝える種となればいいなと思います。」と挨拶した。

「新大久保ドラマ&映画祭」記念展示会に出展した作家4名と共に今年公開予定の映画『「東京」~ここは、硝子の街~』主演俳優のJKも登場して応援メッセージを述べた。

(つづく)→ 次頁

【関連記事】
【レポ】「新大久保ドラマ&映画祭 2014」広報大使キム・シフ&公式応援サポーター、BIGSTAR、G.I.来日会見(1/2)
【レポ】「新大久保ドラマ&映画祭 2014」広報大使キム・シフ&公式応援サポーター、BIGSTAR、G.I.来日会見(2/2)

人気記事 おすすめ記事